脱力癒し系から、グラビアアイドルまっさおなグラマラス土偶まで、あなたのおうちの“ご近所土偶”を探してください!!『にっぽん全国 土偶手帖』発売

ハンディな手帖サイズで、いつでも持ち歩け、 面白くてためになる「土偶」のネタ帖です。

ゆるキャラの元祖とも言われる土偶。そのユニークな造形は、キャラクターとして他の追随を許さない、圧倒的な存在感をもっています。こんなに面白い土偶なのに、埴輪と混同されてしまうなど、まだまだ知られていないのも事実。第一弾『はじめての土偶』の大反響を受け、今回は、ハンディな手帖サイズにして、土偶の伝道師・譽田亜紀子さんが見た目に面白い全国の土偶たちを50体厳選、楽しいニックネームで紹介します。東北・関東を中心に、全国で出土している土偶。おらが町で、こんなに面白い造形物が何千年も前に作られていたんだ!という嬉しい驚きをお届けします。

表紙画像『にっぽん全国土偶手帖』

知らなかった!!私の地元の土の中からこんな“ドッキリなモノ”が出てきていたなんて……!

大好評『はじめての土偶』に続き、土偶の入門書第2弾が誕生しました!今回は、全国の「ご当地土偶」を紹介しています。土偶といえば、東北・関東地方や長野県などが有名ですが、近畿・中国・四国・九州地方にも、オモシロ土偶たちがいました。いま自分の暮らしている地域には、ずーーーっと昔は縄文人が住んでいて、こんなに面白い人型の土製品を作っていた……。その事実に、改めて驚きます。
それにしても当時の人たちは、一体全体なぜ、このようなモノを作っていたのでしょうか。さまざまな解釈がありますが、本書では考古学の研究成果をもとにしつつ、誰にでもわかる言葉で、ご紹介しています。
何千年も前に作られた人型の土製品・土偶。用途は明らかにならないこともたくさんあります。しかしその分あれこれと想像できる自由があるのも、土偶を見る楽しみの一つです。
そして本書では、土偶や縄文をテーマにした旅や、考古学の扉を開くコラムも充実させました。
 

ペグモン! こと秋田県湯沢市東福寺村上の両腕を広げる板状土偶と、艶女(アデージョ)こと、北秋田市漆下遺跡の土偶!!

 

◆監修・武藤康弘【むとう・やすひろ】
1959 年秋田県生まれ。85 年國學院大學大学院修士課程修了。97 年博士 ( 文学 ) 東京大学。87 年東京大学助手。99 年奈良女子大学助教授、2011 年同大学教授、現在に至る。少年時代から、曾祖父の血を引いた考古少年で、 秋田の山野で縄文土器や石器を拾いまくる。中学 3 年生の時に、秋田県湯 沢市の鐙田遺跡の発掘で、掘り出されたばかりのほぼ完形の結髪土偶を手にしたのが土偶との最初の出会いである。

◆著・譽田亜紀子【こんだ・あきこ】
岐阜県生まれ。京都女子大学卒業。フリーのライター。2010 年に出版された『奈良で「デザイン」 を考えてみました』取材中に奈良県観音寺本馬遺跡から出土した土偶に出会い、造形の素晴らしさに衝撃を受ける。2014年8月『はじめての土偶』(世界文化社)を上梓。現在、土偶女子として、ブログ、SNS、トークイベント、縄文ツアーの企画など土偶・遺跡の面白さを伝えるために活動中。
http://www.akiko-konda.com/
http://lineblog.me/kondaakiko/archives/38114388.html

土偶の伝統師・譽田亜紀子さん

 

◆目次
北海道●File♯1 お洒落番長/ File♯2 模倣系?/File♯3 カオナシ など
東北●File♯5 唇セクシー/File♯6 にゃおーん /File♯7 十字のムンク/File♯8 ちびっこ軍団/File♯9 てつこさーん/File♯10 ウルトラの母でございます など
関東●File♯22 兜ウーマン/File♯23 宇宙系/File♯24 愛の証/File♯25 おとぼけちゃん/File♯26 ご陽気花子さん など
中部●File♯31 ニコラス!/File♯32 ハッチー/File♯33 いーてぃー/File♯34 バンザイ幸子/File♯35 まるっこちゃん/File♯36 覆面レスラー など
近畿●File♯41 ミューズ/File♯42 しじみちゃん/File♯43 ZEN など
中国●File♯45 プレッツェルさん/File♯46 うすうす星人
四国●File♯47 隈取り一番/File♯48 生き抜くぜよ
九州●File♯49 ニコニコ丸/File♯50 モザイクくん

十字のムンクこと青森市・三内丸山遺跡の大型十字形土偶

いーてぃーこと、富山県砺波市・徳万頼成遺跡の土偶

 

茅野市・中ッ原遺跡の国宝・仮面の女神

 



<土偶&縄文への旅>
①青森の縄文遺跡を訪ねる
②女神たちに会いに行こう!in茅野
③東京土偶散歩

<考古学コラム>
考古学の世界の扉を、すこ〜し開いてみました。
①はまったら抜け出せない!? 魅惑の発掘ワールド
②土器が好きでたまらない! 整理員の世界
③探検! 博物館の舞台裏

▼ 出版物概要
1.書籍名:『にっぽん全国 土偶手帖』
2.発売日:2015年7月18日
3.定価:本体1,400円+税
4.判型:新書判
▼ 世界文化社HP→http://www.sekaibunka.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 世界文化社
  4. >
  5. 脱力癒し系から、グラビアアイドルまっさおなグラマラス土偶まで、あなたのおうちの“ご近所土偶”を探してください!!『にっぽん全国 土偶手帖』発売