第8回「すららカップ」7月1日より開催~海外からの参加も含み、これまでで最大の規模で努力指標の学習大会を開催~

“教育のゲーミフィケーション”を具現化!オンライン学習教材「すらら」

main image
“教育のゲーミフィケーション”を具現化!オンライン学習教材「すらら」
第8回「すららカップ」7月1日より開催
~海外からの参加も含み、これまでで最大の規模で努力指標の学習大会を開催~



株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)では、オンライン学習教材「すらら」の利用者が努力量を競う大会「すららカップ」を2014年7月1日(火)より8月31日(日)まで開催いたします。

今回で8回目を迎える「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく「総学習時間」や「総学習量」といった、“どれだけ努力したか”の努力指標で、学年やエリアを問わず、全ての「すらら」利用者同士が競い合う大会です。「すらら」利用者達が、「努力指標」と「努力の結果である成績向上」を意識することで「やればできる」というマインドセットを醸成することを目的としております。

「すらら」で学習している生徒は、28,000名(2014年5月末時点)を超え、国内のみならず、海外にも及んでおり、今回の「すららカップ」は過去最大規模となります。

「すらら」の海外における展開は、昨年2月に上海にある日本人子女のための学習塾へ導入されたことを皮切りに、昨年5月にはマレーシアとタイにおいても導入され、広がりを見せています。

海外在住の日本人子女にとっては、普段なかなか競い合うことが出来ない日本在住者と競い合う機会となり、国内の利用者には、これまでよりも拡大した規模感で競い合うという新たなモチベーションを感じられることになります。

また、「すらら」を活用し、今注目されている学習スタイルである、反転授業に取り組む学校や学習塾が増えており、そこでも生徒ひとりひとりの学習時間の増加が見込まれます。

今後も、教育に携わる企業として、利用者様の学習をサポートできるよう、教材・企画の開発に力を注いでいきたい、と考えております。

【すららカップ概要】
◆実施期間:2014年7月1日(火)~8月31日(日)
◆対象学年:問わず
◆科目:英語・数学・国語
◆範囲:小5~高3の履修範囲
◆開催部門:個人戦部門(全国と各地方ブロック)、チーム対抗戦部門、新人部門(3月以降にすららを利用したユーザーを対象)、チャレンジW30部門(月間の学習が30時間を超えたユーザーを対象)
◆審査基準:総学習時間・クリアユニット数(個人戦部門)、平均学習時間(チーム対抗戦)
◆賞品:(全国個人戦部門)1位:折りたたみ自転車、2位:デザインカスタムバッグ、3位:デジタルカメラ ※その他部門でも商品を用意しています。
◆最終結果発表:2014年9月18日予定
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 すららネット
  4. >
  5. 第8回「すららカップ」7月1日より開催~海外からの参加も含み、これまでで最大の規模で努力指標の学習大会を開催~