「フォーラム認知症カフェを考える」を開催します

認知症の人とその家族らが集まって交流する「認知症カフェ」。朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、その可能性や認知症ケアの将来をテーマに「フォーラム認知症カフェを考える」を7月25日(土)午後2時30分~5時まで、朝日新聞大阪本社アサコムホールにて開きます。
「フォーラム認知症カフェを考える」
◇日時:7月25日(土)午後2時30分~5時
◇会場:朝日新聞大阪本社アサコムホール
(大阪・中之島フェスティバルタワー12階)
◇プログラム
・講演:「認知症カフェの作り方・使い方」京大医学部付属病院医師・武地一さん
・対談:「認知症カフェ、そして認知症ケアの未来」NPO法人・認知症の人とみんなのサポートセンター代表・     沖田裕子さん、 武地一さん
◇定員:200人(多数の場合抽選)。無料
◇申し込み 「フォーラム認知症カフェを考える参加希望」と明記し、名前(フリガナ)、性別、年齢、住所、電話番号、職業・立場(認知症本人、医療職など)を書いて、
はがき(〒104・8011 朝日新聞社CSR推進部)またはファクス(03・3541・8999)
電子メール(csr-t@asahi.com)にて「認知症カフェを考える係」まで。
◇締め切り:6月21日必着
◇主催: 朝日新聞社、朝日新聞厚生文化事業団
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社朝日新聞社
  4. >
  5. 「フォーラム認知症カフェを考える」を開催します