日本気象協会、「tenki.jp」をリニューアル~詳しい天気予報を手軽に無料で!~

 一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦、以下「日本気象協会」)は、2016年1月18日(月)、無料で利用できる天気予報専門サイト「tenki.jp(てんきじぇーぴー)」(注)をリニューアルします。

【今回のリニューアルのポイント】
1.天気の詳細情報を利用する際のログインが不要となります。
2.いままでより詳細な天気予報を確認できるようになります。
3.市区町村ごとの予報種類の切り替えをワンストップで利用できるようになります。

1. ログイン不要で詳細な天気予報へ気軽にアクセス可能
 「tenki.jp」ではこれまでも、「市区町村単位1時間ごと」の詳細な天気予報サービスを提供していました。しかし、同サービスを利用する場合は、ソーシャルアカウント(Facebook、Twitter など)を利用したログイン(ソーシャルログイン)が必要でした。
 利用者の方からの要望もあり、今回のリニューアルにて詳細情報利用の際のログインが不要となるよう機能改善を行いました。今後はソーシャルログインを行う手間無く、「tenki.jp」の利用者は気軽に「市区町村単位1時間ごと」の詳細な天気予報サービスを利用できるようになります。

2.いままでより詳細な天気予報を確認できる

(1)天気予報提供箇所が従来の142地点から全国の市区町村1,916地点に増加
 これまで日本気象協会では、「tenki.jp」にて全国142地点を対象に「1日ごとの天気予報」「今日明日の天気」ならびに「10日間天気」を提供してきました。今回のリニューアルにより、対象地点が全国の市区町村1,916地点に増えました。



(2)「10日間天気」がより詳しく

 「10日間天気」では、従来1日ごとの天気予報を提供してきましたが、今回のリニューアルで6時間ごとの詳細な天気予報を提供していきます。また、新たに降水量・湿度・風向・風速の予報要素を追加しました。

 

 また上記(1)(2)以外にも、3時間ごと・1時間ごとの天気予報の予報期間が明後日まで伸びるなどの機能拡張を行いました。

 

3.サイト構成を整理し、ワンストップサービスを実現
 対象地点が統一されたことで、市区町村ごとに天気予報の種類(今日明日・3時間ごと・1時間ごと・10日間天気)の切り替えを、同一階層でワンストップにて行うことができるようになりました。

注:「tenki.jp」    http://www.tenki.jp

日本気象協会が発表する気象情報を、いつでもご覧いただけるようにWebサイト、アプリを通じて全て無料で発信している天気予報専門サイト。
年間ページビュー数は約15億PV、月間最大ページビューは約1億8,000万PV(2015年7月)。
生活に欠かせない天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報も確認できます。
気象予報士が日々更新する「日直予報士」も人気コンテンツ。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本気象協会
  4. >
  5. 日本気象協会、「tenki.jp」をリニューアル~詳しい天気予報を手軽に無料で!~