平成27年度産油国技術者研修等事業(UAE特別研修)「石油・ガス施設におけるロスコントロールと環境コース」及び「日本式マネジメント“KAIZEN”コース」実施

~人材育成により、両国間の関係強化に貢献~

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、アラブ首長国連邦(UAE)の石油・ガス関連技術者等を招聘し、平成27年度産油国技術者研修等事業 (UAE特別研修)「石油・ガス施設におけるロスコントロールと環境コース」(9名)及び「日本式マネジメント“KAIZEN”コース」(19名)を開講しました。
 今回開講のUAE特別研修2コースは、2013年2月、JOGMECとUAEのアブダビ国営石油会社(ADNOC)との間で合意した「石油・天然ガス分野における技術協力に関する覚書」(Memorandum of Understanding : MOU)に基づき実施したものです。今回の2コース実施で第6回目を数えます。

 「石油・ガス施設におけるロスコントロールと環境コース」(11月24日(火)~12月19日(土))は原油生産エリアにおいて処理設備等から排出される油分・ガス分等について、我が国の製油所で活用されている技術等が排出制御と環境保護の分野で適用可能なことから、具体的事例を交えた実践的手法に関する講義及び四日市市でのcow洗浄※の実習を通じて関連技術を習得させることを目的とした研修となっています。
 一方、「日本式マネジメント“KAIZEN”コース」(11月30日(月)~12月18日(金))は、昨今世界的に評価が高まりつつある日本のマネジメント・メソッドおよびビジネスプラクティスについて、日本社会およびビジネスにて活用されている具体的事例を交えながら実践的手法に関する講義及び実習、研修旅行での日本企業との意見交換等を行うことで、資源開発現場における効率的・効果的なマネジメント手法を習得させることを目的とした研修となっています。
 両コースにはこの他、日本語教室や折り紙体験等を通じて日本の文化・社会紹介を組み込んでおり、日本への理解を深めると共に、日本に対する親近感、信頼感の向上にも役立つ内容となっています。

 本研修に参加した研修生は、講義によって得た知見はもちろんのこと、コースで体験した日本文化・社会紹介を通じて、日本への理解と関心をより深めた様子でした。
 JOGMECは今後も本事業を通じ、UAEとの人材育成事業を進めていくことにより、JOGMEC、さらには石油開発分野に留まらない日本企業とUAEとの関係構築・強化に貢献してまいります。

 ※cow洗浄:原油タンクの底板に溜っているスラッジを、油を噴射して溶解する油中洗浄後、温水にした工業用水を噴射して除去する洗浄方法。

■ コース概要
1)名称・実施期間
平成27年度産油国技術者研修等事業(UAE特別研修)
「石油・ガス施設におけるロスコントロールと環境コース」 11月24日(火)~12月19日(土)(4週間)
「日本式マネジメント“KAIZEN”コース」 11月30日(月)~12月18日(金)(3週間)

 

2)対象
ADNOCまたはADNOCグループに所属する石油・ガス関連技術者等(27名(8名/19名))

■   コース写真

→全文を読む
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000086.html?mid=pr_151222

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. JOGMEC
  4. >
  5. 平成27年度産油国技術者研修等事業(UAE特別研修)「石油・ガス施設におけるロスコントロールと環境コース」及び「日本式マネジメント“KAIZEN”コース」実施