―愛妻家に関する意識調査発表―「愛している」と伝えるのは、女性よりも男性の方が多い!男女共に約7割以上が「人前でも手をつなげる」という結果に

~パートナーの「怒るポイントを知っている」男女は約8割以上!~

ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、「DO YOU 0131(アイサイ)? ワタベウェディングプランナーが監修『愛妻度診断』」特設WEBサイトを開設し、「趣味嗜好理解」「共有・共感」「スキンシップ・愛情表現」といった夫婦間の関心やふれあい方について、インターネット調査を実施しました。以下に結果をご報告します。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【趣味嗜好理解】
まずは、パートナーの趣味や嗜好について、理解しているかどうかを聞いてみました。

■パートナーの「誕生日」を覚えている人は約9割以上。約8割以上の男女がパートナーの「怒るポイントを知っている」という結果に。男性の方がパートナーへの関心が高い傾向。


 <既婚 男女別>
 男女別では、「誕生日を覚えている」については男女共に、ほぼ全員が覚えているという結果になりました。「怒るポイントを知っている」については、約8割以上の男女が理解しており、夫婦間の関係の深さが垣間みえる結果となりました。
 「行きたい場所を知っている」「怒るポイントを知っている」「笑いや感動のツボを知っている」「考えていることに興味がある」については、いずれも男性の方が、パートナーへの理解関心が高い傾向がみられました。

 <既婚 男女・年代別>
 男女・年代別では、「怒るポイントを知っている」については、全年代共約8割以上が知っているという結果となり、男性は年代が経るにつれてポイントが下がっていく傾向にありました。「考えていることに興味がある」については、20代は女性の方が男性よりもパートナーに対しやや高い興味を持っていますが、30代以降は男性の方が女性よりも高い結果となり、男性の方が歳を重ねてもパートナーに対しての興味関心が続く傾向がみられました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【共有・共感】
 次に、パートナーとの共有・共感について聞いてみました。

■「一緒に外出したり話し合う時間を持っている」人は平均約8割!男性より女性の方が「迷いや悩みを話している」という結果に。男性の方が「喧嘩してもすぐに歩み寄ることができている」と思っている!?


 <既婚 男女別>
 男女共に「結婚記念日を覚えている」人は約9割以上となりました。「一緒に外出したり話し合う時間を持っている」人は平均約8割でした。「喧嘩してもすぐに歩み寄ることができている」については、男性73.1%であるのに対し、女性は67.6%と5.5ポイントの差があり、女性と男性の間でややギャップがあることが分かりました。「一緒にやってみたいことがある」については、女性の方がやや割合が高い結果となりました。

 <既婚 男女・年代別>
 男女・年代別では、「結婚記念日を覚えている」について、50代以上の男性(75.0%)以外の全年代で、約9割以上が覚えているという結果になりました。「迷いや悩みを話している」については、全年代で、女性の方が男性よりも話しているという回答が多く、特に30代では、約22ポイントも差がありました。女性は男性に対し、年代を経ても相談相手としての意識が高い傾向がみられました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////【スキンシップ・愛情表現】
パートナーとのスキンシップや愛情表現について尋ねました。

■約7割の人が「人前でも手をつなげる」!「愛している」と伝えるのは、女性よりも男性の方が多い!人から「愛妻家(愛夫家)と言われる」人は約半数。


 <既婚 男女別>
 男女別では、「人前でも手をつなげる」についていずれも約7割以上の人がつなげると回答しました。「愛していると言っている」については、男性の方が女性よりも言っている人の割合が高いことが分かりました。「写真を持ち歩いている」「家に家族写真を飾っている」については男性の方が割合が高く、「のろけ話をする」については女性の方が割合が高い結果となりました。

 <既婚 男女・年代別>
 男女・年代別では、「人前でも手をつなげる」について、いずれの年代も男性の方が割合が高い結果になりました。特に30代女性の73.1%に対し30代男性は87.1%と男女差が大きいことが分かりました。「愛していると言っている」については、年代を経るにつれて、言う人の割合は男女共減っていきます。30代については、19.9ポイントと比較的大きな差をつけて男性の方が多いことが分かりました。「家に家族写真を飾っている」については、男女共30代が他年代に比べて飾る人が多い結果となり、特に30代男性は約8割の人が飾っているという結果になりました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

~調査概要~
 調査方法 :インターネット調査
 調査期間 :2015年1月31日~3月1日
 調査対象 :20代~80代 既婚 573名(男性249名、女性324名)を抽出。



--------------------------------------------------------------------------
【ご参考】夫婦の絆を深める!「バウ・リニューアル」

 近年著名人の間でも広まりつつある、夫婦がもう一度愛を誓い合う「バウ・リニューアル」。結婚記念日やお子様の結婚式など人生の節目にお互いに感謝し、夫婦間の絆をあらためて深めるためのセレモニーで、欧米では一般的に広く行われている習慣です。

 当社では、ハワイの2つのチャペル「ホヌカイラニ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ」「コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ」にて挙式とパーティをされる新郎新婦から、パーティ中にお父様お母様へ「バウ・リニューアル」のプレゼントをしていただけます。牧師立ち合いのもと、指輪ではなく、レイの交換や記念証明書へのサインなどを行います。ご両親へのサプライズ演出にお勧めです。
-------------------------------------------------------------------------
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ワタベウェディング株式会社
  4. >
  5. ―愛妻家に関する意識調査発表―「愛している」と伝えるのは、女性よりも男性の方が多い!男女共に約7割以上が「人前でも手をつなげる」という結果に