日本酒ブーム継続中か。日本酒の飲用率は全体の約6割 今は飲んでいなくても、今後日本酒を飲んでみたい20代女性は約4割

飲酒・日本酒に関する調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する20歳~69歳の男女を対象に「飲酒・日本酒に関する調査」を実施しました。

 

平成28年3月28日
株式会社 クロス・マーケティング

======
日本酒ブーム継続中か
日本酒の飲用率は全体の約6割

今は飲んでいなくても、
今後日本酒を飲んでみたい20代女性は約4割

<飲酒・日本酒に関する調査>
======

◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒http://www.cross-m.co.jp/report/sk20160328/

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する20歳~69歳の男女を対象に「飲酒・日本酒に関する調査」を実施しました。


■調査結果(一部抜粋)
●男女別に見た最も好きなお酒では、男性が39.4%、女性が27.2%でそれぞれ【ビール】がトップとなった。男性は【焼酎】(11.2%)、【日本酒】(9.8%)と続き、女性は【ワイン】(17.2%)、【サワー、酎ハイ】(13.4%)と続き、ビール以下の好みが分かれる結果に <図1>

男女別最も好きなお酒


●日本酒の好意度では【日本酒は好き】が49.9%で最も高く、全体のほぼ半数が日本酒好きと判明。次いで、【どちらでもない】が25.3%、【日本酒は好きではない】が24.8%となった。また、【日本酒は好き】と回答した人を性年代別に見ると、男性が70.0%、女性が52.0%で、男女ともに60代が日本酒好きが最も多い年代であることがわかった。次いで、男性は50代が64.0%、女性は20代が47.0%で多い <図2>

日本酒の好意度・性年代別日本酒好きの割合

 

●日本酒の飲用率では、【日本酒を飲む】が56.8%、【日本酒は飲まない】が43.2%でやや日本酒飲用者の方が多い。【日本酒は飲まない】と回答した人のうち、今後の飲用意向の有無では、【飲んでみたいと思わない】が40.3%でもっと高く、【どちらとも言えない】が36.1%、【飲んでみたいと思う】は23.6%となった。しかし、【飲んでみたいと思う】と回答した人を性年代別にみると、20代女性の【飲んでみたいと思う】割合が40.4%と高く、若い女性が日本酒に興味を持っていることがうかがえる <図3>
 

日本酒の飲用率・性年代別今後の日本酒の飲用意向


■調査内容

□ 属性設問(性別・年齢・居住地・婚姻状況・子の有無・同居者・職業、勤務形態)
□ よく飲むお酒(MA)
□ 最も好きなお酒(SA)
□ 飲酒量の増減
□ 飲酒に関するエピソード(FA)
□ 日本酒の飲用率(SA)
□ 日本酒の好意度(SA)
□ 日本酒飲用の頻度(SA)
□ 日本酒飲用の理由(MA)
□ 日本酒飲用のシーン(MA)
□ 日本酒飲用歴(SA)
□ 日本酒飲用のきっかけ(SA)
□ 日本酒飲用時の食事(MA)
□ 日本酒の選択基準(MA)
□ 好きな日本酒の種類(SA)
□ 日本酒のイメージ(MA)
□ 日本酒の非飲用理由(MA)
□ 今後の日本酒の飲用意向(SA)

■調査概要
調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域 : 一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)
調査対象 : 20~69歳の男女、普段飲酒をする人
調査期間 : 2016年3月19日(土)~3月21日(月)
有効回答数: 1,000サンプル

【会社概要】
会社名  :株式会社クロス・マーケティング  http://www.cross-m.co.jp/
所在地  :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立   :2003年4月1日
代表者    :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :マーケティングリサーチ事業

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社クロス・マーケティング
  4. >
  5. 日本酒ブーム継続中か。日本酒の飲用率は全体の約6割 今は飲んでいなくても、今後日本酒を飲んでみたい20代女性は約4割