四街道市による『ドラマチック四街道プロジェクト』公式サイトへ、Webフォントサービス「FONTPLUS」導入

SBT
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、公益財団法人 四街道市地域振興財団と、千葉県四街道市(市長:佐渡 斉、以下四街道市)が共同運営する『ドラマチック四街道プロジェクト』の公式サイト『ドラマチック四街道』( http://www.dramaticyotsukaido.com/ )に、Webフォントサービス「FONTPLUS(フォントプラス)」が導入されたことをお知らせします。













■ ドラマチック四街道について
ドラマチック四街道は、四街道市のシティプロモーションとして展開されている『ドラマチック四街道プロジェクト』の公式サイトです。 “四街道市の魅力を、街に暮らす人々の暮らしのなかから発信していく”というコンセプトのもとに、「人」や「暮らし」にスポットを当てたWebサイトとして運営されています。

FONTPLUSの導入により、ドラマチック四街道は更新作業の負荷を軽減するとともに、美しい文字表現での効果的なブランディングを実現しています。


■ 導入の背景
ドラマチック四街道は、サイト開設時よりFONTPLUSを導入しています。開設にあたっては、「コンセプトを伝えるために、サイト全体のデザイントーンを統一する」「継続的な発信を行えるよう、更新作業を効率化する」という二つの条件が重要視され、その条件を満たすサービスとして、Webフォントの導入が決定されました。

使用フォントの選定は特にこだわって行われ、さまざまなフォントを検討する中で、サイトのイメージに合う「筑紫A丸ゴシック」(フォントワークス社)を使用できることから、FONTPLUSが採用されるに至りました。

▼ サービス導入に関する詳しい情報は以下のWEBサイトをご参照下さい。
http://webfont.fontplus.jp/contents/exampleview/I-g7GqVWRWk%3D

▼FONTPLUSに関する詳しい情報は以下のWEBサイトをご参照ください。
http://webfont.fontplus.jp/


SBTは、今後もFONTPLUSのサービス向上へ積極的に取り組み、Web表現のひろがりを推進してまいります。


■ 四街道市について
千葉県四街道市は千葉県の北部に位置し、約9万人の市民が暮らすまちです。昭和30年、千代田町と旭村が合併し四街道町が誕生し、昭和40年代前半から大型団地ができ首都圏のベッドタウンとして急速に人口が増加するとともに、自然と都市機能が調和したまちとして成長してきました。昭和56年、市制が施行され新たな歩みを開始。四街道市では市民が共に未来を創造するまちづくりを推進しています。地名の由来は、JR四街道駅から南西へ500mほど行った四街道十字路の傍らに駒方方形の道標石塔が建っており、四つの街道が交わっていることに由来しています。


■ 四街道市 概要(平成26年2月1日現在)
市役所所在地 :〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地
市制施行 :1981年4月1日
人口 :91,144人
世帯数 :37,503世帯
面積 :34.70km2
URL :http://www.city.yotsukaido.chiba.jp/index.html


■ 公益財団法人 四街道市地域振興財団 概要
所在地 :〒284-0001 千葉県四街道市大日396
URL :http://yotsu-foundation.or.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. SBT
  4. >
  5. 四街道市による『ドラマチック四街道プロジェクト』公式サイトへ、Webフォントサービス「FONTPLUS」導入