~「昭和50年代生まれの男性とドラゴンクエストIX に関する調査」~

~ライフネット生命、「昭和50年代生まれの男性とドラゴンクエストIX に関する調査」~

  ドラクエ経験率は89.2%、最も印象に残っているのは「ドラクエIII」が圧倒的
    ドラクエIX満足度1位「ルーラの消費MPが0」不満度1位「カジノがない」
  ドラクエIX「すれ違い通信」都市部は「通勤通学途中」地方は「自宅・友人宅」
「リサイクルストーン」実世界で元に戻したいのは「人生や過去」「時間」「環境/自然」
    一緒にゲームをしたい有名人は「有野晋哉」「中川翔子」「高橋名人」
……………………………………………………………………………………………………………
main image
 インターネットを活用して新しい生命保険サービスを提供するライフネット生命保険株式会社(URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 出口治明)は2009年12月11日~12月14日の4日間、ライフネット生命の契約者に占める割合の高い“昭和50年代に生まれた男性”テレビゲームユーザーに対し、「昭和50年代生まれの男性とドラゴンクエストIXに関する調査」をモバイルリサーチで実施し、1000名の有効回答を得ました。


■■アンケート総括■■

◆ RPGといえば? 30代前半では「ドラクエ派」4分の3弱
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昭和50年代に生まれた25歳~34歳の男性テレビゲームユーザー(※)1000名に対し、RPG(ロールプレイングゲーム)と聞いて思い浮かぶゲームタイトルを自由回答形式で聞いたところ、全体の66.7%が「ドラゴンクエストシリーズ」、23.5%が「FINAL FANTASYシリーズ」と回答しました。

 年齢別でみると、20代後半(25-29歳)では57.0%が「ドラゴンクエストシリーズ」で、30.1%が「FINAL FANTASYシリーズ」となったのに対し、30代前半(30-34歳)では73.3%が「ドラゴンクエストシリーズ」で全体よりも6.6ポイント高いという結果になり、「ドラクエ派」が4分の3弱を占める結果となりました。

(※)「テレビゲームユーザー」は、携帯ゲーム機・ネットゲームのプレイヤーを含むものとし、プレイ頻度が「普段まったくしない」という層を除くものと定義します。



◆ ドラクエ経験率は89.2%、最も印象に残っているのは「ドラクエIII」が圧倒的
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 全回答者1000名に対し、遊んだことのあるドラゴンクエストシリーズを複数回答形式で聞いたところ、全体で「ドラゴンクエストIII」76.5%、「ドラゴンクエストIV」71.4%、「ドラゴンクエストV」66.9%という結果になりました。一方、「遊んだことのあるものはない」は10.8%となり、89.2%が何らかのドラクエシリーズを遊んでいたことがわかりました。

 次に、ドラゴンクエストシリーズを遊んだことのある892名に最も印象に残っている作品を単一回答形式で聞いたところ、全体で「ドラゴンクエストIII」が41.1%でトップとなりました。年齢別でみると、30代前半では「ドラゴンクエストIII」が47.9%と全体よりも6.8ポイント高く、半数弱を占める結果となりました。

この「ドラゴンクエストIIIそして伝説へ…」は、1988年2月10日の発売日、量販店の前に数キロメートルの長蛇の列ができるなど社会現象を巻き起こしたことで知られますが、ドラクエIIIのプレイ経験やドラクエIIIへの思い入れを持っている層の多さから、昭和50年代生まれの男性の当時の熱狂ぶりや夢中になっていた状況がうかがえる結果となりました。



◆ ドラクエIX「満足」83.6%、満足度1位「ルーラの消費MPが0」不満度1位「カジノがない」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ドラゴンクエストシリーズで過去最高の販売本数を更新した「ドラゴンクエストIX星空の守り人」の満足度を、ドラゴンクエストIXをプレイしたことのある298名に単一回答形式で聞いたところ、総合満足度では83.6%が「満足(「とても満足」と「満足」の合計)」と回答しました。

 尚、満足度の高かった項目は1位「ルーラの消費MPが0」で「満足」が88.6%、次いで、「ストーリーやシナリオ」では84.3%、「シンボルエンカウント方式」では82.2%となりました。一方不満度の高かった項目は1位「カジノがない」で「不満(「とても不満」と「不満」の合計)」が82.8%、次いで、「冒険の書が一つ」では82.2%、「ギラ/デイン系の呪文がなくなった」では81.2%という結果になり、ドラクエシリーズでおなじみの「カジノ」や「ギラ/デイン系の呪文」はプレイヤーにとって、大きな魅力であることがわかりました。



◆ 最も役に立つ“裏技”は「まさゆきの地図」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ドラゴンクエストIXをプレイしたことのある298名にドラゴンクエストIXで最も役に立つ“裏技”を単一回答形式で聞いたところ、全体の27.9%が「まさゆき地図などの宝の地図で簡単レベルアップ」、次いで「中断技でレアアイテムをゲット」10.7%という結果になりました。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県」(グラフでは「都市部」と記載し分類)とそれ以外の地域(グラフでは「地方」と記載し分類)の間で、最も役に立つ“裏技”に対する認識では大きな地域差は認められないという結果になりました。



◆ 「すれ違い通信人数」地域で大差 「通勤通学途中」ですれ違い通信56.3%
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 都市部は「通勤通学途中」地方は「自宅・友人宅」ですれ違い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 「すれ違い通信人数1,000人以上」4.0%
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ドラゴンクエストIXをプレイしたことのある298名にすれ違い通信の合計人数を単一回答形式で聞いたところ、地域で大きな差がみられました。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県」では、「100人~500人未満」が28.5%であったのに対し、それ以外の地域では「100人~500人未満」が6.3%で、「5人以下」が27.7%という結果になり、すれ違い通信人数は地域の人口の多さに影響を受けていることがうかがえました。

 次に、すれ違い通信をしたことのある240名にどこですれ違い通信を行っていたかを複数回答形式で聞いたところ、全体では「通勤通学途中」が56.3%でトップとなりました。地域別でみると、「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県」では「通勤通学途中」72.7%、「駅構内」41.3%、「家電量販店」37.3%の順であったのに対し、それ以外の地域では「自宅・友人宅」35.6%、「駅構内」32.2%、「家電量販店」30.0%の順となりました。また、すれ違い通信の合計人数が「1,000人以上」は、全体の4.0%という結果になりました。



◆ 「リサイクルストーン」使用経験18.5% 実世界で元に戻したいのは「人生や過去」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ドラゴンクエストIXをプレイしたことのある298名に、武器等を錬金失敗前の元の状態に戻す「リサイクルストーン」の利用について単一回答形式で聞いたところ、「使ったことがある」18.5%、「持っているが、使うつもりはない」34.9%と回答しました。また、「既婚/婚約している」男性では「リサイクルストーン」の保有経験率 (「使ったことがある」21.2%と「持っているが、使うつもりはない」39.4%の合計) が60.6%となっており、全体よりも7.2ポイント高い結果となりました。人生の伴侶の存在は、プレイのスタイルに影響を与えるのでしょうか?

 次に、ドラゴンクエストIXをプレイしたことのある298名に、実世界で元に戻したいものを自由回答形式で聞いたところ、1位は「人生/過去」で47名、次いで「時間」33名、「環境/自然」23名となりました。4位の「人間関係」、5位の「車」や8位の「お金」を抑えて、「環境/自然」が3位となり、昭和50年代生まれの男性の環境問題意識が高い状況を推測できる結果となりました。



◆ Wiiの所有率 「既婚/婚約している」男性4割
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 全回答者1000名に対し、所有しているゲーム機を複数回答形式で聞いたところ、全体では「プレイステーション2(PS2)」67.4%と「ニンテンドーDS」62.7%が過半数を超える所有率となりました。また、女性との交際状況別でみると、「既婚/婚約している」男性では「Wii」の所有率が全体よりも10.1ポイント高い40.0%という結果になり、家庭を持つ(または持つ予定)の男性のWii所有率の高さが明らかになりました。



◆ 「オンラインゲーム/ネットゲーム」今後遊んでみたい22.0%
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 全回答者1000名に対し、オンラインゲーム/ネットゲーム、ケータイゲーム(モバゲーやGREEなど)、携帯ゲーム機(DSやPSPなど)、据え置き型ゲーム機(WiiやPS3など)、アーケードゲーム(ゲームセンターなど)のそれぞれのプレイ意向を単一回答形式で聞いたところ、「オンラインゲーム/ネットゲーム」については、22.0%が「遊んだことはないが、今後遊んでみたい」と回答し、今後のオンラインゲーム/ネットゲーム業界の伸びが予測される結果となりました。



◆ 一緒にゲームをしたい有名人1位は「ゲームセンターCX 有野課長」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 全回答者1000名に一緒にゲームをしたい有名人を自由回答形式で聞いたところ、ゲームセンターCXの課長「有野晋哉」が11.7%で1位となりました。また、レトロゲームに詳しい「中川翔子(4.7%)」が2位となり、1980年代~90年代にかけて「16連射」などの特技でファミコン名人として話題となった「高橋名人(3.1%)」が3位にランクインしました。また眞鍋かをり、松嶋菜々子、優香、上戸彩、ベッキー、草なぎ剛、井上聡、二宮和也、伊集院光、戸田恵梨香、ほしのあき、矢口真理が上位15位にランクインしました。




■■調査概要■■

■調査タイトル:昭和50年代生まれの男性とドラゴンクエストIXに関する調査
■調査対象:ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする25歳~34歳の男性テレビゲームユーザー
■調査期間:2009年12月11日~12月14日
■調査方法:モバイルリサーチ
■調査地域:全国
■有効回答数:1000サンプル
■実施機関:ネットエイジア株式会社


■■報道関係者様へのお願い■■
本リリース内容の転載にあたりましては、「ライフネット生命調べ」という表記をお使い頂けますよう、お願い申し上げます。

■会社名    :ライフネット生命保険株式会社
■代表者名   :代表取締役社長 出口 治明
■設立     :2006年10月
■所在地    :東京都千代田区麹町二丁目14番地2 麹町NKビル
■業務内容   :インターネットを利用した生命保険の販売
■ホームページ :http://www.lifenet-seimei.co.jp/

ライフネット生命保険株式会社
マーケティング部:松岡 TEL:03-5216-7900

調査協力会社
ネットエイジア株式会社
担当:高橋

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ライフネット生命について URL: http://www.lifenet-seimei.co.jp/

 ライフネット生命保険は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「どこよりも正直な経営を行い、どこよりもわかりやすく、シンプルで便利で安い商品・サービスの提供を追求する」という理念のもとに設立された、インターネットを主な販売チャネルとする新しいスタイルの生命保険会社です。インターネットの活用により、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。徹底した情報開示やメール・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。


◆ 会社及び商品の詳細は http://www.lifenet-seimei.co.jp/ をご覧下さい。
◆ お客さまの問い合わせ窓口: TEL 0120-205566
  受付時間:平日9時-22時、土曜日9時-18時、(年末年始、日曜、祝日は除く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ライフネット生命保険株式会社
  4. >
  5. ~「昭和50年代生まれの男性とドラゴンクエストIX に関する調査」~