若き才能にエールを! 横浜赤レンガ倉庫1号館が応援する6つの卒業制作展

横浜赤レンガ倉庫1号館は若いクリエーター、アーティストを支援しています。2016年2月から3月までの卒業制作展シーズンにリレー形式で6つの卒業制作展を開催し、毎週異なる学校が参加して様々なジャンル、スタイルで展開します。

今年も卒業のシーズンがやってきました。

横浜赤レンガ倉庫1号館では、横浜にゆかりのある大学のアートや建築を学ぶ学生たちの卒業展がこの時期の恒例イベントとなっています。
昨年はのべ15万人の入場者を集めました。
今年は5つの大学の卒展、そして関東16の大学からの共同制作展が開催されます。
各展とも個性的な力作揃い。
大学で学んだ集大成を披露する学生たちの意気込みが、各大学の紹介コメントに込められています。




平成27年度横浜美術大学卒業制作選抜展

2月18日(木)~2月23日(火) 11:00-19:00(最終日17:00終了)

 


「6コース(絵画、クラフトデザイン、テキスタイルデザイン、グラフィックデザイン、映像メディアデザイン、イラストレーション)の卒業制作から選抜された作品を展示しています。
ひとりひとりがテーマや表現方法を探求し、4年間の集大成として制作に励みました。コースの特徴やそれぞれの個性が発揮された作品をぜひご高覧ください。ご感想もいただけましたら幸いです」



 





玉川大学芸術学部メディア・アーツ学科卒業制作[卒業プロジェクト]展‘15 THE MEDIA GARDEN

2月26日(金)~2月29日(月) 10:30-18:00

 

「「メディア・アーツ」と一言で言っても、グラフィックデザイン、CGデザイン、ウェブデザイン、ライトアート、映像、コンピュータ音楽など幅広いジャンルがあります。
そのひとつひとつの作品を目で見て肌で感じ、楽しんでいただきたいと思います。4年間かけて“芸術による社会貢献の実践力”を磨いてきた学修成果の集大成「THE MEDIA GARDEN」を、ぜひご覧ください」


 


2015年度  東京造形大学グラフィックデザイン専攻卒業制作展

3月4日(金)~3月8日(火) 10:00-22:00 (3月5日(土)17:00オープニングパーティー)

 

「本展覧会は、今年度東京造形大学を卒業予定とするグラフィックデザイン専攻4年生の有志が集まり、開催いたします。
展示作品は全て、これまでの様々な学習を通じて、グラフィックデザインの多様性と可能性を理解した学生ひとりひとりが、その集大成として行った研究・制作作品となります。自由な発想の中から生まれた、生徒それぞれの個性あふれる作品をご覧ください」








多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース卒業制作展そこかしこ

2016年3月12日(土)~3月14日(月) 11:00-21:00(最終日19:00終了)

 


「膨張し続ける世界とその中に散らばる星々のように、芸術は際限なくその枠を広げ、メディアは誕生、結合を繰り返し爆発的な多様化を見せている。
携帯端末の登場でどこからでも世界に繋がることが可能になったように、ニューメディアによって既存のフレームを脱臼させ新たな知覚を手に入れた先にある新時代の表現とは。
無秩序で不明瞭な世界の中で発見し表現することとは。
いまや、なにをするにしても、手段はそこかしこに散らばっている」

 



関東学院大学 建築展第14回 建築展15/16 『うつろい』

3月17日(木)~3月22日(火) 11:00-21:00(初日18:00-21:00、最終日11:00-17:00)

 



「関東学院大学の『建築展』は、私たちが一年間でさまざまなテーマのもと、建築と環境について考え、創作してきた作品と研究成果を、広く学外の方々に紹介するイベントです。
今年のテーマは『うつろい』です。
社会や技術の変化にともない、建築もまた、変化しています。私たちの展覧会で、「これからの建築はどうなっていくのか」を考えるきっかけになればと思っています」









横浜赤レンガ卒業設計展2016

3月26日(土)~3月30日(水)(公開審査日27日) 10:00-19:00

 

「「赤レンガ卒業設計展」は関東の建築系学生による卒業設計を集め展示、公開審査を行うイベントです。2004年に関東10大学の建築系学部によって「10展」として始まった本設計展ですが、第13回を迎える今年度は16大学19学科での展示となります。3月27日に行われる公開審査では、建築業界の最前線で活躍されている方々をお招きし、熱い議論が繰り広げられると思われます。関東だけでなく、全国の建築学生をはじめとした皆様の来場をお待ちしております。


・テーマ:Up Load
赤レンガをイメージして『積む』というキーワードに着目しました。赤レンガ倉庫が赤レンガを『積み上げ』、作り上げられていったように、学生の建築的知識やアイディア、経験、体験などを未来に向けて『Up(上に)Load(積む)』し、赤レンガ卒業設計展2016をみんなで作り上げよう、建築を『発信』していこうという思いを込めています」

 



赤レンガ倉庫1号館は若きアーティスト、クリエーターを応援!
赤レンガ倉庫1号館は、これらの卒業展を共催というかたちで、総合ポスターの制作、広報活動などの応援をしています。
会期中には、同じ進路を目指す中・高校生のための「作品解説ミニツアー」なども開催される予定です。
大学で勉強中のエピソード、やっておいた方がいいことなど、後輩たちのためになる質疑応答の時間も設けられています。
これから大学で学ぼうと思っている人も、大学から未来へはばたく才能を見守ろうと考えている人も、ぜひ訪れてほしい展覧会です。

 
横浜赤レンガ倉庫卒業制作展 概要

【日程】2月18日(木)~3月30日(水)    
【会場】横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
【料金】無料
【休み】展示入れ替えのため、2Fスペースは展覧会開催日以外休室となります。

詳しくはこちら→http://www.yokohama-akarenga.jp/hall_space/index

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団
  4. >
  5. 若き才能にエールを! 横浜赤レンガ倉庫1号館が応援する6つの卒業制作展