仏大手酒類卸デュガ社へ広島県産日本酒の輸出開始

3月20日 神戸港を出港予定

フランス全土のワインショップ・食品スーパー・レストラン等に販路を有する酒類卸デュガ社が同社初となる日本酒の取扱開始を決定。広島県日本酒ブランド化促進協議会加盟の4蔵元に対して合計7商品(計4千2百本)の発注があり,デュガ社向けにフランスに輸出することになりました。
協議会では,平成26年5月の設立以降,広島県産日本酒のブランド化を図るため,フランスでの「広島フェア」他見本市等への出展や,国際料理教育機関ル・コルドン・ブルー・パリ校及び東京校での「広島日本酒セミナー」の開催等に取り組んできました。

デュガ社には,平成27年7月に広島県知事と協議会加盟蔵元3社が訪問して広島県産日本酒の取扱いを要請し,フランスでの日本酒の振興について相互に協力することに合意しました。

その後,取扱商品の選定を経て,今回の発注となりました。(当面,デュガ社は広島県産日本酒のみを取り扱うため,次の7銘柄がデュガ社が取扱う日本酒のラインナップとなります。)

今後,デュガ社と協議会が協力してフランスの日本酒マーケットの拡大に力を注いでいくこととしており,今回の発注が契機となり,フランスでの広島県産日本酒の販売が加速していくことを期待しております。

【輸出スケジュール】
 ・3月20日(予定) 神戸港を出港
 ・5月 1日(予定) 仏ルアーブル港到着(以降デュガ社の販売ルートを通じて販売)

【輸出銘柄について】
○㈱三宅本店〔呉市〕    (商品名)千福 神力 生もと 純米 無濾過原酒85,千福 純米酒
○盛川酒蔵㈱〔呉市〕    (商品名)白鴻 純米大吟醸50 沙羅双樹,白鴻 純米酒 70桃ラベル
○藤井酒造㈱〔竹原市〕   (商品名)龍勢白ラベル 純米吟醸,龍勢 和みの辛口 特別純米酒
○賀茂泉酒造㈱〔東広島市〕 (商品名)賀茂泉 造賀 純米酒

(参考情報)
【広島県日本酒ブランド化促進協議会について】
〇設立:平成26年5月        〇会長:㈱三宅本店 代表取締役社長 三宅清嗣
〇会員:県内9蔵元と広島県で構成  〇事務局:広島県海外ビジネス課
【仏酒類卸デュガ社について】
〇1980年に現社長フランソワ-グザヴィエ・デュガ氏により設立されたスピリッツ中心の
酒類卸。本社はパリ市ベルシー。全国約3700のワインショップ等に販路を有する。〇近年20%を超える成長を続けており,2014年の売上げは37百万ユーロ(約50億円)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 広島県
  4. >
  5. 仏大手酒類卸デュガ社へ広島県産日本酒の輸出開始