ディズニー・チャンネル「ティーン・ビーチ2」主演マイア・ミッチェルの初来日に女子中高生が号泣!

習字体験やファンイベント等でファンとたっぷり交流 、「日本大好き!」と再来日を約束!

全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中のディズニー・チャンネルは、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作「ティーン・ビーチ2」(7月25日放送)のプロモーションのため、ロス・リンチと共に主演を務め今人気上昇中の若手女優マイア・ミッチェルが初来日し、日本のファンと交流を楽しみました。
 

ファンイベントにて ©Disney

 

2013年に放送され世界中で大人気となった前作「ティーン・ビーチ・ムービー」で、主人公のマッケンジー役を射止めブレイクしたマイア・ミッチェル。7月15日~19日の来日期間中に数々の媒体取材をこなしつつ、100名あまりのファンが待ち受ける中での有村昆さんがMCを務める情報番組「J:テレスタイル」(J:COM)への生出演、ファンイベントへの登壇を果たすなど、2日間にわたるプロモーション活動を精力的にこなしました。

 18日(土)に行われたにファンイベントでは、2000人以上の応募者の中から抽選で100名が招待され、来日を待ち望んでいたファンとコミュニケーションを楽しみました。大歓声で迎えられ登場したマイアは、作品に対する思いや撮影秘話などをにこやかに語り、ファンからの「日本のイメージはどうですか?」という質問に対し「みんなやさしくて親切で、日本に恋をしたって感じよ(笑)絶対また日本に戻って来て、今度はもっとゆっくりして京都にも行きたいわ。さっき飲んだお味噌汁はアメリカのものとは全然違ったの(笑)もうアメリカの和食には戻れないわ!」などと答えました。そして最後にはサプライズ企画として会場のファン全員とハイタッチを行ったところ泣き出すファンも続出し、会場は熱気に包まれました。

 そのほか日本の中学生と一緒に書道に挑戦したり、ディズニーストアや原宿で買い物を楽しむなど、日本を満喫したマイアは、あらたに日本で購入したスーツケースにファンからの手紙やプレゼント、買い物をしたお土産などをたくさん詰め込んで、アメリカへと旅立ちました。

 マイア・ミッチェルはオーストラリア出身の21歳で、本シリーズで注目の存在となり、現在はジェニファー・ロペスが製作総指揮を務め注目されているドラマシリーズ「フォスター家の事情」にもメインキャラクターとして出演中で、その活躍の場を広げています。キュートなルックスに加えて得意の歌とダンスで注目を集め、ここ日本でも人気上昇中です。マイア・ミッチェルの魅力あふれる青春胸キュンストーリー「ティーン・ビーチ2」は、7月25日(土)19:30より日本初放送です。是非、ご覧ください!
 

日本の中学生と 習字を初体験 ©Disney

「ティーン・ビーチ2」
7月25日(土)19:30~21:30 日本独占初放送!
 

©Disney

夏休みに60年代ビーチ・ミュージカル映画の世界に迷い込むという不思議な体験をしたブレイディとマッケンジー。現実へ戻り、新学期を迎えた二人の前に突如、今度は映画の世界で出会った仲間たちが現れます!60年代から来たサーファーやバイカー仲間たちとの感動の再会も束の間、ブレイディとマッケンジーは彼らを一刻も早く映画の世界に帰さねばならず・・・。歌や踊りが満載の青春ビーチムービーをお楽しみください!

■キャスト
【ブレイディ】ロス・リンチ 【マッケンジー】マイア・ミッチェル

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  4. >
  5. ディズニー・チャンネル「ティーン・ビーチ2」主演マイア・ミッチェルの初来日に女子中高生が号泣!