インテリアを楽しむ秋のイベント「場と間 vol.07」 10月31日(金)~11月3日(月・祝)ラフォーレ原宿・表参道ヒルズで初の2会場同時開催!

インテリアとデザインの”今”を感じる「場と間」
合同展示会「BAtoMA TRADESHOW」/ 情報発信イベント「BAtoMA information」
10月31日(金)~11月3日(月・祝)表参道・原宿で 初の2会場同時開催

2014 年10 月31 日(金)~ 11 月3 日(月・祝)の期間中、ラフォーレ原宿と表参道ヒルズの原宿・表参道の2 大商業施設を舞台に、インテリアを楽しむ秋のイベント「場と間 vol.07」を開催します。「Color」をテーマに、こだわりの空間と高感度な出展者が魅力のデザイン・アート・プロダクトの合同展示会「BAtoMA TRADESHOW」と、昨年10 月にスタートしたインテリアを楽しむための情報発信イベント「BAtoMA information」を初の2 会場同時開催。第1 会場「BAtoMA TRADESHOW」(ラフォーレミュージアム原宿)では、キッチンアイテムやファブリック、エスニック、アート、グロッサリーなど約45 社の出展ブースが並び、バイヤー気分を味わいながら買い物を楽しめます。第2 会場「BAtoMA information」(表参道ヒルズ スペース オー)では、多彩なゲストが集まるトークイベントを中心に、国内外のクリエイターによるインスタレーション、映画上映、ワークショップなどの参加型イベントが毎日行われ、誰もが持つクリエイティブな心を刺激します。東京にデザインの話題があふれるこの時期、「場と間 vol.07」からインテリア・ライフスタイルの“今” を発信します。

■テーマ: Color
「Color」という言葉には様々な意味が含まれます。赤や青、緑という色の表現というだけでなく、人が生みだす特色(アイディア)という意味もあり、それは私たちの生活を彩るとても重要な役割を果たしています。今回は「Color」をテーマに、空間はもちろん新たな発想を提案し続けるクリエイターの紹介や、これからトレンドとなる「Color」の発信など、様々な角度から「Color」を生活に取り入れる提案を行います。植物を置いたり、壁を塗ったり、アーティストの作品を飾るだけで、いつも過ごしている空間の印象を大きく変えることが出来るはずです。

■開催概要
名称: 場と間 vol.07 BAtoMA TRADESHOW / BAtoMA information
会期: 2014 年10 月31 日(金)~ 11 月3 日(月・祝) ※ 30 日(木)は招待制
時間: 11:00 ~ 19:00 ※ 最終日は17 時まで
入場料: 1 日券1,000 円 / フリーパス1,500 円(税込)※ 2 会場共通券。招待状持参で入場無料。前売りなし。
第1 会場: BAtoMA TRADESHOW(場と間トレードショー)
     ラフォーレミュージアム原宿
     東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿 6 階
第2 会場: BAtoMA information(場と間インフォメーション)
     表参道ヒルズ スペース オー
     東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館 地下3 階
主催・企画制作: アッシュ・ペー・フランス株式会社 場と間事業部
アートディレクション: DRAWER 池田 充宏
会場デザイン: [BAtoMA TRADESHOW] matic 外山 翔
        [BAtoMA information] rhythmdesign 井手 健一郎
公式HP: http://www.batoma.com


<第1 会場>

「BAtoMA TRADESHOW」とは、デザイン・アート・プロダクトの合同展示会です。通常はビジネス関係者のみを対象とした展示会を一般にも開放することで、多彩な出展ブースを巡りながらバイヤー気分で買い物を楽しむことができます。こだわりの空間は、「HOME & DESIGN」(キッチンアイテム、ファブリック、プロダクトなどインテリアのベースとなるアイテム)、「DECORATION」(エスニック、アンティーク、アートなどインテリアのスパイスとなるアイテム)、「GROCERY」(デザインや素材にこだわったグロッサリーアイテム)の他、場と間ディレクター 馬場雅人が商品開発に加わったアイテムを集めた「BAtoMA」エリアの4 つのエリアに分かれ、多種多様なアイテムがそろいます。毎回エントランスで実施され訪れる人の感性を刺激するインスタレーションでは、ラジカセ蒐集が人気の家電蒐集家 松崎順一による「マッキントッシュ」のプライベートコレクションを本邦初公開。様々な表情を持つヴィンテージ・マックの体験型展示を行います。


■インスタレーション
タイトル:「welcome “Mac” figures(ウェルカム“マック” フィギュア)」

家電蒐集家 松崎順一が愛してやまない「マッキントッシュ」のアーカイブ・コレクションを初公開!これまで隠しコマンドのようにプライベートでのみ楽しんでいたコレクションを、BAtoMA TRADESHOW 会場で特別に展示します。これまでに蒐集した歴代「マック」のあらゆるハード/ソフト/グッズを、蒐集家ならではの視点で表現した体験型インスタレーションです。インディアンたちによって形作られ、歓迎の意を表すといわれる特別なトーテムポール「ウェルカム・フィギュア」のように、同じくアメリカ生まれの「マック」に息づく様々な物語を「ウェルカム“マック” フィギュア」で表現。数々のヴィンテージマックで作られた塔が来場者を迎えます。

日程: 2014 年10 月31 日(金)~ 11 月3 日(月・祝)
時間: 11:00 ~ 19:00 ※ 11 月3 日は17 時まで
場所: BAtoMA TRADESHOW エントランス
(ラフォーレ 原宿6 階 ラフォーレミュージアム原宿)

松崎 順一 JUNICHI MATSUZAKI
家電蒐集家・デザインアンダーグランド主宰。近代家電製品の蒐
集・整備・カスタマイズ・リプロダクト等。メ イドインジャパ
ンの家電の魅力を現代に甦らせる活動を展開中。
http://www.dug-factory.com


■出展者
インテリアを彩る 約45 社 のアイテムを、「HOME& D E S I G N 」「D E C O R A T I O N 」「G R O C E R Y 」
「BAtoMA」の4 つのエリアで展開。日本初上陸ブランドや新作のお披露目も多数登場します。

・HOME&DESIGN   キッチン、ファブリック、プロダクト商材エリア
・DECORATION     エスニック、アンティーク、アート商材エリア
・GROCERY      グロッサリー商材エリア
・BAtoMA       場と間ディレクター編集商材エリア

【出展アイテム】 インテリア雑貨、ソープ、スキンケア、ボディケア、クッションケース、ベッドカバー、スリッパ、オーナメント、グリーティングカード、ステーショナリー、インテリアマスキングテープ、ウォールミラーステッカー、タイルステッカー、陶器  等 約45 社



<第2会場>

「BAtoMA information」とは、インテリア情報とその楽しみ方を広く紹介する情報発信イベントです。インテリア・デザイン・アート好きなら誰でも入場可能。多彩なゲストの頭の中を覗き込むようなトークイベント「窓 -MADO-」を中心に、日本のデザイン界をリードする9 組のクリエイターによる新作家具の発表や、ベルリンの気鋭クリエイター「llot llov(ロット・ロッヴ)のインスタレーション、デザイナー 三宅一生企画による「青森大学男子新体操部」公演を追ったノンフィクションフィルム「FLYING BODIES」の特別上映など、盛り沢山の企画が毎日行われ、誰もが持つクリエイティブな心を刺激します。この他、都内インテリアショップやデザインイベント情報を発信する参加型インフォメーションボード「TOKYO INDEX」や、ワークショップなどに参加することで生のインテリア情報に触れられます。会場内には、人気のホールフードマシンVitamix(バイタミックス)を使用して自分好みのオリジナルジュースを作れる期間限定ジュースバーも登場。くつろぎながら、インテリア散策のための情報を集めることができます。


■インスタレーション ①
タイトル:「osmosis - 塩の浸透性-」

ベルリンで活動するデザイン・コレクティブ「llot llov(ロット・ロッヴ)」が来日し、最新プロジェクトの発表を行います。木の表面上に美しくカラフルなパターンを作り出す 塩の浸透性(osmosis)から生まれた作品「OSIS(オーシス)」のインスタレーションを「WORKSPACE(ワークスペース)」として展示。会期中、デザイナー自らosmosis のテクニックをライブパフォーマンスで実演します。また、過去から現在までのベストな作品を集めた空間「SHOWCASE(ショーケース)」を併設。彼らの作品が生み出される瞬間、行程、場を体現する、ここだけの「LLOT LLOV LAB( ロット・ロッヴ ラボ)」が現れます。

llot llov(ロット・ロッヴ)
インテリア& プロダクトデザイナー。2006 年に4人でデザインコレクティブllot llov を立ち上げ、プロダクトからアートまで様々なプロジェクトを行った後、llot llov - ARTWORK SHOP GmbH を設立、自主的な生産とディストリビューションを行う。2014 年よりAniaBauer(アンニャ・バウワー)と Jacob Brinck(ヤコブ・ブリンク)がデザインのヘッドとなり、ベルリン・ノイコルンにて、家具、プロダクト、照明、インテリアのデザインと生産管理の全てを行い、多分野に渡るプロジェクトを手掛ける。 (http://www.llotllov.de


■インスタレーション ②
タイトル: 「ICHIRO 2014 NEW COLLECTION OVER THE RAINBOW /色の向こうにあるデザイン」

家具メーカー伊千呂が、日本のデザイン界をリードする9 組の建築家・デザイナーと共に作り上げた新作家具の発表を行います。イチロの家具は「生活のための道具」をめざし、生活の場に楽しさを生み出し空間を自在に編集できるツールとして、家具を見つめなおしてきました。2012 年にトラフ建築設計事務所デザインによる” ひとりになれる家具”「コロロデスク」を発表した後、さまざまな建築家やデザイナーと話し合い、素材や製作方法を研究してきた家具の展示インスタレーションを行います。ミラノ・サローネでも発表された長坂常(スキーマ建築計画)の「SHIBARI」、ドリルデザインのディスプレイブックシェルフ「TOTE」、角田陽太の「ガラス玉ホルダー」他、ミナ ペルホネンの新作テキスタイルを使ったコロロスツール(ミナ ペルホネンコラボレーション)も発表します。 (http://www.ichirodesign.jp

参加デザイナー: トラフ建築設計事務所、スキーマ建築計画、角田 陽太、ドリルデザイン、野本 哲平、Design Soil(岩元 航大)、山家 明、TAKT PROJECT、ENERGY MEET ※順不同
会場スタイリング: 作原文子


■特別上映
「FLYING BODIES」2 日間限定 特別上映
デザイナー三宅一生が企画した伝説的な公演「青森大学男子新体操部」を追ったノンフィクションフィルム 「FLYING BODIES」(中野裕之監督作品)の2日間限定特別上映を行います。約8 か月ぶりとなる東京での上映をお見逃しなく。

「FLYING BODIES」: 昨年大きな話題となった「青森大学新体操部」公演は、たった1 夜限りの特別なイベントだった。演出家ダニエル・エズラロウの総合演出のもと気鋭のクリエイターが集結し、青森大学新体操部の選手たちと一体となった。集まった観客約3000 人は見た事の無いパフォーマンスに驚き、笑い、感動に涙した。止まらぬ拍手の渦、鍛え上げられた肉体とその身体表現で会場は至福の空間と化した。男子新体操の世界に新たな表現の可能性をもたらしたこの公演に向け、選手たち、そしてコーチ陣が何を感じ、何を考え、何に悩みながら日々練習に取り組んだのか?公演本番まで約3 ヶ月に及ぶ挑戦の日々を、中野裕之監督のカメラが追ったノンフィクションフィルム。

FLYING BODIES a Hiroyuki Nakano Nonfiction Film 中野裕之監督作品(78 分/ ステレオ)/出演:青森大学新体操部/ナレーション:豊原 功補/音楽:OPEN REEL ENSEMBLE /編曲:畑中 正人/撮影協力:キャノン株式会社、キャノンマーケティングジャパン株式会社、アクアジオグラフィック株式会社 ©2013 FLYING BODIES 製作委員会 (www.flyingbodies.jp)

日程: 2014 年11 月1 日(土)・2 日(日)
時間: 19:30 ~(上映時間78 分) ※ 一般展示閉場後
場所: BAtoMA information 会場(表参道ヒルズ 本館 地下3 階 スペース オー)
ゲスト: 映画監督 中野 裕之
※ ご観覧の際は「場と間 vol.07」の入場チケットをご提示ください。
※ 当日11:00 から受付にて整理券を配布します。(先着90 名分)
※ 来場者多数の場合は入場を規制する場合があります。ご了承ください。


■ワークショップ
タイトル:" The Cutlery Lab " CLOSE YOUR EYES and KISS YOUR CUTLERY
世界的なハウスウェアブランド「ALESSI(アレッシィ)」が、豊富なコレクションをもつ“カトラリー” にフォーカスしたワークショップを開催します。“make everyday happy” をコンセプトに「食とデザインとアート」をクロスオーバーさせ活動するユニットholiday とともに、ワ
ンスプーンのコースを楽しむ目隠しレストランをオープン。視覚を閉ざし、握ったときの感触や口あたり、舌触りなど、五感を通してカトラリーと向きあうことで新たな驚きや発見が生まれます。(http://www.alessi.jp

日時: 2014 年10 月31 日(金) 15:30~/16:30~ 2 回 ※ 各回 約15 ~ 20 分
2014 年11 月2 日(日) 11:30~/12:30~/13:30~/14:30~/15:30~/
16:30~/17:30~ 7回 ※ 各回 約15 ~ 20 分
場所: BAtoMA information 会場(表参道ヒルズ 本館 地下3 階 スペース オー)
料金: 500 円(税込) ※ 別途「場と間vol.07」の入場チケットが必要となります。


■トークイベント「 窓 -MADO-」
頭の中をのぞきこむような、見知らぬ土地の窓を開ける時のような、わくわくした驚きや発見が得られるトークイベント「窓 -MADO-」。各界のスペシャリストをディレクターに迎え、イベントテーマである「Color」を「FOOD」「DESIGN」「CITY」「SPACE」の4 つの角度からアプローチします。「食」と「アート」を結ぶ新感覚スペース「ROCKET」が「FOOD」を、クリエイティブシーンで活躍するプレスオフィス「dailypress」が「DESIGN」を、そして「場と間」が「CITY」と「SPACE」をキーワードに、それぞれが「いま話を聞きたい!」と思うゲストをコーディネー
トし、毎日3 枠(最終日は2 枠)計11 枠のトークイベントを開催。ゲストたちが用意する数々の写真と、そこから生まれる会話から、インテリアやライフスタイル、デザインについて考えるきっかけが生まれます。


■DIRECTOR’ S PROFILE:
ROCKET(ロケット)
1996 年 若手を中心としたアートカルチャー発信の空間として誕生。2011 年に「食」と「アート」を結ぶ新感覚スペースとして原宿の中心に位置する隠れ家的な一軒家でリニューアルし、様々なクリエイターのエキシビジョンをはじめ、フードを中心としたクリエイターの発表の場、展示に連動したメニューの提供、ケータリングなど、従来のギャラリーにはない活動を行う。(http://www.rocket.jp

dailypress(デイリープレス)
デザインを軸として、ライフスタイル全般に関連するものづくりや活動を行う方たちとメディアの間に立ち、総合的なパブリック・リレーションを行うアタッシュ・ド・プレス。過去にはDESIGNTIDE TOKYO のPR も担当し、現在は、ALESSI、カリモクニュースタンダード、三越伊勢丹、伊千呂などをクライアントに持つ他、ミラノサローネに出展する企業のPR も担当する。(http://dailypress.org

BAtoMA(場と間)
場と間とは、展示会イベントを中心に、各界の才能や企業、地域が出会う企画を編集し、想像力が集う「場(場所)」を通して、街や生活の中へ創造力のある「間(空間)」を広げていく、共創(シェア・クリエイティブ)型コンサルティングチーム。「場と間」主催の他、イベント企画・プロデュースを行う。(http://www.batoma.com


■街歩きのためのインフォメーションボード
街歩きをするためのインフォメーションボード「TOKYO INDEX」。都内でおすすめのインテリア・ライフスタイルショップ、インテリアのプロが教えるピックアップ情報、デザインイベントの情報を紹介するとともに、来場者自身も情報発信を行うことができる参加型展示です。訪れた人々が情報を追加していくことで日々内容が更新され、この時この場所だけの情報が集う場所となります。


■クリエイターズフォトギャラリー
「BAtoMA Creator’ s Photo Gallery」 presented by SONY
昨年発売され話題の「レンズスタイルカメラ」QX シリーズや、人気のコンパクトカメラ「サイバーショット」など個性豊かなソニーのカメラを持った各界のクリエイターたちが自由自在に日常を切り取り、「場と間 クリエイターズフォトギャラリー」に集まります。アート、デザイン、ファッション、フードの世界をリードする約10 名のクリエイターたちが、どのようにカメラを操りどのような風景を捉えるのか、まるで頭の中をのぞきこむような写真展をお楽しみください。
参加クリエイター一例: 諏訪 綾子(フードアーティスト)/二俣 公一(インテリアデザイナー)/
llot llov(インテリア・プロダクトデザイナー) 等 約10 名


■オリジナルスムージーバー
Vitamix × BAtoMA オリジナルスムージーバー
アメリカで90 年の歴史を持つホールフードマシーン「Vitamix(バイタミックス)」から、場と間限定スムージーバーが登場します。カラフルなヘルシースムージーの他、場と間オリジナルスムージーを限定販売。また、毎日11:00 ~12:30 に開催するワークショップでは、用意された中から自由に選んだ素材で実際にVitamixを触りながら作る、自分だけの特別な朝スムージーを楽しめます。

日程: 2014 年10 月31 日(金)~11 月3 日(月・祝)
時間: [ ワークショップ] 11:00 ~ 12:30
   [ スムージーバー] 12:30 ~ 18:00 ※11 月3 日は16:30 まで
場所: BAtoMA information 会場(表参道ヒルズ 本館 地下3 階 スペース オー)
価格: [ ワークショップ] 600 円(税込)
   [ スムージーバー] 400 円(税込)
   ※ 別途「場と間vol.07」入場チケットが必要。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ラフォーレ原宿
  4. >
  5. インテリアを楽しむ秋のイベント「場と間 vol.07」 10月31日(金)~11月3日(月・祝)ラフォーレ原宿・表参道ヒルズで初の2会場同時開催!