日本コーンスターチ<食品ノウハウを化粧品に応用>

~澱粉業界トップシェアメーカーの日本コーンスターチ 食品メーカーとして培ったノウハウを化粧品分野へ応用~

総合澱粉メーカーとしてコーンスターチをはじめ化工澱粉、糖化製品などの製造・販売を手がける日本コーンスターチ(東京都港区、代表取締役社長 倉地聡一郎)はこの度、食品事業で培った技術の多領域展開戦略の成果として、ライススターチ(米澱粉)が化粧品の原材料として採用されたことを発表致しました。
日本コーンスターチ株式会社

総合澱粉メーカーとしてコーンスターチをはじめ化工澱粉、糖化製品などの製造・販売を手がける日本コーンスターチ(東京都港区、代表取締役社長 倉地聡一郎)はこの度、食品事業で培った技術の多領域展開戦略の成果として、ライススターチ(米澱粉)が化粧品の原材料として採用されたことを発表致しました。

同社のライススターチは国内産米から精製した澱粉で、(1)粒子の細かさ(2)吸油性(3)保水性(4)安全性(5)従来の化粧品原料に比べ安価、といった点で優れており、化粧品への応用が期待されていた原料です。

この度の発表はアロインス化粧品(大阪府大阪市住吉区、代表取締役社長 橋本守正)の新製品である保湿ジェル『肌キューピット パーフェクトインゲル』に同社のライススターチが採用されたもので、これまで外資系化粧品会社の石鹸やマスカラの原料として配合されていた例はありますが、保湿ジェルというカテゴリーにおけるライススターチの成分配合は業界初となります。

アロインス製薬(アロインス化粧品の研究部門)の研究室室長の十河和秀氏は「安全性の重視される昨今、日本人に馴染みの深い米という素材のイメージや、他の化粧品原料に劣らない吸油性や油分の保持力、独特の感触といった特性を理由にライススターチを採用した」と語る。

日本コーンスターチは今件を契機として、化粧品業界における需要拡大を見込み、石鹸やベビーパウダーなど他の分野への展開を推進させていく予定。


■製品名
「肌キューピット パーフェクトインゲル」

■化粧品内カテゴリー
「保湿ジェル」

■販売価格
オープン価格

■本製品の機能について
本製品は従来独立した下記の4機能を、集約させた保湿ジェルであり、時間とコストの節約に
効果を発揮致します。
①化粧水・・・乾燥しがちな肌に水分を補い、お肌にうるおいをあたえる
②乳液・・・水分・油分を補い、柔らかなうるおい肌を柔らかなうるおい肌に整える
③美容液・・・乾燥からお肌を保護、角質層の内外からしっとりと潤った肌に整える
④化粧下地・・・お肌のキメを整え、肌をなめらかに保つ

■会社概要

<日本コーンスターチ>
社 名:日本コーンスターチ株式会社
代表者:代表取締役社長 倉地 聡一郎
本社所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目11番44号 赤坂インターシティ3階
電 話:TEL(03) 5570-7000(代)
創 業:慶応3年
設 立:昭和37年9月20日
資本金:1億円
売上高:730億円(2008年8月期)
従業員数:300名(2009年1月現在)
事業内容:コーンスターチ,糖化製品,化工澱粉,コーンサラダオイル,副産物およびその他関連製品の製造・販売
URL    : http://www.nihon-cornstarch.com/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本コーンスターチ株式会社
  4. >
  5. 日本コーンスターチ<食品ノウハウを化粧品に応用>