データがそのままニュースになる統計サイト、博報堂生活総合研究所『生活定点』特設サイトをチームラボが制作

博報堂生活総研が22年にわたり調査した、生活者意識に関する統計データ『生活定点』特設サイトを、チームラボが制作。生活定点公開データをもとに、回答同士の相関度が高い項目がわかる「似てるかもグラフ」、グラフの形からデータを探す「逆引き」、グラフの推移を「自動で解説」するテキストなどのコンテンツを開発。一見敬遠しがちな膨大な統計データを、身近なものとして楽しめるデザインとしました。


博報堂生活総研が22年にわたり調査した、生活者意識に関する統計データ『生活定点』特設サイトを、チームラボが制作。生活定点公開データをもとに、回答同士の相関度が高い項目がわかる「似てるかもグラフ」、グラフの形からデータを探す「逆引き」、グラフの推移を「自動で解説」するテキストなどのコンテンツを開発。一見敬遠しがちな膨大な統計データを、身近なものとして楽しめるデザインとしました。

 

 


■特徴

1. 回答同士の相関度が高い項目がわかる、「似てるかもグラフ」


約1,500項目のグラフ推移を対象者タイプ(19種類)別に総当たりで比較し、形の似ているグラフを自動抽出。約42,000,000通りの組み合わせから、回答同士の相関度の高い項目を表示しました。

似てるかもグラフは、そのままSNSなどでシェアできます。
※類似データの算出方法:各グラフの推移(前回比)をベクトルとみなし、2グラフ間のベクトルのなす角度からコサイン類似度を算出。 その値をグラフの近さを表す評価値として、上位のものを自動抽出して表示しています。


2. 7種類のグラフの形から、データを「逆引き」

特徴的な7つのパターンをもつグラフを、自動抽出してリストアップ。「全体的に上り調子」「ここ2年で最も上昇」「山型」「V字回復」などの推移を追うことで、時代の傾向を俯瞰的にとらえることができます。


3. 膨大な数のグラフを「自動で読み解く」解説テキスト

約29,000件すべてのグラフの推移を自動で読み解き、調査結果の解説テキストを生成。概況だけでなく、男女差・地域差・年代差の時代ごとの変化まで、グラフを見なくても把握することができます。
※自動解説の対象ページは、折れ線グラフの表示された回答ページの解説本文部分です。


【サイト情報】
名称:博報堂生活総合研究所『生活定点』特設サイト
公開日:2014年10月22日(水)
URL:http://seikatsusoken.jp/teiten2014/


■博報堂生活総合研究所とは
30年以上にわたり、生活者研究を続けてきた株式会社博報堂のシンクタンク。人間を「まるごと」観て、生活の未来を考える、「生活者発想」を実践・推進する研究所です。


■チームラボとは
プログラマ・エンジニア(UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、ハードウェアエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、CGアニメーター、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、絵師、編集者など、スペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。サイエンス・テクノロジー・アートの境界線を曖昧にしながら活動中。

主な実績として、カイカイキキギャラリー台北(台湾)で『生きる』展開催(2011)。『LAVAL VIRTUAL』(フランス)にて「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が建築・芸術・文化賞を受賞(2012)。国立台湾美術館(台湾)にてチームラボ「We are the Future」展を開催(2012)。「teamLabBody」が Unity Awards 2013のBest VizSim Projectを受賞(2013)。『シンガポールビエンナーレ2013』にて、「秩序がなくともピースは成り立つ」を展示(2013~2014年)。「チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展」(佐賀)を開催(2014)。東京駅の商業施設「KITTE」にて、新作「時に咲く花」を常設展示(2014~)。『Art Basel - Hong Kong』(香港)にて、「増殖する生命 - Gold」を展示(2014)。Pace Gallery(アメリカ・ニューヨーク)にて『teamLab: Ultra Subjective Space』を開催、デジタルアート作品6作品を展示(2014)。『香川ウォーターフロント・フェスティバル』など香川県内3会場で、ショーとデジタルアート作品を展示する 『チームラボと香川 夏のデジタルアート祭り』を開催(2014)。東京都現代美術館(東京)にて人工衛星の実物大模型に高さ19mの滝をプロジェクションマッピングする「憑依する滝、人工衛星の重力」を発表(2014)。、Pace Gallery(北京)のグループ展『We Love Video This Summer』に参加(2014)。「秩序がなくともピースは成り立つ」が『アルス・エレクトロニカ』にて、Interactive Art部門のHonorary Mention(入選)を受賞(2014)。

『チームラボって、何者?』がマガジンハウスより刊行(2013年12月19日)。また、「ヴィレッジヴァンガード」(http://vvstore.jp/)や「ラヴィジュール」(https://www.ravijour.com/)などのECサイトも共同運営。

現在、ハウステンボス(長崎)のイベント『秋の光の王国』にて新作「呼応する木々」を発表(~10月30日)、『国東半島芸術祭』(大分)にて、新作「花と人、コントロールできないけれども、共に生きる - Kunisaki Peninsula」を発表(~11月30日)、『Garden of Unearthly Delights: Works by Ikeda, Tenmyouya & teamLab』(アメリカ/ニューヨーク)で新作含む5作品を展示(~2015年1月11日)、など。

今後の予定として、『pixiv祭』(六本木)にて、デジタルとお絵かきを融合した空間を設計、新作プロダクトも導入(10月25日~11月24日)、『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』(東京)にて、デジタルアート作品と「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」を同時展示(11月29日~2015年3月1日)など。

チームラボ株式会社
http://www.team-lab.com/

チームラボ作品紹介
http://www.team-lab.net/

■本件に関するお問い合わせ
チームラボ(広報担当・工藤 / 江城 / 森)
lab-pr@team-lab.com
03-5804-2356
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. チームラボ
  4. >
  5. データがそのままニュースになる統計サイト、博報堂生活総合研究所『生活定点』特設サイトをチームラボが制作