日本初!ネットスーパー受け取り用冷蔵ロッカーを駅構内に設置

2016年1月12日(火)、東横線綱島駅構内にて試験的に運用を開始します

 東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)と株式会社東急ストア(以下、東急ストア)は、東横線綱島駅改札前に冷蔵ロッカーを設置し、東急ストアネットスーパーの商品をお客さまの都合が良い時間に受け取ることができるサービス(以下、本サービス)を、2016年1月12日(火)から試験的に開始します。

 東急ストアネットスーパーは、東急ストア店頭の商品を、東急電鉄のホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」の「ベルキャスト」(配送スタッフ)が商品をご自宅にお届けするサービスです。ネットスーパーを利用する方には、「職場や電車の車中でお買物し、駅前で受取りたい」「レジ待ちはしたくない」といったニーズがありました。

 本サービスは、多くの方が利用する駅改札口前に受け取り用冷蔵ロッカーを設置することで、ネットスーパーの利便性を高めるとともに、時間節約志向のお客さまのニーズに応えることを目的に実施するものです。実施場所については、2016年1月8日(金)に東急ストア綱島駅前店が閉店し、お客さまから「お買物が不便になる」との声をいただいたことから、東横線綱島駅で実施することとしました。

 

 

両社は、今後も日常の生活を便利で快適にするサービスを提供し、沿線価値向上に取り組んでいきます。本サービスの詳細は別紙の通りです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 東急電鉄
  4. >
  5. 日本初!ネットスーパー受け取り用冷蔵ロッカーを駅構内に設置