携帯端末調査支援機器「XRY COMPLETE」を法執行機関向けに販売開始

フォレンジック、ディスカバリ調査に欠かせないモバイルデータの取得・解析が可能

米ナスダック、東証マザーズ上場で人工知能を駆使した、ビッグデータ解析事業を手がけるUBIC(本社:東京都港区、代表取締役社長・守本正宏)は、Micro Systemation(本社:スウェーデン)社製のモバイルデータ保全・解析ソフトウェア「XRY COMPLETE」(エックス・アール・ワイ・コンプリート)の日本法執行機関への販売を11月1日より正式に開始いたしました。
 同ソフトウェアは、同時に3台の携帯電話のデータ保全が可能であり、13,000以上の機種に対応しているなど、現在日本の法執行機関に普及している、同様の用途をもつハードウェアやソフトウェアにはない機能を有しています。すでに世界90カ国以上の警察・国防機関などを含む、法執行機関による採用実績があり、今後は日本での導入を進めることで、さらなる捜査・調査の効率化や迅速化、フォレンジック技術の向上に寄与します。

 現在、法執行機関が捜査・調査する事案において、モバイルデータが関与しない事案は非常に少ないと言われています。また、1事案における携帯電話やPCの押収台数は年々増加傾向にあるにもかかわらず、警察・検察機関などでは被疑者の拘留時間が限られていることから、1台の携帯電話やPCにかけることのできる捜査時間は、実質減少していると言えます。

 このような背景のもと、業界初である①携帯電話3台を同時に保全可能な機能および、②複数人による調査が可能になるフリーソフトウェア「XRY VIEWER(エックス・アール・ワイ・ビューワー)」と連携した同製品を販売開始することで、法執行機関の捜査の効率化・迅速化に大きく貢献できると確信しております。

「XRY COMPLETE」製品イメージ

「XRY COMPLETE」画面イメージ


最大3台の携帯端末の同時保全機能
同製品に同梱されている専用ハブを使用することで、同時に3台までの携帯端末の保全が可能になります。

データ閲覧用フリーソフトウェア「XRY VIEWER」と連携
携帯端末のデータ抽出後、抽出したデータをデータ閲覧用のフリーソフトウェア「XRY VIEWER」に取り込むことによって、「XRY COMPLETE」本体が未インストールのPCでもデータ閲覧をすることができます。これにより、複数の捜査員が同時並行でデータ解析をすることが可能になります。

 また当社は、当社におけるフォレンジックやディスカバリ調査サービスにおいても同製品を導入し、調査の効率化、迅速化を図ります。設立以来1,300件を超える調査実績によって培ったサービス品質に加え、データ抽出可能な機種の増加によりサービスの幅を拡大することで、お客様の幅広いニーズに対応した調査を提供してまいります。



【Micro Systemationについて】
本社:スウェーデン
所在地:Hornsbruksgatan 28 SE-117 34 Stockholm Sweden
URL:https://www.msab.com/

Micro Systemationは、モバイルデバイス調査におけるフォレンジック技術を提供する、グローバルリーディングカンパニーです。1984年の創業以来、モバイルデバイスのデータ復元などのフォレンジックに注力し、法執行機関・国防機関・情報機関などにサービスの提供を行っています。
1999年スウェーデン証券取引所上場。売上高21,100,000ドル(2013年度)。



【UBICについて】
代表取締役社長:守本 正宏   東京都港区港南2-12-23明産高浜ビル
URL: http://www.ubic.co.jp/

株式会社UBICは、国際的カルテル調査や連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、知財訴訟、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する、行動情報データ解析企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。2007年12月米国子会社を設立。アジア・米国双方からアジア企業関連の訴訟支援を実施。2009年末には企業内でも国際訴訟における電子証拠開示が可能な電子証拠開示支援システム「Lit i View®」(リット・アイ・ビュー)を自社開発し、2011年10月からはクラウドサービスとして「UBIC Intelligence Cloud」の提供を開始。また、2012年3月に、アジア言語に対応した「Predictive Coding®」(プレディクティブ・コーディング)技術を世界で初めて独自開発し、実用化に成功。
2003年8月8日設立。2007年6月26日東証マザーズ上場。2013年5月16日NASDAQ上場。資本金1,673,158千円(2014年9月30日現在)。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社FRONTEO
  4. >
  5. 携帯端末調査支援機器「XRY COMPLETE」を法執行機関向けに販売開始