ベクトルチャイナ、マイクロアドチャイナと共同で アドテクノロジーを活用したPRサービス 「Native News Wire」を提供開始

-6億人を超える中国インターネットユーザーの趣味・嗜好に合わせたコンテンツ配信が可能に-

 

総合PR 会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役社長:西江肇司、東証一部:6058)の中国現地法人である維酷公共関係諮問(上海)有限公司(本社:上海市、執行董事:長谷川 創、以下ベクトルチャイナ)は、マイクロアドチャイナと共同で、日本で既に導入している、アドテクノロジーを活用し情報を効率的に広めるニュースワイヤーサービス『Native News Wire(以下、ネイティブニュース)』を、1月15日より導入いたします。

ベクトルチャイナでは2011年より中国進出を行い、総合PR会社として中国全土で「モノを広める」ためのPR戦略の企画立案から実施まで、総合的なサービスの開発提供を行なっております。WEBサービスの急速な発展に伴い、2014年1月までに、中国のインターネットユーザー規模は6億人にまで成長し、ユーザーの興味・関心も多様化し続けています。

このような背景を受け、ベクトルチャイナでは、ユーザーの趣味・嗜好データを元に効率良く情報を広めることができる新サービス「ネイティブニュース」の提供を開始しました。当サービスは、ニュースコンテンツの企画・開発をはじめ、先日、百度とも提携を行い、中国国内でも最大規模のネットワークを誇るマイクロアドチャイナ社が提供する「MicroAd BLADE」の広告配信技術などを活用し、大手ポータルサイトをはじめ、モバイルサイト、ニュースアプリへの情報配信、ターゲットとなる生活者のライフスタイルに合せたニュース配信までを、ワンストップで実施することが可能になります。

今後もベクトルグループでは、 “中国でモノを広めるための、最適な戦略パートナー”として、中国進出企業及び中国マーケットを狙う国内企業をサポートしていきます。

【サービス概要】
サービス名     「Native News Wire (ネイティブニュースワイヤー)」
サービス開始時期   2015年1月15日より
サービス内容     ターゲットの趣味・嗜好に合わせたニュースコンテンツの一括情報配信
サービス詳細内容   ニュースコンテンツの企画・開発
           ニュースリリース配信サービス
           動画コンテンツの企画・制作
           中国大手ポータル・BUZZサイトへの記事掲載
           動画紹介サイトへの動画ニュース掲載
           ニュースアプリへの記事・動画掲載
           ターゲティング広告によるニュース記事への誘導
           ニュースレコメンド機能によるニュース記事への誘導

【微告(上海)广告有限公司 会社概要】
会社名       : 微告(上海)广告有限公司 (英語名 MicroAd China, Inc.)
住所        : 上海市长宁区中山西路1065号 SOHO中山广场 B座1304室
設立        : 2011年1月11日
総経理       : 森 勇気
資本金       : 500万RMB(2013年9月現在)
事業内容      : アドプラットフォーム事業、広告配信事業、
           広告代理事業を中心としたデジタルマーケティング全般
URL       : http://www.microad-cn.com/

【維酷公共関係諮問(上海)有限公司 会社概要】
会社名      : 維酷公共関係諮問(上海)有限公司
住所       : 上海市延安西路728号華敏翰尊国際大厦18階
設立       : 2011年1月11日
執行董事     : 長谷川 創
資本金      : 1,500,000USD(2014年3月現在)
URL        : http://vector-china.jp/

【株式会社ベクトル会社概要】
会社名      : 株式会社ベクトル
住所       : 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
設立       : 1993 年3 月30 日
代表者      : 代表取締役 西江 肇司
資本金      : 1,601百万円(2014年11月末現在)
事業内容     : マーケティング分野における戦略的PR
URL        : http://www.vectorinc.co.jp/
 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ベクトル
  4. >
  5. ベクトルチャイナ、マイクロアドチャイナと共同で アドテクノロジーを活用したPRサービス 「Native News Wire」を提供開始