「夕飯は時間をかけてしっかり作りたい」、「自分磨きを優先したい」という女性の気持ちはオトコにはわかっていなかった!?

~「日常生活の中で時間に関する実態と意識」調査から~

美と健康に関する企業と専門家によるコラボレーションサイト「Beauty & Co. 」は、女性の豊かなライフスタイルを応援しています。13年11月に、既婚の30・40代男女518名(女性259名、男性259名)を対象に日常生活における時間の使い方の実態と意識に関する調査を実施しました。調査結果からは、男女(夫婦)間で、時間の使い方や意識にギャップがあることがわかりました。

 

 

1.おかずは充実したほうがいいと考える女性。それほどこだわりのない男性。

①「平日、夕飯を調理するのにかかる時間」では、女性は「30~40分」「50分以上かける」という回答が最も多かった(それぞれ29%)のに対し、男性はやや少な目の「20~30分」という回答が最多(28%)となり、「50分以上かける」という回答は1割(10%)にとどまりました。

②「夕飯の理想の品数」に関しても男女間の意識に差が出ました。女性の約半数は、平日でも夕飯のおかずは4品以上あることを理想としているのに対して、男性の半数以上は3品で充分と考えている結果となりました。(図1)

女性は忙しい生活の中でも「夕飯はしっかり時間をかけて、品数は充実したい」と考えているのに対し、男性は女性ほどにはこだわっていないなど、男女間での意識にギャップがあることがわかりました。

2.自由に使える時間。女性は「自分磨き」に、男性は「夫婦の会話」に。

自由に使える時間ができた場合に、その時間をどう使いたいかを聞きました。男性は「夫婦の会話を充実させる」という回答が最も多かったのに対し、女性は美容や健康などの「自分磨き」という回答が最も多く、夫婦間のコミュニケーションよりも、自らを磨くことの方に関心が高いという実態があり、ここでも男女間の意識に差がありました。(図2)

 

 

 

働く女性が増えている現代。朝や夜の時間を上手にやりくりして豊かなライフスタイルを満喫することは多くの女性の願いだと考えます。女性の心の充実が夫婦のコミュニケーションまでも豊かにしてくれるかもしれません。
そこで、短時間で多くの料理を作ること、簡単なのに魅力的に仕上げるメークをマスターすることを学ぶ限定コラボイベントをBeauty & Co. 企画のもと、東京ガスと資生堂が開催します。
東京ガスからは「わずか20分で4品つくれる調理法」、資生堂からは「シンプルで魅力あるメークテクニック」をレクチャーいたします。当イベントは「東京ガス」「Beauty & Co. 」の会員さまを対象に、抽選で72名さまにご参加いただきます。

※上記の時短をテーマとした限定コラボイベントの詳細は添付ファイルをご覧ください。

▼Beauty & Co. イベント詳細
http://www.beauty-co.jp/mall/special/1312tokyogas/

▼Beauty & Co.
http://www.beauty-co.jp/

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社資生堂
  4. >
  5. 「夕飯は時間をかけてしっかり作りたい」、「自分磨きを優先したい」という女性の気持ちはオトコにはわかっていなかった!?