Brocade Vyattaコントローラ、ベンダー・ロックインを回避し、“The New IP”に対応したネットワークを実現

俊敏性のあるSDNへの円滑な移行を支援すべく、ユーザおよび開発者向けにSDNコントローラの無償ライセンス版および新サービスを提供

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社は本日、オープンで俊敏なソフトウェア・ディファインド・ネットワーキング(SDN)への移行を一層促進すべく、同社が昨年発表したBrocade® Vyatta® Controller(以下、Brocade Vyattaコントローラ)の1年間無償ライセンス版を提供することを発表しました。

2015年1月27日
《報道資料》
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

Brocade Vyattaコントローラ、ベンダー・ロックインを回避し、“The New IP”に対応したネットワークを実現

~俊敏性のあるSDNへの円滑な移行を支援すべく、ユーザおよび開発者向けにSDNコントローラの無償ライセンス版および新サービスを提供~

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本日の発表の要点 】

●ブロケードは、顧客によるSDNへの移行を一層推進すべく、Brocade Vyattaコントローラの1年間無償ライセンス版の提供を開始したことを発表しました。また、ブロケードは開発者が迅速にSDNアプリケーションを開発・テストし、容易にサービス展開できるようにするテンプレート、ライブラリ、およびテスト環境を含む包括的なツール群であるBrocade Vyatta Controller Developer Editionも発表しました。

●ブロケードは併せて、企業がSDNに可能な限り円滑に移行できるよう以下のサービスの提供を開始しました。
-ブロケード技術サポート
-ブロケード認定教育
-Brocadeプロフェッショナル・サービス
- オンライン・コミュニティ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

【カリフォルニア州サンノゼ、2015年1月20日(米国本社リリース抄訳)】Brocade®(Nasdaq: BRCD、 以下ブロケード)は本日、オープンで俊敏なソフトウェア・ディファインド・ネットワーキング(SDN)への移行を一層促進すべく、同社が昨年発表したBrocade® Vyatta® Controller(以下、Brocade Vyattaコントローラ)の1年間無償ライセンス版を提供することを発表しました。本日より提供開始される無償トライアル版Brocade Vyatta コントローラを利用することで、企業やサービス・プロバイダは高価で導入設定に多くの時間を要するハードウェアを購入したりソフトウェアを統合することなく、SDNをテスト的に使用し、動作を入念に確認することができます。この無償ライセンス版には、非本番環境において最大5つまでの物理あるいは仮想ネットワーク・ノードの管理が行えるほか、世界水準を誇るブロケード・テクニカル・アシスタンス・センター(Brocade Technical Assistance Center)に60日間にわたり世界中のどこからでも24時間無償で利用できるアクセス権が含まれます。

業界が“The New IP”に移行する上で、ビッグデータ、クラウド、モバイル、およびソーシャルメディアの利点を最大限に高めるためのオープンでソフトウェア主導の戦略が必要となります。オープンソースのSDNソリューションは、より多くの技術革新、相互運用性、および選択肢をもたらしつつ、出費のかさむベンダー・ロックイン(特定ベンダーへの過度の依存)を排除します。しかし、新しいネットワーク手法を採用することで、独自の専門知識が求められることが往々にしてあります。調査会社のGigaOm Research社(注1)によると、オープンソースSDNに関心がある大半の企業はコマーシャル・プロバイダより技術を入手し、導入の際のリスクを軽減して、ブロケードのオープンソースSDNに対するアプローチの重要な部分となる信頼できるサポートを確実に受けられるようにしたいと考えています。
(注1)出典:2014年3月19日発表GigaOm Research社報告書「SDN, NFV, and open source:the operators view」

また、ブロケードは革新的なネットワーク・アプリケーションの開発を促進するために、開発者が迅速にSDNアプリケーションを開発・テストし、容易にサービス展開できるように支援するテンプレート、ライブラリ、およびテスト環境を含む包括的なツール群であるBrocade Vyatta Controller Developer Editionも発表しました。Brocade Vyattaコントローラは、独自の拡張機能を排除しているため、開発者は自ら開発したアプリケーションを他のどのOpenDaylight準拠コントローラ上でも稼働させることができます。また、開発者は自ら開発したアプリケーションの知的所有権を完全に確保することができます。

SDNが開発者およびユーザにとって新しい領域であるため、ブロケードは企業がSDNに可能な限り円滑に移行できるよう以下のサービスを提供します。

●ブロケード技術サポート: すべてのBrocade Vyattaコントローラ環境に対する継続的なメンテナンス、導入ガイダンス、および問題解決を行うシングルソース・サポート・チームを提供。開発者が単純な自動化スクリプトを書く場合でも、複雑なサービス・アプリケーションを開発する場合でも、指定された開発の専門家が問題解決を支援。

●ブロケード認定教育:Brocade Vyattaコントローラと相互動作するカスタム・アプリケーションを開発したいと考えるネットワーク・エンジニア向けのインストラクターによる講座など、企業のIT部門がSDNを円滑に導入するのに必要な構想上の基盤および技能を提供。

●Brocadeプロフェッショナル・サービス: SDNの実装および導入を支援するための専門的なコンサルティングを提供。主題専門家は予定通りにアプリケーションを実行できるよう、ユーザおよび開発者と直接協力して、適切な環境を構築。

●オンライン・コミュニティ: 運用者や開発者がオープンソース・ネットワークの多くの側面の実務的な学習を強化することを目的にした、独立したコミュニティ・ベース・ウェブサイト。当コミュニティを通じて、顧客はBrocade Vyattaコントローラのダウンロード、コミュニティ・フォーラム、ドキュメンテーション、およびブロケード・テクニカル・アシスタンスの利用、使用例、チュトリアル、およびコード・サンプルの共有のほか、ネットワーク関連のオープンソース・プロジェクトの最新開発に関する学習が可能。


*ブロケード ソフトウェア・ネットワーキング担当シニア・バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャ ケリー・ヘレル(Kelly Herrell)氏談
「本日の発表は、顧客がBrocade Vyattaコントローラを利用した真のオープンなSDNソリューションを提供することで“The New IP”への移行を促進することに深くコミットしているブロケードを一層際立たせます。当社の無償ライセンス・モデル、ユーザならびに開発者の両方のニーズを満たす新サービスならびにOpenDaylightへの継続的な協力は、SDNソリューションの実装に対する大きな障壁を取り除くだけではなく、概念実証から本番稼働までの期間を短縮します」

Brocade Vyattaコントローラは、コミュニティによって主導された、技術革新を促進し、SDNに対して一層透過的なアプローチを構築する完全にテスト、文書化、品質保証されたOpenDaylightプラットフォームです。他のベンダーとは異なり、ブロケードはBrocade Vyattaコントローラに施したあらゆる拡張技術をOpenDaylightと共有することを約束しているため、他のOpenDaylight準拠コントローラとの継続的な相互運用性を確保しています。その結果、従来の隔年または3年に1度の管理ソフトウェアのアップデートとは対照的に、新しい特長、機能、および拡張技術が高い頻度のペースで取り込まれます。

Brocade Vyattaコントローラに追加された独自機能は、以下の通りです。

●特定プラットフォームに依存しない、ホストOS、およびハイパーバイザ非依存の設計により、複数のベンダーから提供される物理および仮想ネットワーク・プラットフォームの管理が可能。

●習熟および導入期間を短縮し、継続中の管理関連経費を削減する、操作性に優れたGUI、インストレーション・ツール、および充実したサポート。

*OpenDaylight エグゼクティブ・ディレクター ニーラ・ジャック(Neila Jacques)談
「私達は、企業がプログラマブルなネットワークを必要としていることを理解しており、ブロケードはすぐにでもSDNを必要とする企業に対して明瞭な道筋を切り開いています。ネットワーク運用をカスタマイズしたいと考えるヘルスケア事業者から、より迅速なプロビジョニングを必要とするキャンパス・ネットワークを持つ企業まで、SDNの使用例は無数で私達が思いつかないものもいくつもあります。ブロケードは、OpenDaylightを核にして、同社のソリューションを顧客のニーズに合わせて迅速に進化させることが可能になります」

●価格と出荷時期
先述のすべての製品とサービスは本日より提供開始されています。Brocade Vyattaコントローラの米国内における製品版ライセンス費用は、サポート付で1管理対象ノードあたり100米ドルです。(*)
*国内における販売開始時期、価格その他は未定です。

●その他の参考情報
・オンライン・コミュニティ(英語)

https://github.com/BRCDComm

・Brocade Vyatta Controllerの無償ダウンロード(英語)

http://www.brocade.com/forms/jsp/vyatta-controller/index.jsp?src=WS&lsd=BRCD&lst=Banner&cn=SDN-GDG-15Q1-EVAL-Vyatta-Controller&cid=lp_vyatta_controller_download_pr_00001

・Brocade Vyatta コントローラ製品概要(英語)
http://www.brocade.com/downloads/documents/data_sheets/product_data_sheets/brocade-vyatta-controller-ds.pdf 

・ブロケードのSDNソリューション概要(英語)
http://www.brocade.com/downloads/documents/white_papers/exploring-sdn-wp.pdf

・オープンソース・コントローラの使用例(英語)
http://www.brocade.com/downloads/documents/white_papers/heavy-reading-open-controller-wp.pdf

●Brocadeについて:                                              
ブロケード(Nasdaq:BRCD)のネットワーク・ソリューションは、アプリケーションと情報が各所に遍在する仮想化世界への移行を容易にします。詳細については、当社ウェブサイト( www.brocadejapan.com )をご覧になるか、japan-info@brocade.com までお問い合わせ下さい。

 注記:ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、The Effortless Network、VCS、VDX、Vplane、およびVyattaは登録商標であり、およびThe On-Demand Data Centerは、米国またはその他の国におけるBrocade Communications Systems Inc.の商標です。その他のブランド、製品名、サービス名は各所有者の製品またはサービスを示す商標またはサービスマークである場合があります。
(C)2015 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

============================================
本プレスリリースに関する報道関係の方のお問い合わせ:
ブロケードPRオフィス
電話:03-6454-6930
FAX:03-5204-9180
eメール:brocade@ambilogue.com

ブロケード製品に関するお問合わせ:
ブロケード コミュニケーションズ システムズ 株式会社
マーケティング本部
電話:03-6203-9100(代表)
FAX:03-6203-9101
eメール:japan-info@brocade.com
============================================
以上

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
  4. >
  5. Brocade Vyattaコントローラ、ベンダー・ロックインを回避し、“The New IP”に対応したネットワークを実現