商品やサービスを意味的価値で差別化「社会をよくするマーケティング™」を提供開始

~利他性マーケティング(TM)とCSR視点でマーケティング戦略をサポート~

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区 代表取締役兼CEO 五十嵐 幹 以下当社)は、企業活動を生活者視点から分析するフレームワーク「RITA‐Analysis™」による分析結果に基づき、CSR視点を加えたマーケティング戦略を提案するサービスパッケージ「社会をよくするマーケティングTM」を、CSRコンサルタント 安藤光展氏と共同で提供開始しました。
平成28年3月2日
株式会社クロス・マーケティング
===============================================
商品やサービスを意味的価値で差別化
「社会をよくするマーケティング™」を提供開始
~利他性マーケティング(TM)とCSR視点でマーケティング戦略をサポート~
===============================================

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区 代表取締役兼CEO 五十嵐 幹 以下当社)は、企業活動を生活者視点から分析するフレームワーク「RITA‐Analysis™」による分析結果に基づき、CSR視点を加えたマーケティング戦略を提案するサービスパッケージ「社会をよくするマーケティングTM」を、CSRコンサルタント 安藤光展氏と共同で提供開始しました。

近年、日々の生活の利便性を向上すべく、企業はさまざまな商品、サービスを展開しています。一方で、市場に広がった商品やサービスの多くは、関連する情報がインターネットを中心に数多くあることにも起因し、生活者がそれぞれの特長や内容を認識し、購入に当たって適切な選択をすることが難しくなっています。また、商品やサービスのコモディティ化、その結果の価格競争もあり、生活者自身も、意志を持って選択しなければならない商品やサービス、高関与商品が少なくなってくることが予測されます。

この市場環境に対し、当社は、お客様の商品やサービスにCSR視点という付加価値を加えたマーケティング戦略を提案するサービスパッケージ「社会をよくするマーケティングTM」の提供を開始しました。本パッケージは、当社研究機関であるクロスラボが開発した、自分以外のために行動を行う利他性※に注目したフレームワーク「RITA-AnalysisTM」を用いて分析した結果に基づき、CSRコンサルタントの安藤光展氏がコンサルタントとしてマーケティング戦略をサポートするものです。

本パッケージは、「社会をよくしたい」「社会の役に立ちたい」という生活者が潜在的に持つ意識を「RITA-AnalysisTM」で把握し、それに基づいた生活者視点でのCSRという付加価値を加えたマーケティング戦略を実行できることで、お客様の商品やサービスを選ぶ意味を提供し、市場における差別化、特長付けに寄与します。

なお、本パッケージでマーケティング戦略に付与する価値は、長期にわたり積み上げていくことができるため、商品・サービスのブランディング、企業イメージの醸成にも寄与します。

今後も当社は、生活者視点による心理学的研究を通じた、ソーシャルベネフィット志向型の企業活動を支援するユニークなフレームワークやメソッドを提供していきます。

※ 利他性:自分にコスト(損失、犠牲)が生じてでも、他者の利益向上を図ろうとする心理的傾向
クロス・マーケティング クロスラボ研究員コラム http://www.cross-m.co.jp/crosslab_column/20151215.html
 
【会社概要】
商号:株式会社クロス・マーケティング
代表者:代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
設立:2003年4月1日
主な事業:マーケティングリサーチ事業
URL:http://www.cross-m.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社クロス・マーケティング
  4. >
  5. 商品やサービスを意味的価値で差別化「社会をよくするマーケティング™」を提供開始