株式会社ワンダーテーブル:2月の春節に向けたインバウンド対策

しゃぶしゃぶすき焼き食べ放題「モーモーパラダイス」や「鍋ぞう」で中国語対応

株式会社ワンダーテーブルは、第7次中期経営計画(2015~2017)の目標の一つとして、グローバル対応を強化し、外国人ゲストを拡大することを掲げています。具体的には、当社店舗をご利用いただいている年間26万人の外国人ゲストを、2020年までに、36万人以上に増やします。今年度は、訪日外国人客数の増加に伴い、12月末の時点で、既に21万人を超えており、年間30万人に近い結果になりそうです。そのような状況に合わせ、グル―バル対応の更なる強化を図っています。

2月は春節(旧正月)があります。今年は2月8日(月)で、休みの期間は、7日(日)~13日(土)までの7日間です。それに向け、中国人観光客に対する、当社の対策を3つご紹介します。

 

■販促物の中国語化
現在、株式会社ワンダーテーブル(以下、ワンダーテーブル)は、英語バージョンのメニューを全店に用意しています。しかし、他の言語のメニューは対応していません。春節に向け、中国人の利用客が多い、新宿、渋谷、池袋、浅草の4エリアの全店舗の販促物の中国語バージョンを用意します。具体的には、グランドメニュー、ランチメニューと看板です。また、シャワートイレの使い方や食べ方など、説明が必要なものも中国語のポップで案内していきます。今後は、将来的に訪日観光客の増加が見込める店舗にも、中国語バージョンの販促物を用意していく予定です。

■フリーWEBサイト
ワンダーテーブルは、2015年7月より、海外の外国人が多く利用する、Trip Advisor やYelp等のフリーWEBサイトを積極的に利用しています。現在では、全店のページを登録し、お客様からいただいたコメントに対しタイムリーに返信を行っています。また、店の入り口に、ステッカーを貼り、訪日観光客にコメントの入力を促しています。当社では、これらを国内の有料WEBサイトと同じく重要なWEBサイトとして捉えています。

■iPadソフトメニュー
ワンダーテーブルでは、2015年8月より、iPadを使用したソフトメニューを試験的に導入し始めました。「iPadソフトメニュー」では計12ヵ国語でメニューを表示させ、お料理と使用食材を閲覧できます。画像も付加しているので、指さしでオーダーも可能です。また、メニューだけでなく、動画でしゃぶしゃぶやすき焼きの食べ方を確認することができるため、食べる楽しさをより一層提供できると考えています。現時点では、新宿エリアの4店舗で導入していますが、7店舗にも導入し、計11店舗で活用していきます。

【会社概要】
会社名                  株式会社ワンダーテーブル
本社所在地            〒163-1422 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー22階
URL                      http://www.wondertable.com/
役員                      代表取締役社長 秋元巳智雄
資本金                  8千万円
設立                      1946年7月30日
事業内容               飲食店の経営、フランチャイズチェーンシステムによる飲食店の募集・加盟店の指導
店舗数                  国内:58店舗(モーパラ・鍋ぞう30店舗、その他28店舗)、海外:51店舗
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ワンダーテーブル
  4. >
  5. 株式会社ワンダーテーブル:2月の春節に向けたインバウンド対策