クラウドワークス、塩尻市振興公社「クラウドディレクター育成事業」を受託 地域ディレクターの育成を実施し、就労機会を提供

~在宅就労希望者が自立して働ける環境づくりを支援します~

株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田浩一郎 以下「当社」)は、一般財団法人塩尻市振興公社(長野県塩尻市 理事長:髙木仁樹 以下「塩尻市振興公社」)の「クラウドディレクター育成事業」を受託し、ディレクター育成ならびに在宅就労機会の提供を行うことをお知らせいたします。

1.背景とねらい
長野県塩尻市は、1996年に全国初の会員1万人規模の市営プロバイダ事業を開始、市が運営するデータセンターをもつなど、ITを活用した取り組みに力を入れる自治体として知られています。このような背景のもと、塩尻市振興公社は、ITを活用した在宅就労支援プロジェクト「KADO(かどう)」を2010年に立ち上げました。現在、「KADO」では、データ入力やWeb制作、チラシ制作、写真のデジタルアーカイブなどの業務を中心した在宅就労支援を行っていますが、就労希望者数に比べて提供できる仕事の量が不足していることが課題となっています。

こうした中、全国11万社を超える企業が仕事を依頼する日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する当社が塩尻市振興公社の「クラウドディレクター育成事業」を受託。本事業では、クラウドソーシングで発注された業務を小さな単位に分解して多くの在宅ワーカーに提供するとともに、納品物の品質管理を行う「クラウドディレクター」を育成します。クラウドディレクターの配置により「KADO」登録ワーカーの納品物のクオリティが担保されることで、クラウドソーシングで発注される仕事を安定的に獲得できる体制を目指します。

今後、当社では塩尻市振興公社と連携し、クラウドディレクター育成を推進することで、クラウドワークスを通じた就労機会の提供を行い、就労希望者が自立して働ける環境づくりを行ってまいります。


2.事業概要
事業名:塩尻市振興公社クラウドディレクター育成事業
事業概要:
(1)クラウドワークス本社でのOJTプログラムの実施
(2)塩尻市在住者に向けたクラウドソーシングという就労形態の周知
(3)クラウドワークスを通じた就労機会の提供

3. 株式会社クラウドワークスについて
当社は、「”働く”を通して人々に笑顔を」をミッションに、インターネットで仕事を受発注することができる日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)」を展開しております。2015年11月現在76万人を超える登録ユーザーにご利用いただいており、クライアント数は上場企業をはじめ11万社に達し、経産省・国交省・外務省・総務省・環境省・農水省・厚生労働省の政府7省を筆頭に、40以上の行政関連団体にもご利用いただいております。2014年12月 東証マザーズ上場【証券コード3900】。日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」選出、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークスタイル革新賞(審査委員会特別賞)受賞、2015年度グッドデザイン・未来づくりデザイン賞 受賞。「クラウドワークス」を通じて企業に柔軟な人材活用の選択肢を提供するとともに、仕事・教育・社会保障の提供を通じて、個人で働く人々が多様な働き方を自由に選択できる新しい時代の働くインフラの構築に取り組んでまいります。

 

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設 立:2011年11月11日
事業:クラウドソーシング事業
資本金:1,690,680千円
URL:https://crowdworks.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社クラウドワークス Email:info@crowdworks.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. クラウドワークス
  4. >
  5. クラウドワークス、塩尻市振興公社「クラウドディレクター育成事業」を受託 地域ディレクターの育成を実施し、就労機会を提供