横浜市民ギャラリーコレクション展2016「風景ーそれぞれのまなざし」

さまざまな時代の、さまざまなアーティストがとらえた、さまざまな風景、約70点。

横浜の市民のためのアート拠点、横浜市民ギャラリー。
年に一度開催する「コレクション展」が今年も始まります。
今年のテーマは「風景」。
いろんな人の心象風景をめぐる小さな旅をしてみませんか?

森兵五 《風景》 1987年 油彩、キャンバス 91.0×65.7cm

 

「横浜」を核に広げていった収蔵作品のかずかず
横浜市民ギャラリーは、市民の美術活動の普及と応援を目的として1964年に開設されました。
これまでに、日本の現代美術を紹介する年次の企画展や、海外姉妹友好都市との交流展、横浜にゆかりのある作家の個展など、さまざまな展覧会をおこなってきました。
展覧会や作家との交流を通じて収蔵した作品は、日本画、油彩画、版画、写真、彫刻など、およそ1,300点におよびます。
横浜市民ギャラリーでは、年に一度「コレクション展」を開催し、所蔵作品を公開しています。


4つの見地から「風景」をとらえる展覧会
2016年は「風景」をキーワードに、1940年代から1990年代に制作された作品およそ70点が展示されます。
風景は、美術の主題として描かれ、写されてきました。
視野にとらえた自然や事物をすべて画面に写したり、現実にはない理想的・幻想的な世界を描いたり、目の前の光景を自らの印象のままに表出するなど、作家があらわす「風景」はさまざまです。
展覧会は、〈具象〉〈幻想〉〈印象〉〈日常〉の4つの章により構成され、風景表現の多様な展開をたどっています。


横浜を愛した柳原良平の特集展も

柳原良平 《新港埠頭赤煉瓦倉庫》 1978年 ポスターカラー、紙 72.2×102.5cm

アンクルトリスの生みの親として知られる柳原良平。

洒脱な画風が愛されて、広告や装丁にたくさんの作品を残しています。
30代半ばから昨年亡くなるまでの約50年に渡り柳原良平は横浜に住み、港や船を愛し、たくさんの風景を描きました。
今回の展覧会では、彼が1978年の「ヨコハマ漫画フェスティバル」に出品した全8作品が特別展示されます。

イラストに描かれた横浜の名所、旧跡を巡りましょう。
 

横浜市民ギャラリーコレクション展2016 風景-それぞれのまなざし

【会 期】2016年3月4日(金)~3月20日(日)   ※会期中無休
【開催時間】10:00~18:00(入場は17:30まで)
【会 場】横浜市民ギャラリー展示室1・B1
【入場料】無料

詳しくはこちら→http://ycag.yafjp.org/our_exhibition/collection-2016/
 

 


関連イベント① クロストーク「風景を撮る」

土田ヒロミ 《砂を数える》 1981年 ゼラチン・シルバー・プリント 28.8×42.7cm

本展に出品している「砂を数える」シリーズをはじめ、「ヒロシマ」「BERLIN」「フクシマ」など、継続的に風景を撮り続けている写真家、土田ヒロミ。

明治大学教授で写真批評家の倉石信乃と「風景を撮る」をテーマにクロストークを繰り広げます。

 

クロストーク「風景を撮る」
【出 演】土田ヒロミ(写真家)、倉石信乃(明治大学教授)
【日 時】3 月5 日(土)14:00-15:30
【会 場】横浜市民ギャラリー4 階アトリエ
参加無料、申込不要


 

関連イベント② 横浜市民ギャラリー展覧会カタログ市

 

会期中、展示室の受付にて、横浜市民ギャラリー開設時から2000 年代にかけておこなわれた展覧会のカタログが特別販売されます。
現在では手に入り難い、希少な資料を購入できる機会です。
※本展終了後、横浜市民ギャラリーでは過去の展覧会カタログの販売をおこないません。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団
  4. >
  5. 横浜市民ギャラリーコレクション展2016「風景ーそれぞれのまなざし」