アンダーズ タヴァンとヴーヴ・クリコによるコラボレーションメニュー 冬季限定 「アペリティフ グルマン」のご案内



今夏初めて登場し好評を博した、アンダーズ 東京のメインダイニング「アンダーズ タヴァン」とヴーヴ・クリコのコラボレーションによるスペシャルセット 「Aperitif Gourmand (アペリティフ グルマン)」。この度、冬季限定のスペシャルメニューが2015年12月1日(火)から2016年1月31日(日)の期間限定で登場いたします。


アペリティフ(食前酒)とグルマン(美食家)という2つの言葉を組み合わせて誕生した「アペリティフ グルマン」は、ヴ―ヴ・クリコ イエローラベルと、五感で楽しむ4種類のアペタイザーを一緒にご堪能いただけるセットメニューです。

今回、ヴーヴ・クリコに合わせてシェフが創作したのは、冬の星空をテーマにしたアペタイザー。プラネタリウム(フォアグラロリポップ マルメロ&ラズベリー)に始まり、星空のウィンターランド(カリフラワームース ロブスターアスピック   イクラ)、流れ星(ズッキーニとゴートチーズロール ビーツ グレープフルーツ)、オーロラ(自家製サーモンのマリネ ブリオッシュ ハニーマスタードソース)。華やかで愛らしい見た目に加え、響きを聞いただけでも心ときめくロマンチックなネーミングのアペタイザーが、アンダーズ タヴァン ラウンジ&バーで心地よい音楽の生演奏とともにお楽しみいただけます。
 


さらに、「アペリティフ グルマン」をアンダーズ タヴァン ラウンジ&バーでお召し上がりいただいた後、ダイニングエリアで、メインディッシュとデザートをお楽しみいただける特別コースもご用意いたしました。メインディッシュは、鱸のパピヨット 仔牛のジュ タイム 根菜、リングイニ オックステールの煮込み トリュフ マッシュルーム 柚子の香り、鹿肉の赤ワイン煮込み リンゴンベリー インカポテトのローストの3種から一品を選べます。また、食後には、メープルムース バナナソテー ヘーゼルナッツクランチとキャラメルマカダミアナッツアイスクリームをお楽しみください。

「アペリティフ グルマン」で登場するのは、シャンパーニュグラスとシルバートレイが一体となった“Clicquot Gourmand Tray (クリコ・グルマン・トレイ)”。エレガントな曲線を描く美しいトレイは、彫刻家でありデザイナーのパブロ・レイノソが ヴーヴ・クリコのために特別にデザインしたものです。
夜空の星達がきらめきを増すこの季節、51階からの夜景をご覧いただきながら、アペリティフ グルマンとともに大切な方とロマンチックなひとときをお過ごしください。

---------------------------------------------------------------------------------------------

Aperitif Gourmand (アペリティフ グルマン) 
●場所: アンダーズ 東京 51階 「アンダーズ タヴァン」     
    東京都港区虎ノ門1-23-4  虎ノ門ヒルズ  03 6830 7739(レストラン予約)
●期間: 2015年12月1日(火)~  2016年1月31日(日)
●営業時間: 17:30 ~ 22:00  (21:00 L.O.)
---------------------------------------------------------------------------------------------
アペリティフ  グルマン  - 冬の星達 ¥3,700
ヴーヴ・クリコ イエローラベル ワングラスとともに
プラネタリウム - フォアグラロリポップ マルメロ&ラズベリー
星空のウィンターランド - カリフラワームース ロブスターアスピック イクラ
流れ星 - ズッキーニとゴートチーズロール ビーツ グレープフルーツ
オーロラ - 自家製サーモンのマリネ ブリオッシュ ハニーマスタードソース

アペリティフ  グルマン ディナーコース  ¥7,900
ヴーヴ・クリコ イエローラベル ワングラスとともに
アペリティフ グルマン 上記4種類

-メインディッシュー(下記メニューの中から1種類お選びいただけます)
鱸のパピヨット 仔牛のジュ タイム 根菜
リングイニ オックステールの煮込み トリュフ マッシュルーム 柚子の香り
鹿肉の赤ワイン煮込み リンゴンベリー インカポテトのロースト
-デザートー
メープルムース バナナソテー ヘーゼルナッツクランチ
キャラメルマカダミアナッツアイスクリーム

         ****

アンダーズ タヴァン
アンダーズ 東京の51階にあるメインダイニング、アンダーズ タヴァンでは、四季折々の日本の新鮮な食材を使ったヨーロッパの地方料理を提供しています。総料理長のゲルハルト・パスルガーがご提案するのは、ヨーロッパの家庭料理にインスピレーションを得た、洗練されながらも一皿一皿にあたたかみを感じるメニューです。朝食はビュッフェスタイルで、ランチとディナーには、アラカルトとコースをご用意しております。ラウンジエリアでは、アフタヌーンティーメニューや週末ブランチなどもお楽しみいただけます。ダイニング、ラウンジ、バー、個室にわかれた4つのエリアでは、どちらのお席からも東京の素晴しい眺めを一望することができます。

ヴーヴ・クリコ
1772年にフランスのシャンパーニュ地方で創業を開始したシャンパーニュ・メゾン、ヴーヴ・クリコは、2世紀以上にわたり、「品質はただひとつ、最高級だけ」という信念に忠実に、ひたすら最高品質のシャンパーニュを追い求めてきました。そのエレガントな味わいとともにヴーヴ・クリコを特徴づけるのが、イエローカラーに彩られた自由なスタイル。ひとつの芸術としてのスタイルを求める情熱、革新への取り組み、美しさの追求。これらがヴーヴ・クリコの魅力の秘密です。軽やかに、遊び心をふんだんに。ヴーヴ・クリコは最先端の感性をまとった真のラグジュアリーで人々を魅了し続けている、大胆でスリリングなシャンパーニュです。

パブロ・レイノソ
1955年アルゼンチン生まれ。彫刻家、デザイナー。代表作“Bancs Spaghetti(スパゲッティ ベンチ)”。パブロ・レイノソは、日常生活の中のあらゆるものをユーモアたっぷりに織り交ぜ“リインベント(再発明)”し、倫理的側面 - 大自然と物への尊敬 - そして現代デザインにおける無意味なプロセスへの批判を作品に包み込みます。彼のインスタレーションと彫刻は、世界、景観、そして空間の認知につながる、環境への深い理解を示しているのです。そして、展開と発展のプロセスの一部として、彼の作品はヒューマンスケールを保ちながら不朽の道を見出しているのです。パブロ・レイノソは、ヴーヴ・クリコとの数年に渡るコラボレーションの中で、ツイストのきいた数多くの作品を創作しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社
  4. >
  5. アンダーズ タヴァンとヴーヴ・クリコによるコラボレーションメニュー 冬季限定 「アペリティフ グルマン」のご案内