アミューズグループがファッションビジネス進出。エシカル・バッグブランド「MODECO」の商品をプロデュース!

株式会社アミューズの子会社 株式会社アミューズエデュテインメントが、
未使用のまま廃棄される素材を活用したファッション・バッグブランドの商品の開発・プロデュースを行います。

 

総合エンタテインメント事業を展開する株式会社アミューズの子会社 株式会社アミューズエデュテインメントが、未使用のまま廃棄される素材を活用したファッション・バッグブランドの商品の開発・プロデュースを行います。

株式会社アミューズエデュテインメントは東京・浅草で複合型アート施設アミューズミュージアムを運営すると同時に、アート・エンタテインメントの制作ノウハウを活用した商品開発事業を行っていますが、今回の取り組みは2013年創業のエコグッズ製造販売会社サリーレーベル株式会社と資本提携を行い、同社のエシカルバッグブランド「MODECO」の商品を共同で開発、販売を行うものです。

「MODECO」の商品は、消防士の制服、車のシートベルト、タイヤのチューブ、フローリングの床材などの規格外品を素材としてバッグや財布等に応用したもので、アップサイクルすることで「新しい価値をもった知性的な商品」として人気を呼んでおり、大丸松坂屋など、すでに全国4軒の直営店で販売されています。またこれまでにNHK総合「あさイチ」、TBS系「はなまるマーケット」、日本テレビ系「未来シアター」、テレビ東京系「ガイアの夜明け」などで取り上げられるなどメディアでも大きな話題を呼んでいます。

アミューズグループでは、廃材を用いてバッグを製造・販売する他のブランドの大多数が、メンズ商品を主力にしていることに対して、「MODECO」はレディース商品を主体としていることに市場での優位性と独自性を認めて資本提携に至っていますが、同時にこれまでアミューズが培ってきたアーティストと一緒にアイデアを練ってヒットを生み出していくマネジメントノウハウやメディアプロモーション能力などのリソースを活かして、エンタテインメントとは異なるファッション分野、注目されるソーシャルビジネス分野への進出していく第一歩だとも捉えています。今後も株式会社アミューズエデュテインメントでは、世界中から多くの観光客が集まる浅草の地で日本の文化を発信するアミューズミュージアムでの事業はもちろん、様々な企業との連携を通じて皆様に喜んで頂けるソーシャルプロダクツをお届けしてまいります。
 

 











【MODECO(モデコ)】
ファッションの未来に愛を込めて ~Ecology & Fashon~

MODECOとはモード×エコの意味。
製造工場で発生する端材や規格外の素材などの有効活用を日本国内で先駆的に行い、高いモード性を伴うデザインで国内外での高い評価を受ける次世代型エコロジーブランド。多種多様な端材・廃材から発想されるコレクションは人の目を惹くユニークさを持ちながらも、どんなスタイルにも適応する普遍性を持つ。製品はすべて国内の工場で製造される日本製。大手ブランドとのコラボレーション実績も多数。デザイナー兼ブランド代表の水野浩行は1985年名古屋市生まれ。音楽活動を経たのち、製造の場での素材の大量廃棄を目の当たりにしたことがきっかけで2013年にサリーレーベル株式会社を立ち上げ、エシカルバッグブランドMODECOをスタートさせる。

【MODECO公式サイト】
https://www.modeco-brand.com/

 

【オリジナル商品販売サイト】
http://store.cinra.net/feature/detail.php?postid=2402

【MODECO ショップリスト】
◆名古屋大須本店 〒460-0011愛知県名古屋市中区大須2-30-7 ☎052-253-8800
◆松坂屋上野店   〒110-8503東京都台東区上野3丁目29番5号 2Fハンドバッグ売場
◆大丸京都店     〒600-8511 京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地1Fハンドバッグ売場
◆松坂屋静岡店   〒420-8560 静岡市葵区御幸町10番地の2 本館3Fハンドバッグ売場


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アミューズ
  4. >
  5. アミューズグループがファッションビジネス進出。エシカル・バッグブランド「MODECO」の商品をプロデュース!