Webプラットフォーム/レコメンドエンジン「Rtoaster」に「セグメントフィード機能」を追加

ユーザーのサイト横断行動の把握から精緻なレコメンド、パーソナライズを実現

株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野 隆史、以下ブレインパッド)は、ブレインパッドが開発・提供するWebプラットフォーム/レコメンドエンジン「Rtoaster(アールトースター)」に、ドメインの異なる複数サイト間での「ユーザーのサイト横断行動の把握」とサイト横断での「ユーザーセグメントの受け渡し」を可能にする「セグメントフィード機能(*1)」が追加されたことを発表します。

 

「Rtoaster」の「セグメントフィード機能」イメージ図

 「Rtoaster」は、サイト内のユーザー行動、CRMデータ、外部データなどを利用したプライベートDMP(*2)機能と高精度なレコメンドエンジンをベースに、一人ひとりのユーザーの趣味、嗜好に応じた最適な情報を提供するレコメンド、パーソナライズを広告/Webサイト/メール(*3)などの複数の顧客接点で横断的に実現できるマーケティング・ソリューションです。

 このたびの「セグメントフィード機能」の追加により、「Rtoaster」をご利用中の企業は、複数ドメインでグループサイトを運営されている場合や、特定ページのみドメインが異なる場合でも、ユーザーのサイト横断行動を加味したセグメントを作成できます。
 また、作成したセグメントに対して、従来の「Rtoaster」の機能による、広告/Webサイト/メールなどの複数チャネルでのマーケティング・アクションの実行も可能です。

 本機能によって、「Rtoaster」をご利用中の企業は、自社の各種オウンドメディア(製品サイト、ランディングページ、コミュニティサイト、コーポレートサイトなどのドメインが異なるサイト群)を横断したユーザーの行動状況を、「Rtoaster」のプライベートDMPのデータとして蓄積できます。そして、このプライベートDMPから、多様な顧客接点において統一感のある、最適な顧客コミュニケーションを実現することが可能となります。

■「Rtoaster」の「セグメントフィード機能」 主な特徴
1.複数サイト(異なるドメイン)を横断したセグメントの作成
 複数サイト(異なるドメイン)において、ユーザー行動をトラッキングして作成したセグメントを共通利用することができます。例えば、複数サイトを運営しているグループ企業において、「キャンペーンサイトにはよく訪問しているが、製品サイトには訪問したことがないユーザー」や「申込みフォームが別ドメインとなるサイトにおいてコンバージョン(*4)したユーザー」などのセグメントの把握が可能です。

2.プライベートDMPと組み合わせたマーケティング・アクションの実行
 ユーザーの複数サイト間の横断行動は、セグメント情報として「Rtoaster」のプライベートDMPに蓄積されます。これらと、既に「Rtoaster」のプライベートDMPに蓄積されている、ユーザー行動、CRMデータ、外部データなどと組み合わせたセグメント作成が可能です。

 これにより、複数サイト間でのユーザーの横断行動とプライベートDMPデータを掛け合わせた精緻なセグメントに対して、「Rtoaster」のサイト内でのレコメンド機能や外部メディアへのターゲティング広告配信、一人ひとりに最適化されたパーソナライズ・メール配信など、複数チャネルを横断し統一されたマーケティング・アクションを実現することができます。

(*1)「セグメントフィード機能」は、「Rtoaster」のオプション機能です。
(*2)プライベートDMP(Data Management Platform)とは、企業が自社のさまざまなマーケティングデータや外部データを集約し、活用するために構築するデータ基盤のこと。
(*3)「レコメンドメール機能」は、「Rtoaster」のオプション機能です。(「Rtoaster」とメール配信システムとの連携にて実現する機能。)
(*4)コンバージョンとは、商用目的のウェブサイト上で目標となる成果のこと。オンラインショッピングサイトならば商品購入、情報提供サイトならば会員登録などがコンバージョンにあたる。

■ご参考情報
●「Rtoaster」について
 http://www.rtoaster.com/
「Rtoaster」は、サイト内のユーザー行動、CRMデータ、外部データとのセキュアな接続によるデータ拡張などから、お客様独自のプライベートDMPを容易に構築します。この強力な「プライベートDMP機能」と「高精度なレコメンドエンジン」によって、広告/Webサイト/メールなどの多様な顧客接点におけるパーソナライズアプローチ、行動ターゲティング/レコメンドを実現します。複数のチャネルを横断した最適な顧客コミュニケーションを、高度かつ精緻に行うことが可能なマーケティング・ソリューションです。

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
 (東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
 本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
 設立:2004年3月
 代表者:代表取締役社長 草野 隆史
 資本金:330百万円(2014年6月30日現在)
 従業員数:143名(連結、2014年6月30日現在)
 事業内容:アナリティクス事業/ソリューション事業/マーケティングプラットフォーム事業

■お問い合わせ先
●製品・サービスに関するお問い合わせ

 株式会社ブレインパッド
 マーケティングプラットフォーム本部 営業部
 TEL:03-6721-7002 e-mail:info@brainpad.co.jp

●本リリースに関するお問い合わせ
 株式会社ブレインパッド
 経営企画本部 経営企画部 広報担当
 TEL:03-6721-7700 e-mail:pr@brainpad.co.jp

以上

*本ニュースリリースに掲載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ブレインパッド
  4. >
  5. Webプラットフォーム/レコメンドエンジン「Rtoaster」に「セグメントフィード機能」を追加