クラブツーリズム『 2016年 旅の思い出 カレンダー 』 が完成  当社旅行情報誌 「旅の友」 新年号(12月1日発行)に同封

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:戸川和良)のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)では、「2016年クラブツーリズムカレンダー写真コンテスト」に応募いただいた8,000点を超えるお客様の作品の中から選ばれた受賞8作品を掲載した「2016年旅の思い出カレンダー」を制作いたしました。このカレンダーは12月1日発行の当社旅行情報誌「旅の友」新年号に同封し、全国約300万世帯のクラブツーリズムのお客様にお届けします。
 クラブツーリズムは、写真コンテストの受賞作品をカレンダーに採用することによって、お客様の自己実現を支援しています。この取り組みは年々応募者が増え、5年目となる本年は、昨年(6,353点)を大きく上回る8,094点もの応募をいただきました。応募されたお客様の年齢層は60代、70代の方が多くを占めながら、全体の9割以上がインターネットで応募されており、シニアのインターネット利用が浸透してきていることもうかがえます。
 今回のカレンダーのテーマは「私が見つけた感動の一枚」。大賞作品『天国に一番近い教会』や優秀賞作品『煌めく夜桜』、『念願』など、国内外の四季折々の風景や伝統文化の美しさが伝わる作品ばかりです。クラブツーリズムでは、日ごろよりテーマのある旅として写真講師が同行する撮影ツアーを実施していますが、お客様の中には、高い撮影技術を持ち、写真を趣味とされる方も多いことから、このたびのコンテストにも季節の彩りを織り込んだ、旅情溢れる秀逸な作品が数多く寄せられました。

カレンダー表紙

「2016年旅の思い出カレンダー」 各月のページに、大賞1作品、優秀賞2作品、佳作5作品の計8作品が掲載されています。A4判16ページ、見開き2か月分。部屋のどこにでも飾りやすい壁掛けタイプのカレンダーです。 使用後は写真部分を切り取り、文庫本カバーとして再利用でき、また巻末には、切り離して持ち歩けるポケットサイズの『名城100選』マップがついています。 ※詳細は、ホームページ(12月1日公開予定)をご覧ください。 ​
( 検索 ⇒ クラブツーリズム  カレンダー )
http://www.club-t.com/omoide/cal-contest/cal2016/

 なお、本年の「クラブツーリズムカレンダー写真コンテスト」は、最終選考と入賞した全8作品の講評を、日本を代表する自然写真家の水越武氏に依頼しました。自然や伝統文化の素晴らしさを捉えた入賞作品に対して、温かな講評をいただき、入賞者にとっては次回への応募意欲を高める大きな励みとなっています。
※旅写真大募集 http://www.club-t.com/omoide/entry/  ( 検索  ⇒  クラブツーリズム  応募 )

  クラブツーリズムは、お客様の自己実現を支援し、心豊かないきいきとした時を楽しむ機会を提供し、これからも出会い、感動に満ち溢れ、旅仲間との絆も深められる“価値ある旅”を提案してまいります。


<参考資料:「2016年クラブツーリズムカレンダー写真コンテスト」入賞作品・結果発表>
 ※受賞者コメントおよび水越武氏による講評は、当社ホームページをご覧ください。

◆◆◆大賞作品◆◆◆ (賞品:クラブツーリズムの旅10万円相当)
  ●『天国に一番近い教会』 兵庫県  Dobbyさん

 

 

◆◆◆優秀賞作品◆◆◆ (賞品:クラブツーリズムの旅5万円相当)
  
●『煌めく夜桜』 兵庫県  今田 裕さん

 

  ●『念願』 滋賀県   宮城 真由さん

 

 

 

◆◆◆佳作◆◆◆ (賞品:クラブツーリズムの旅1万円相当)
  
●『のぼり竜の山桜』 兵庫県  村越 久喜さん

 

  ●『ウユニ塩湖』 東京都   市川 光男さん

 
  ●『初夏の花園』  神奈川県   薬師 郁男さん


  ●『厳冬の丘』  大阪府  高崎 三枝子さん

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. クラブツーリズム株式会社
  4. >
  5. クラブツーリズム『 2016年 旅の思い出 カレンダー 』 が完成  当社旅行情報誌 「旅の友」 新年号(12月1日発行)に同封