レピカのポイントカードシステム「point+plus」が伊豆・伊東の鮮魚を提供する和食店「紺碧の海」で採用~旬の情報を届けるとともにポイント付与で再来店を促す~

カード・メール事業を中心に企業向けの販促ソリューションを提供する株式会社レピカ(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下、レピカ)は、株式会社龍名館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浜田敏男 以下、龍名館)が展開する伊豆・伊東で水揚げされた産地直送鮮魚を提供する和食店「紺碧の海」において、サーバ管理型のポイントカードシステム「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたことを発表いたします。
龍名館が手掛ける和食店「紺碧の海」では、お客様へのサービス強化と再来店促進を狙い、サーバ管理型のポイントカードシステム「point+plus」を導入するに至りました。2月8日(月)よりカードの提供を開始いたします。

ポイントカードの会員情報に基づいて、お誕生日特典や旬のお知らせをメールで配信することにより、会員の満足度を高め、ファン層の取り込みにつなげたいとしています。なお、通常、ご飲食代の1%のポイントを付与、会員登録で3000ポイントが付与されます。 カードは即時発行でき、発行手数料は無料です。

 

■カード概要

カード名称:紺碧の海 Member's Card

発行手数料:無料
ポイント付与:飲食代金(税抜き)の1%
ポイント利用:500ポイント以上、500ポイント単位で精算時に利用可能
その他特典:会員登録時に3000ポイントを付与

■レピカの「point+plus」について
「point+plus」は、カードを用いて、ハウスポイントや電子マネー機能、顧客データに基づくメール配信機能を付加することができる店舗向け販売促進ソリューションです。ポイントを貯める機能にとどまらず、ポイントカードを作る際に登録いただく顧客情報(お誕生日やメールアドレスなど)を活かし、そのお客様が欲しいお得な情報をメールで配信できる点が大きな特徴となっています。さらに、リアルタイムでのカード利用実績取得機能も備えているため、データにもとづいたキャンペーンの実施等、タイムリーなマーケティング活動を可能にします。
【URL】http://www.repica.jp/pointplus/

■「紺碧の海」について
「紺碧の海」は、伊豆最大の定置網漁業であり、1500種類以上の魚介が収穫される「伊東漁港」直送の食材を使った鮮魚創作和食居酒屋です。「伊豆・いとう地魚王国」の提携第一号店として、伊豆・伊東の魅力を活かした和食を提供しています。魚の一匹売りも行っており、好みに応じた料理をお楽しみいただけます。
【URL】http://konpeki-no-umi.jp/

<株式会社龍名館 会社概要>
会 社 名:株式会社龍名館(Ryumeikan Co.,Ltd.)
U R L:www.ryumeikan.co.jp/
所 在 地:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4
設   立:昭和32年6月
資 本 金:50,000,000円
代表取締役社長:浜田 敏男
事業内容:ホテル・飲食店・不動産経営

<株式会社レピカ 会社概要>
会 社 名:株式会社レピカ(repica inc.)
U R L:http://repica.jp/
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル別館
設   立:2006年8月16日
資 本 金:330,100,000円
代表取締役社長:岩井 陽介
事業内容 :
•【カード事業】ポイント、プリペイド等のカード機能を備えたダイレクトマーケティングツール「point+plus」、及びそれに関わるSI・アプリケーションの開発・提供・運営
•【メール事業】高速メール配信ソリューション「repicaシリーズ」の開発・提供・運営
•【データセキュリティ事業】個人情報検出ソフト「P-Pointer」の開発・提供・運営


※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アララ
  4. >
  5. レピカのポイントカードシステム「point+plus」が伊豆・伊東の鮮魚を提供する和食店「紺碧の海」で採用~旬の情報を届けるとともにポイント付与で再来店を促す~