楽天トラベル、2014年クリスマス旅行ランキング発表!上位エリアは訪日外国人旅行者の人気が集中

東西の2強テーマパーク対決を制したのは?!

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、旅行予約サイト「楽天トラベル」( http://travel.rakuten.co.jp/ )における、クリスマス期間(2014年12月12日(金)から2014年12月25日(木))の国内・海旅行の予約状況についてまとめましたので、お知らせいたします。
今年のクリスマスの旅行動向(※1)は、北海道の札幌周辺が好調です。また、大阪も伸長しており、新アトラクションが話題のユニバーサル・スタジオ・ジャパン® (USJ)や、西の新名所「あべのハルカス」 が牽引しています。また、かつてのハネムーンメッカ・宮崎に若いカップル旅行ブームの兆しが見られました。
     ────────────────────────────────────
 札幌周辺エリアに人気集中!理由は「訪日外国人」&連続テレビ小説ロケ地
       【2014年クリスマス旅行ランキング発表】
  http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/xmas/
     ────────────────────────────────────


【対象期間】2014年12月12日(金)から2014年12月25日(木)

■■■ 2014年クリスマス エリア別 宿泊先伸び率ランキング ■■■
順位 エリア名 (昨年対比)
第1位 【北海道】 すすきの・中島公園周辺 (+203.3%)
第2位 【宮崎県】 宮崎市内 (+128.6%)
第3位 【北海道】 大通公園周辺 (テレビ塔・時計台・狸小路) (+103.8%)
第4位 【大阪府】 大阪駅・梅田周辺(含尼崎)・ユニバーサルシティ(+43.7%)
第5位 【大阪府】 心斎橋・なんば・天王寺・市内南部 (+34.2%)


<北海道 札幌周辺エリアに人気集中! 理由は「訪日外国人」&連続テレビ小説ロケ地>

札幌・大通り公園のイルミネーション


クリスマス期間中最も大きな伸びを示したのは北海道の札幌周辺の2エリアとなりました。北海道全体の宿泊者数を居住地別で見ると、1位の北海道(道内の旅行者) に続いて2位海外・訪日外国人(※3)となり、海外からの旅行者が増加しています。また、今年9月から放送の連続テレビ小説の舞台となった余市町の「ニッカウヰスキー余市蒸留所」を含むエリア(※4)は札幌から車で1時間強と市内からの周遊の便も良く、前年同期比43.7%増と注目を集めています。札幌周辺エリアでは、期間中「さっぽろホワイトイルミネーション」や「ミュンヘン・クリスマス市」のクリスマスイベントが開催されます。

USJの夜景

<大阪・USJは人気継続!訪日観光も好調>
2014年6月OPENの「あべのハルカス」、7月OPENのユニバーサル・スタジオ・ジャパン®(USJ)の新アトラクションなど新スポットで盛り上がる大阪は、クリスマスも好調です。さらに、関西国際空港からの外国人旅客数増加に伴い、なんばエリア(※5)は東京都・大阪府からの予約を押さえ訪日外国人予約数が1位となりました。大阪駅周辺エリア(※6)ではUSJのクリスマスイベントや「ドイツ・クリスマスマーケット大阪2014」、なんばエリアは空中庭園の展望台など周辺クリスマスイベントと合わせてのクリスマス予約が盛り上がっています。


<かつてのハネムーンメッカ宮崎に若いカップル旅行ブーム到来?!>
新婚旅行ブームに日本国中が湧いた昭和30 年後半から40 年代、新婚カップルの約4割(※7)が宮崎を新婚旅行で旅したほど宮崎は「新婚旅行のメッカ」として君臨していました。また、トロピカルな楽園ムード漂う「青島」には縁結びの社「青島神社」があり、恋人と行きたい「宮崎恋旅」(※8)の鉄板ルートとなっています。そんな宮崎へのカップル旅行は全体の約半数にのぼり、20代・30代の予約は前年同期比159%増と伸長しています。

↓ランキング結果はこちらからもご確認いただけます。
「2014年クリスマス 宿泊先伸び率ランキング」
http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/xmas/



■■■ 2014年クリスマス エリア別 宿泊先人気ランキング ■■■
順位 エリア名 (昨年順位)
第1位 舞浜・船橋・幕張 (第1位)
第2位 大阪駅・梅田周辺(含尼崎) ・ユニバーサルシティ(第5位)
第3位 御茶ノ水・水道橋・飯田橋 (第6位)
第4位 東京駅・銀座・日本橋・秋葉原(第3位)
第5位 横浜市内 (第2位)


クリスマスの売れ筋エリア(※9)では、昨年と変わらず東京ディズニーリゾート® (TDR)を含む舞浜エリア(※10)が首位の座をキープ。一方で、夏の新アトラクションOPEN以降、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®(USJ)を含む大阪エリアが昨年5位から3ランクアップの2位にランクインしました。夏以降、USJがTDRに迫る勢いが見え、今後も東西2強の激しい戦いが繰り広げられそうです。

 


<東京ディズニーリゾート®(TDR)オフィシャルホテル TOP3>

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

順位 ホテル名
第1位 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
第2位 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
第3位 ホテルオークラ東京ベイ






<ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®(USJ) オフィシャルホテル TOP3>

ホテルユニバーサルポート


順位 ホテル名
第1位 ホテルユニバーサルポート
第2位 ホテル近鉄ユニバーサル・シティ
第3位 ホテル京阪 ユニバーサル・タワー


↓ランキング結果はこちらからもご確認いただけます。
「2014年クリスマス 宿泊先人気ランキング」
http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/xmas/02.html


※1【国内宿泊旅行動向抽出条件】
2014年10月19日時点での2名以上利用時の予約人泊数実績をもとに前年同期比で算出
-対象期間:2014年12月12日(金)から2014年12月25日(木)
-国内旅行:国内宿泊、ANA楽パック、JAL楽パック
-ランキング対象エリア:1エリアあたり1,000人泊以上の実績のあるエリアからランキング抽出
※2 エリアの正式名称はJR札幌駅周辺・新札幌駅エリア
※3 楽天トラベル国内宿泊サイト経由の「海外居住」ユーザーおよび楽天トラベルインバウンド
サイト経由予約を合算した実績
※4 エリアの正式名称は小樽・余市・積丹・キロロ
※5 エリアの正式名称は心斎橋・なんば・天王寺・市内南部エリア
※6 エリアの正式名称は大阪駅・梅田周辺(含尼崎)・ユニバーサルシティエリア
※7 ピーク時の昭和49年に宮崎市内に宿泊した新婚旅行客は約37万組で、全国で結婚したカップルの約35%を占める。(県情報誌 「Jaja(じゃじゃ)-宮崎県グラフ誌-」第20号参照)
※8 宮崎県観光推進課が企画する「ゆるカワイイ恋の旅へでかけようin宮崎」をテーマにした
PR施策。楽天トラベルサイト内でも2014年9月1日~2014年11月4日で展開。
※9 国内宿泊旅行動向抽出条件は(※1)と同様 -エリアランキング:人泊数の多い順にランキング抽出
※10 エリアの正式名称は舞浜・船橋・幕張エリア
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 楽天株式会社
  4. >
  5. 楽天トラベル、2014年クリスマス旅行ランキング発表!上位エリアは訪日外国人旅行者の人気が集中