『大繁盛パン屋さんが教える 売れる!パン屋作り40のル-ル』絶賛発売!

パン屋さんになりたい人、あこがれる人へ。繁盛の秘訣を教えます!

36歳、バツイチ、2人の子持ち、地方、資金ほぼゼロという、まさに、マイナスからのスタート! 
しかし、たった10年で、年商8000万円超をキープするまでに成長! 
1日平均1500個を焼き、1時間に最多400個もパンを売る、
大繁盛店の女性オーナーが、今日から出来る「売り上げアップ」術を【40のルール】として紹介します!!
main image
2005年、バツイチで2人の子もちの36歳女性が、埼玉県川口市の自宅の庭に、4畳半のログハウスでオープンしたのが「パン工房ペシュ」。資金ほぼゼロ。パン製造機械は、廃業したパン屋さんから格安で譲り受けたというスタートでしたが、なんと10年で、年商8000万円超のパン屋さんに成長したです!
★その大繁盛パン屋さんオーナー野口貴美子さんが、実体験に基づく「売れるノウハウ」を【40のルール】として紹介! パン屋さんだけでなく、すべての小規模店舗で使えます! 
★【接客はワントーン高めの“ラ”の音が効果的】【雨雪も花粉症も売り上げアップのネタ!!】【スタッフば“ギャル枠”“オバ枠”“オババ枠”】【“しっとり”“もちもち”“ふわふわ”で購買欲UP】【信頼関係を築く魔法の言葉 “あ、そっか”“なるほど”】――ほか、今日から使える「売り上げアップ」の秘訣満載です!!
  • 「大繁盛パン屋さんが教える 売れる!パン屋作り 40のルール」
  • 著者:野口貴美子
  • ●1250円(税別)
  • ISBN 978-4-07-294852-1
  • 発行:主婦の友インフォス情報社
  • 発売:主婦の友社
  • ■内容
  • 【第1章】小さなパン屋が売り上げを伸ばす「おもてなし」のルール【接客はワントーン高めの“ラ”の音】★【第2章】リピーターを育てる「満足感」のルール【雨雪も花粉症も売り上げアップのネタ!!】★【第3章】一見さんも引き寄せる「好感度」のルール【スタッフは“ギャル枠”“オバ枠”“オババ枠”】★【第4章】お客さまのわくわく感を誘う「五感」のルール【“しっとり”“もちもち”“ふわふわ”で購買欲UP】★【第5章】スタッフのモチベーションをアゲる「チームづくり」のルール【信頼関係を築く共感ワード“あ、そっか”“なるほど”】

 

  • ■著者PROFILE
  • 野口貴美子(のぐち きみこ)1968 年埼玉県生まれ。
  • 36歳で「パン工房ペシュ」を開業。以来、事業が拡大。現在、茨城県牛久市のくつろげるテラスもある大型の「ひたち野うしく店」を開店。
  • 経営理念は、「光輝満身」(こうきまんしん)=「おもてなしの心ですべての人が夢をもってキラキラしてほしい」。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社主婦の友インフォス情報社
  4. >
  5. 『大繁盛パン屋さんが教える 売れる!パン屋作り40のル-ル』絶賛発売!