アルテラ、 Stratix 10 SoCにクアッドコア64 ビットARM Cortex-A53の搭載を発表

● Stratix® 10 SoC: インテルの 14nm トライゲート・プロセスで製造、業界で最も汎用性の高いヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームを実現

アルテラ・コーポレーションは、米国時間 10 月 29 日 (日本時間: 10 月 30 日)、インテルの 14nm トライゲート・プロセスで製造される Stratix® 10 SoC デバイスに、浮動小数点 デジタル・シグナル・プロセッシング(DSP)ブロックと高性能 FPGA ファブリックを補完する、高性能クアッドコア 64 ビット ARM® Cortex™-A53 プロセッサ・システムを採用したことを発表しました。

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間 10 月 29 日 (日本時間: 10 月 30 日)、インテルの 14nm トライゲート・プロセスで製造される Stratix® 10 SoC デバイスに、浮動小数点 デジタル・シグナル・プロセッシング(DSP)ブロックと高性能 FPGA ファブリックを補完する、高性能クアッドコア 64 ビット ARM® Cortex™-A53 プロセッサ・システムを採用したことを発表しました。

この汎用性の高いヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームは、OpenCL を含む、アルテラの先進的なシステム・レベルのデザイン・ツールと組み合わせて使用することで、データセンターのコンピューティング・アクセラレーション、レーダー・システム、通信インフラストラクチャなどの広範なアプリケーション向けに、類いまれな適合性、性能、電力効率、設計生産性を提供します。

ARM Cortex-A53 プロセッサは、SoC FPGA では初めての採用となる64ビット・プロセッサで、その性能、電力効率、データ処理能力、先進機能から、Stratix 10 SoC に最適なプロセッサです。Cortex-A53 は、ARM社のアプリケーション・クラス・プロセッサの中で、最も電力効率に優れたプロセッサの一つですが、14nm トライゲート・プロセスで提供時には、現在最も高い性能を発揮する SoC FPGA と比較して、6倍以上のデータ処理能力を実現します。また、仮想化、最大 256 テラバイトのメモリ範囲、L1 および L2 キャッシュでのエラー・コレクション・コーディング(ECC)のサポートなど、重要な機能も提供します。さらに、Cortex-A53 コアは、Cortex-A9 オペレーティング・システムとコードを変更せずに実行できる32ビット・モードで動作でき、アルテラの 28nm および 20nm SoC FPGA からの、円滑なアップグレード・パスを提供します。

ARM 社のプロセッサ部門担当エグゼクティブ・バイスプレジデントおよびゼネラル・マネージャのトム・クロンク(Tom Cronk)氏は、「アルテラが、最先端のヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームを開発するために、DSP および FPGA プロセッシング・エレメントを補完する最適なソリューションとして、最小消費電力の64ビット・アーキテクチャを採用したことを大変嬉しく思います。Cortex-A53 プロセッサは、業界先進の優れた電力効率と卓越した性能水準を提供し、ARM 社の エコシステムと革新的なソフトウェア・コミュニティによりサポートされています」と述べています。

インテルの14nm トライゲート・プロセスと強化された高性能アーキテクチャを採用したアルテラのStratix 10 SoCは、既存の28nm ハイエンドFPGAの2倍となる1GHz以上のプログラマブル・ロジック性能を備えています。
エンベデッド・リサーチ・ファームの大手であるリンリー・グループの主席アナリスト、リンリー・グエンナップ(Linley Gwennap)氏は、「ハイエンド・ネットワーキングおよび通信インフラは、消費電力効率を上げながらシステム性能を最大化すべく、ヘテロジニアス・コンピューティング・アーキテクチャへの移行が急速に進んでいます。シリコン・コンバージェンスならびに高位デザインツール・サポートというStratix 10 SoCでの取り組みによって、アルテラは、ヘテロジニアス・コンピューティング•プラットフォームの提供の最前線に立つことになります」と述べています。

アルテラは、第三世代SoCポートフォリオの全製品に ARM プロセッサを標準搭載することで、ソフトウェア互換性と、ツールとオペレーティング・システムをサポートする共通の ARM エコシステムを提供します。組込みシステムの開発者は、業界唯一の FPGA 対応デバッグ・ソフトウェアである ARM® Development Studio 5(DS-5™)Altera® Edition ツールキット・ソフトウェア を含む、アルテラの SoC エンベデッド・デザイン・スイート(EDS) を使用することで、デバッグ・サイクルを短縮でき、またアルテラの OpenCL 向け ソフトウェア開発キット(SDK)を使用することで、OpenCL 高級言語を使用したヘテロジニアスな実装が可能となります。

アルテラのコーポレート・ストラテジおよびマーケティング担当シニア・バイスプレジデントのダニー・ビラン(Danny Biran)は、「Stratix 10 SoC により、設計者は新しい技術を取り入れながら、迅速な市場投入を可能にする、汎用性の高い強力なヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームを利用できるようになります。複雑で高性能なアプリケーションにとって、シリコン・コンバージェンスは最善のソリューションであることから、Stratix 10 SoC にはお客様から大きな期待が寄せられています」と述べています。


アルテラ・コーポレーションについて
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983 年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988 年に NASDAQ に上場しました。FPGA、SoC、CPLD、ASIC など、カスタム・ロジックの分野におけるテクノロジ・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は 1990 年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本における PLD 市場でトップシェアを維持しています。
アルテラの FPGA/CPLD、ASIC に関する詳細情報は、同社ウェブ・サイト(www.altera.co.jp)をご覧ください。Facebook、Twitter、LinkedIn、Google+、RSS でも情報提供を行っています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本アルテラ株式会社
  4. >
  5. アルテラ、 Stratix 10 SoCにクアッドコア64 ビットARM Cortex-A53の搭載を発表