― 子供の結婚式や“リゾ婚(リゾート挙式)”について親世代の意向に関する意識調査発表 ―結婚式をすることは「親孝行」という回答が約6割

約5割の親が“リゾ婚”に「賛成」!

ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、親に感謝の気持ちを伝えたいという理由で結婚式をするカップルが増えていることから、子供の結婚式や“リゾ婚(リゾート挙式)”について、親世代へアンケート調査を実施しました。国内外のリゾート地で挙式をする“リゾ婚”は、両親と旅行も兼ねて思い出ができる為、近年特に人気の挙式スタイルです。以下に調査結果をご報告します。
※回答者:20~30代未婚の子供を持つ男女500名(男性250名、女性250名/息子を持つ親270名、娘を持つ親230名)、調査期間:2015年3月20日~3月25日。

■結婚式をすることは「親孝行」という回答が約6割。

まず、「結婚式をすることは、親にとって親孝行か」を尋ねたところ、約6割が「はい」と回答しました。


Q.結婚式をすることは、親にとって親孝行か
「はい」…59.4%
「いいえ」…40.6%

■「結婚式をしてほしい」親が約半数。「どちらでもよい」と回答した親のうち、「本人次第」と回答したのは約9割。

親の男女別・子供の男女別では、父親は娘より息子に「結婚式をしてほしい」と思い、母親は息子より娘に「結婚式をしてほしい」と思う割合がそれぞれ高い結果となりました。
それぞれ回答理由を尋ねたところ、「結婚式をしてほしい」親の24.7%が「けじめだから」と最も多く、次いで11.3%が「晴れ姿を見たい」という意見でした。「どちらでもよい」親の理由としては、約9割以上が「本人次第(本人たちが決めること)」と回答しました。

Q.子供が結婚するとしたら、結婚式をしてほしいか

 

「してほしい」…46.2%
「どちらでもよい」…51.2%
「してほしくない」…2.6%

・「してほしい」理由
けじめだから…24.7%
晴れ姿を見たい…11.3%
記念だから…8.2%
思い出づくり…6.5%

・「どちらでもよい」理由
本人次第…93.0%
お金が心配…5.1%
面倒そう…1.2%
自分達がしていない…0.4%

・「してほしくない」理由
無駄だと思う…69.2%
面倒そう…30.8%

■約5割の親が“リゾ婚”に「賛成」!“リゾ婚”の費用や移動する距離次第、という親も多数。

「子供が“リゾ婚”をすると言ったら賛成するか反対するか」を尋ねたところ、「賛成」は52.0%、「条件付き賛成」は35.0%、「反対」は13.0%でした。
親の男女別・子供の男女別では、父親は息子に対してはやや「賛成」意向が強いことが分かりました。母親は約3割が“リゾ婚”に「賛成」と回答しました。
それぞれ回答理由は、「賛成」の親は、「本人次第だから」が60.0%、「リゾートに行きたい」10.8%、「良さそう、素敵、楽しそう」が8.5%、「 “リゾ婚”参列経験がある」も3.8%となりました。
「条件付き賛成」の親は、「費用との兼ね合い」がトップで24.6%、「遠くないところを希望」が14.3%となりました。「反対」の親は、「費用が掛かる」が26.2%、「地元で行ってほしい」が15.4%となりました。

Q.子供が結婚するとしたら、結婚式をしてほしいか
「賛成」…52.0%
「条件付き賛成」…35.0%
「反対」13.0%

・「賛成」理由
本人次第だから…60.0%
リゾートに行きたい…10.8%
良さそう、素敵、楽しそう…8.5%
“リゾ婚”参列経験がある…3.8%

・「条件付き賛成」理由
費用との兼ね合い…24.6%
遠くないところを希望…14.3%
親戚への配慮…9.1%
安全であること…2.9%

・「反対」理由
費用が掛かる…26.2%
地元で行ってほしい…15.4%
面倒だから…9.2%
列席者への配慮…6.2%

■子供の結婚式へは、母親は父親に比べて「関わりたい」気持ちがやや強い傾向。

子供の結婚式への関わり方について、「積極的に関わりたい」を1、「本人たちに任せる」を5とした5段階数字の内、自分の考えに近いものを選択してもらい、そのポイントを平均化してみました。
結果、父親母親共に、「積極的に関わりたい」よりも「本人たちに任せる」意向が強いことが分かりました。母親は父親に比べ「本人たちに任せる」ポイントが低く、「適度に関わる」に近い数字となり、父親よりも「関わりたい」意向がやや強いことが分かりました。

Q.子供の結婚式への関わり方について、「積極的に関わりたい」を1、「本人たちに任せる」を5とした場合の5段階数字の平均。

・父親→息子…4.0ポイント
・母親→息子…3.4ポイント
・父親→娘…4.7ポイント
・母親→娘…3.7ポイント

■“リゾ婚”をするとしたら父親、母親とも第1希望は「ハワイ」。「日本語が通じる」などの安心感がポイント。現地でしたいことベスト3は、「観光スポットに行きたい」「宿泊場所でのんびり過ごす」「ご当地のグルメを楽しむ」。

「仮に子供が“リゾ婚“をするとしたらどこの地域が良いと思いますか?」という問いには、「ハワイ」が父親母親とも1位で、特に母親の約半数は「ハワイ」を希望しました。以下「沖縄」「グアム」「オーストラリア」と続きました。選んだ理由を尋ねたところ、「日本語が通じる」が1位で、続いて「暖かい土地だから」「リゾートだから」「気軽にいくことができる場所だから」「訪れたことがあり良い思い出がある」と続きました。

 


「現地で何をして過ごしたいですか?」という問いには、「観光スポットに行く」「宿泊場所でのんびり過ごす」「ご当地のグルメを楽しむ」と続きました。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ワタベウェディング株式会社
  4. >
  5. ― 子供の結婚式や“リゾ婚(リゾート挙式)”について親世代の意向に関する意識調査発表 ―結婚式をすることは「親孝行」という回答が約6割