“次世代自販機”が「2011年度 グッドデザイン賞」を受賞!

main image
 株式会社JR東日本ウォータービジネス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田村 修)は、“次世代自販機”において、「2011年度 グッドデザイン賞」を受賞しました。
 “次世代自販機”とは、タッチパネルディスプレイ(デジタルサイネージ)を活用し、飲料の魅力を表現するとともに、直感的な操作性を実現した、新しい自動販売機です。通常の自動販売機の約1.8倍(2011年7月時点)の売上を上げるなど、非常に話題を集めています。
 現在は、品川駅・東京駅・仙台駅などで50台が営業を行っており、今後も、合計500台を、東京近郊のJR東日本エキナカを中心に展開していく予定です。


1.受賞の概要
【 受賞内容 】 2011年度 グッドデザイン賞
【 受賞対象 】 次世代自販機
【領域/分類】 サービスのデザイン
【 受賞企業 】 株式会社JR東日本ウォータービジネス
【デザイナー】 柴田 文江 (Design Studio S 代表)

2.グッドデザイン賞審査委員の評価
自動販売機は日常生活に不可欠な存在になっているものの、近年、アルコール飲料やタバコの販売方法の見直し、省エネ対策、あるいは災害時対応など機能強化が求められているところである。一方、現在の自販機は各々が個別の飲料メーカーの専用販売什器となっていて、ビジネスモデルそのものがサプライサイドの視点で構築されている。これに対し、この自販機は設置場所を提供する側からそのあり方を問い直したもので、ビジネスモデル、販売手法、デザイン、機能など全てにわたり画期的な提案が込められている。今後のエキナカでの飲料ビジネスを生活者視点で大きく変えるものといえる。

3.グッドデザイン賞受賞記念コンテンツ
駅に設置している次世代自販機では、「グッドデザイン賞」受賞を記念して、期間限定のスペシャルコンテンツを展開します。
今だけのコンテンツを、ぜひお楽しみください。

4.“次世代自販機”とは?
•お客さまと商品と日常を繋ぐコミュニケーションを、技術とデザインにより実現した新しい自動販売機。
•人々が毎日利用する「駅」という機能的な空間の中で、ちょっぴりFUNでSPECIALな体験をご提供し、お客さまとの接点を豊かにすることを目的としています。
•通常の自動販売機の約1.8倍(2011年7月時点)の売上を上げるなど、非常に話題を集めています。
•時間帯・気温に応じて、ディスプレイのコンテンツが変化。お客さまの性別・年代等に合わせて、飲料をおすすめ。
•タッチパネルディスプレイ(デジタルサイネージ)を活用し、飲料の魅力を表現するとともに、直感的な操作性を実現。
•WiMAX網で繋がっており、進化することも特長の一つ。

5.デザイナー 柴田 文江 氏
•武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業後、東芝デザインセンターを経て、1994年 Design Studio S 設立。
•エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、ホテルのトータルディレクションまで、インダストリアルデザインを軸に幅広い領域で活動をしている。
•主な作品
「コンビ ベビーレーベルシリーズ」 「無印良品 体にフィットするソファー」
「象印マホービン ZUTTOシリーズ」 「オムロン電子体温計 けんおんくん」
「資生堂かみそり PREPARE」 「9h ナインアワーズ」

6.今後の展開
•現在は、品川駅・東京駅・仙台駅などで、50台が営業中。
•今後も、合計500台を、東京近郊のJR東日本エキナカを中心に展開予定。
•また、次世代自販機に新しい機能(「アミューズメント機能」等)を搭載。キャンペーン対象商品をお買上げのお客さまに、ますますFUNでSPECIALな体験をご提供することを計画中。


●「グッドデザイン賞」とは?
公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。50年以上にわたって、暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けてきました。
受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められます。「Gマーク」は創設以来半世紀以上にわたり、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社JR東日本ウォータービジネス
  4. >
  5. “次世代自販機”が「2011年度 グッドデザイン賞」を受賞!