100インチのスクリーンと超短焦点プロジェクターを組み合わせたディスプレイシステムを発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、大日本印刷株式会社(代表取締役社長:北島義俊、以下DNP)のスクリーンボード新製品「JETBLACK-STS」と、キヤノンの超短焦点プロジェクター「LV-WX300UST」を組み合わせたディスプレイシステムを、2015年12月2日より発売します。

ディスプレイシステム(JETBLACK-STS・LV-WX300UST)


■ ディスプレイシステム(JETBLACK-STS・LV-WX300UST)製品ページ
http://cweb.canon.jp/projector/jetblack-sts/index.html


ディスプレイシステムは、100インチの大画面スクリーンに明るい部屋でも映像を高コントラストで鮮明に映し出すことができるDNPのスクリーンボード新製品「JETBLACK-STS」と、十分な投写距離の確保が難しい狭小スペースでも大画面投写が可能なキヤノンのパワープロジェクターシリーズの超短焦点モデル「LV-WX300UST」を組み合わせた製品です。液晶ディスプレイと同等な品位の画像をより低価格で導入することが可能で、オフィスでの大画面ディスプレイやエントランス・商業施設でのインフォメーションディスプレイ、イベントでのデジタルサイネージのほか、頻繁に模様替えを行う店舗など幅広いニーズに対応します。

■ 高コントラスト・高画質を実現するブラックスクリーンボード
光学設計技術や微細なレンズ成型技術などを活かし、コントラストと視認性を向上させたスクリーンを用いています。照明や外光など光の反射を抑え、プロジェクターからの投写光のみを視聴者側に反射する設計となっているため、明るい場所でも画面が白っぽくならず高コントラストに投影できます。液晶ディスプレイと同等な品位の画像をより低価格で導入することが可能で、ボードタイプ、スタンドタイプのいずれかを選べます。厚さ40mm、重量30kg(同サイズの液晶ディスプレイの約4分の1)と薄型・軽量で持ち運びしやすく容易に設置が可能です。

■ 短い設置距離で大画面投写が可能な超短焦点プロジェクター
投写面まで短い設置距離で大画面を投写することができるため、オフィスのミーティングスペースや商業施設など、十分な投写距離の確保が難しい狭いスペースでも利用することができます。
また、10Wのステレオスピーカーを2つ内蔵し、HDMIケーブル1本でデジタル映像と臨場感のあるサウンドを視聴することができます。

 

製品名 価格 発売時期
ディスプレイシステム
(JETBLACK-STS・LV-WX300UST)
オープン価格 2015年12月2日


<本件に関するお問い合わせ先>
キヤノンお客様相談センター:050-555-90071
プロジェクターホームページ:http://cweb.canon.jp/projector/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノンMJ
  4. >
  5. 100インチのスクリーンと超短焦点プロジェクターを組み合わせたディスプレイシステムを発売