PTC、IDC MarketScapeが流通小売向けPLMのリーダーに認定

報告書でPTCの顧客満足度と機能性が認められる

【2016年2月3日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、IDC Corporationが同社の新たな調査報告書である「IDC MarketScape: Worldwide Retail Brand Product Innovation and PLM 2016 Vendor Assessment」(文書 #US40521315、2016年1月)でPTCをリーダーとして認定したとの米PTCの発表を明らかにしました。PTCの流通小売向けソリューションは、商品を市場に投入する上で小売企業やブランドオーナー企業が直面する複雑な課題を、強力な機能、作業の自動化、可視化、接続性を消費者、商品、小売店、デザイナー、サプライチェーン全体に提供することで簡略化するものです。

IDC MarketScapeは「企業は様々な課題に直面しており、次世代の製品ライフサイクル管理(PLM)を必要としています。これは、デジタルデータを中心とし、様々な形に組み換え可能でコラボレーションと可視化を実現する業務プロセス、豊富なデータと解析機能の活用、密連携されたデザインコンポーネントにより顧客やサプライヤへの対応を最適化する新たなPLMです」と述べています。

IDC MarketScapeは、リテールブランド商品イノベーションと製品ライフサイクル管理(PLM)のアプリケーションの主要12社の機能や戦略を調査しました。この12社はすべてリテールブランド市場での大きなプレゼンス、リテールブランド市場での継続的な成長、リテールブランド各社に提供できる豊富な経験とベストプラクティスを有し、ソリューションを提供することで商品のデザイン、調達、提供に革新をもたらしています。

詳細にわたる調査と分析の結果、IDC MarketScapeはリテールブランド向けのPTC WindchillR FlexPLMR PLMソリューションを商品イノベーションとPLMの先進プラットフォームであると認定しました。同ソリューションは商品開発とサプライチェーン全体に対応する機能を統合し、ライフサイクル全体にわたり最終製品に関わる企画、開発、調達、コスト計算、追跡を実現し、すばやく価値を生み出すものです。また、同レポートは「リテールブランド各社は、PTCが比較的最近製品ポートフォリオに加えたIoT(モノのインターネット)のアプリケーションの開発と運用のプラットフォームで受賞歴もあるThingWorxを活用することも可能である。小売企業も、生産や販売からのインサイトを得て商品のイノベーション、開発、調達に関わる意思決定に活用できるというメリットを享受できる」と述べています。

IDC Retail Insightsバイスプレジデントのレスリー・ハンド(Leslie Hand)氏は「リテールブランド向け商品イノベーション/PLMプラットフォームの基準がさらに高く設定されたということになります。今日のクラス最高である機能群では、デジタルデータを中心として様々な形に組み換え可能でコラボレーションと可視化を実現する業務プロセス、豊富なデータと解析機能の活用、密連携されたデザインコンポーネントにより顧客やサプライヤへの対応の最適化が実現されています」と述べています。

米PTCリテールビジネスユニットのゼネラルマネージャであるエリック・サイモン(Eric Symon)は「IDC MarketScapeにより流通小売向け商品イノベーション/PLM分野のリーダーとして認定されたことを光栄に思います。PTCの流通小売向けソリューションは、強力な商品ポートフォリオとIoTの機能を提供することで進化する顧客のニーズに対応し、デジタルの世界で新たな仕事のしかたを実現します」と述べています。


<関連情報>
- PTC Retail PLM Software Resource Center
http://www.ptc.com/retail-plm


【IDC MarketScapeについて】
IDC MarketScapeベンダー分析モデルは特定市場におけるICTベンダー各社の競争力の概要を提供するものです。このリサーチ手法は定性的、定量的な基準に基づく厳格なスコアリング手法し、特定市場における各ベンダーの位置づけをまとめて視覚的に提供するものです。IDC MarketScapeは、ICTベンダーの製品、サービス、機能、戦略、現在と将来の成功要因を意味ある形で比較するための明確な枠組みを提供します。この枠組みにより、ICTソリューション購入企業は、現在取引のあるベンダーや取引の可能性があるベンダーの強みと弱みをあらゆる方向から評価することが可能になります。


【PTCについて】
PTC(NASDAQ: PTC)は企業がモノのインターネット(IoT)の「モノ」の開発、運用、サービスを変革するテクノロジー プラットフォームやソリューションをグローバルに提供する企業です。PTCの次世代ThingWorxRテクノロジー プラットフォームは、スマート コネクティッド プロダクツやシステムが生み出す膨大な量のデータを記録、分析、活用するためのツールを開発者に提供します。PTCの実証済みソリューションは製品またはサービスの優位性を生み出すべく世界28,000社以上で導入されています。業界のソートリーダーとして認知され、さまざまな受賞歴を有するPTCのCEOはIoTがビジネスにもたらす影響に関する明確な指針をHarvard Business Review誌に共著しています。Harvard Business Review誌の記事:http://ja.ptc.com/internet-of-things/harvard-business-review

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の PTC Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のPTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、技術情報の作成・管理・提供を合理化するダイナミック パブリッシング システムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のPTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、といった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:http://www.ptc.com


PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: http://ja.ptc.com/about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptchttp://twitter.com/PTC_Japan 
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inchttps://www.facebook.com/PTC.JPN

* PTCの社名、ロゴマーク、ThingWorxおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. PTCジャパン
  4. >
  5. PTC、IDC MarketScapeが流通小売向けPLMのリーダーに認定