ガイアックス、地元の人と交流ができる地域体験予約サイト「TABICA(タビカ)」の提供を開始

~ご当地観光体験のネット予約と着地型観光の普及を見込む~

株式会社ガイアックスは、地域ならではの観光体験(アクティビティやオプショナルツアー)を掲載・予約できるマーケットプレイス「TABICA(タビカ、http://tabica.jp/)」β版の提供を開始いたしました。
 

地元の人と交流ができる地域体験予約サイト「TABICA(タビカ)」


株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)は、地域ならではの観光体験(アクティビティやオプショナルツアー)を掲載・予約できるマーケットプレイス「TABICA(タビカ、http://tabica.jp/)」β版の提供を開始いたしました。

● 新しい観光の形として世界で注目される「着地型観光」向けサービス
従来の旅行会社が企画する「発地型観光」と異なり、観光客の受け入れ先の地域が独自のプログラムを作成し、現地集合・解散する「着地型観光」が注目されています。日本での市場規模は現在331億円(※1)となります。海外では着地型観光に特化したオンラインプラットフォーム「GetYourGuide(http://www.getyourguide.com)」が多くのサイト訪問者を獲得しています。

観光名所めぐりなどの定型的なパッケージになりやすい発地型観光と比較し、旅行会社ではなく地域の人が企画する着地型観光は、地域の文化や自然に根ざした体験を楽しむことができます。

ガイアックスは、今後日本でも市場拡大が予想される着地型観光に着目し、地域ならではの観光体験(アクティビティやオプショナルツアー)を掲載・予約できるマーケットプレイス「TABICA」の サービスを開始いたします。地方からの発進力や集客力を高める、地方の新しい魅力発信が始まります。

※1 観光庁「着地型著効市場現状調査報告(2011年)」による。


● 地元の人とふれあいながら、多岐に渡る地域独自の体験が可能
TABICAに登録した地域の人が提供する観光体験は多岐に渡ります。今後、2015年3月末までに50程度の観光体験の企画が掲載される予定です。

サイト訪問者は、TABICAに掲載されたコンテンツから興味のあるものを予約し、当日現地で地元の人に案内されながら体験を楽しみます。地元の人1~3人に対し、旅行客5~10人程度の少人数でのコンテンツとなるため、コミュニケーションがとりやすく、従来の一般的なツアーより密度の濃い交流を楽しむことができます。料金は、日帰りで昼食もしくは夕食込みの6500~7500円程度を予定しております。

TABICAは今後、2015年3月末までに東京都、山梨県、長野県を中心に50の企画を予定しており、月間3万人のサイト訪問を見込んでいます。観光名所以外の国内旅行を促進させ、地域貢献を応援してまいります。


● 観光体験例
・創業150年の老舗の味噌職人に教わる、無農薬大豆を使った甲州味噌作り体験 
・全国200カ所以上の絵地図を描く絵地図師が案内する、浅草の裏側散策


■ 株式会社ガイアックス 概要
設立:1999年3月5日
資本金:1億円
代表執行役社長:上田 祐司
従業員数:128名
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル8F
事業内容:ソーシャルメディア構築・運営・モニタリングとソーシャルアプリサポートなど、
ソーシャルメディアとソーシャルアプリに関わるすべての業務を提供
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ガイアックス
  4. >
  5. ガイアックス、地元の人と交流ができる地域体験予約サイト「TABICA(タビカ)」の提供を開始