「クオンプ for iPhone」をバージョンアップ ~Mac用プレゼンソフト「Keynote」の閲覧などファイルビューアー機能を強化~

main image
 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、写真や動画、ドキュメントの保管・共有・活用に便利なオンラインストレージサービス「クオンプ」(http://www.quanp.com) のiPhoneアプリ「クオンプ for iPhone」をバージョンアップし、本日より公開します。本アプリは、iTunes Store内の「App Store」、またはiPhoneの「App Store」から無料でダウンロードすることができます。

 今回バージョンアップした「クオンプ for iPhone」では、ファイルビューアー機能を大幅に強化しました。新たにMac用のワープロソフト(Pages)、プレゼンテーションソフトウェア(Keynote)、表計算ソフト(Numbers)のファイルを同アプリで使えるようになったほか、パスワード付きのPDFやZIPファイル内のデータの閲覧に対応し、主にビジネスシーンでの活用の幅が広がりました。
また他にも、過去に「クオンプ for iPhone」で閲覧したファイルが「最近見たファイル」としてまとめられ、検索性が向上したり、GoodReaderなど他のアプリで閲覧したローカルファイルを「クオンプ for iPhone」に保管できるようになるなど、各種機能を強化しています。

<「クオンプ for iPhone」のバージョンアップ内容>

1.ファイルビューアー機能を強化し、閲覧できるファイルの種類が拡大
・iWork(Apple製オフィススイート)のファイル「Keynote」、「Pages」、「Numbers」に対応しました。Macでドキュメントを作成するようなビジネスパートナーともファイルをやり取りしやすくなります。
・パスワード付きのPDFやZIPファイルを閲覧できるようになりました。

2.過去に閲覧したファイルを「最近見たファイル」として一覧表示
・「クオンプ for iPhone」で過去に閲覧したファイルが「最近見たファイル」として一覧表示されるようになりました。頻繁に見るファイルを都度探す手間が省け、より簡単に見つけられます。

3.他のファイルビューアーアプリで閲覧したファイルの保管が可能
・「GoodReader」や「Dropbox」など他のファイルビューアーアプリで閲覧したローカルファイルを「クオンプ for iPhone」に保管できるようになりました。また、iTunesやSafari経由でダウンロードして保管することもできます。


■「クオンプ」について
クオンプは、2008年5月に株式会社リコーが始めた”スタイリッシュ”なオンラインストレージサービスです。クオンプにはどんなファイルでも保管できます。ただ保管するだけでなく、たとえば移動中にiPhoneや携帯電話で今日のプレゼン資料をチェックしたり、たとえば子供の成長記録をアルバムにして遠くの家族にプレゼントしたり、クオンプを使えばプライベートでも仕事でも情報活用の新しい可能性が広がります。


■「クオンプ」のご利用料金
お客様の用途に合わせてさまざまなコースをご用意しています。

クオンタムコース:
利用料金(消費税込み) 11,100円/年、980円/月、最大利用容量 100GB

スタンダードコース:
利用料金(消費税込み) 300円/月、最大利用容量 10GB

トライアルコース:
利用料金 無料、最大利用容量 1GB

各コースの詳細についてはこちらをご覧ください。
http://www.quanp.com/course/


*iPhoneはApple Inc.の商標です。
*Apple、Mac、iTunes Store、App Store、iWork、Keynote、Pages、Numbers、Safariは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
*Dropboxは、米国Dropbox, Inc.の商標または登録商標です。
*その他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. リコー
  4. >
  5. 「クオンプ for iPhone」をバージョンアップ ~Mac用プレゼンソフト「Keynote」の閲覧などファイルビューアー機能を強化~