ニット作家eccominの『3色糸のふわふわポーチ作りワークショップ』開催

パステルカラーの糸をつかった春らしい色使い かばんの中に春を呼び込む、春色ポーチを手作り!

2月に入り、季節外れの暖かい気温の日が多くなってきました。
春に向けて洋服や靴、身の回りの小物を新調しようとしている方、また、何かを手作りすることに挑戦したいと考えている方。そんな方々へ耳寄りなお知らせです。

いつもかばんに入れて持ち歩くポーチを、手作りしてみませんか。
 

 

2015年秋に『手編みのちいさなバッグとポシェット』(誠文堂新光社刊)を発売したeccominさん。雑誌や書籍へのデザイン提供や作品制作、ワークショップ、編み物教室を行う傍ら、作家の作品を取り扱う『chocolate syrup on shoe』の店主でもある注目を集めるニットデザイナーです。

このeccominさんが講師を務める『3色糸のふわふわポーチ作りワークショップ』が、今週末の2月20日(土)に開催されます。
 


『手編みのちいさなバッグとポシェット』に掲載している作品「ミニトート」をアレンジした「編みのポーチ」。セレクトされた数種類の糸セットからお好みの色を選んでスタートし、メリヤス編みでひたすら編んで編んで編み進めていきます。そして途中で糸を変えて3色づかいに仕上げれば、eccominテイストの春色ポーチが完成します。


そのまま使ってもよいですが、参加特典のオリジナルくるみボタンを好きな場所につけ、もう一つの参加特典の編みひもでくるくる巻けば、さらに凝ったデザインに仕上がりますよ。
 

完成品はこちら!(くるみボタンと編みひもを付けました)


お化粧ポーチにしたり文具を入れて使ってもよし。デジタルカメラや文庫本も入りますね。
手編み特有のやわらかい手触りとやさしいデザインによって何とも言えない愛着が生まれます。
友達や家族にプレゼントしても喜ばれそうです。

ワークショップはメリヤス編みができればどなたでも参加OK。
また「メリヤス編みをなんとなく忘れてしまった…」という方もeccominさんがわかりやすく教えてくれるので安心して参加していただけます。

 

 

編み物は冬だけと思っている方も多いかもしれませんが、糸の種類や色を変えるだけで、一気に春らしさが満開になります。
編み物は苦手という方も、基本のメリヤス編みだけで作る小さなサイズの作品ならば挑戦しやすいはず。
春からの新生活にむけて、春色ポーチ作りにぜひ参加してみてください。

日 時:2月20日(土) 11:00~13:00
場 所:アーツ千代田3331(ものことひと市)
時 間:2時間
定 員:12人
参加費:4,320円(糸代含む)
eccomin特製オリジナルくるみボタン&編みひも付き
対 象:メリヤス編みができる人。うろ覚えでもOKです。
持ち物:8号棒針、とじ針

チケット購入はこちら(http://bit.ly/1mGJnIJ

『手編みのちいさなバッグとポシェット』
Amazon:http://amzn.to/1KNTTms
 

【ものことひと市イベント概要】
開催日:2016年2月20日(土)・21日(日)
時 間:10時30分~19時 (21日のみ18:30閉場)
会 場:アーツ千代田3331(3331 Arts Chiyoda)http://www.3331.jp/
入 場:無料 ※ワークショップやトークショーは有料・要予約
詳 細:http://monokotohito.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社誠文堂新光社
  4. >
  5. ニット作家eccominの『3色糸のふわふわポーチ作りワークショップ』開催