『金田一少年の事件簿』の iPhone、iPad向け電子コミックアプリ配信開始!

main image
株式会社講談社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:野間省伸)は、 2012年3月7日より、週刊少年マガジンの人気作『金田一少年の事件簿』(原作:天樹征丸・金成陽三郎 漫画:さとうふみや)の、iPhone、iPad向け電子コミックアプリ(無料)を配信開始いたしました。

このアプリにより、クレジット情報登録などの煩雑な操作をすることなく、シンプルなiTunesアカウントによる決済で、いつでも手軽に人気コミックを購入・閲覧できるようになります。

配信タイトルは、長編31冊に加え、今回初の電子化となる短篇集4冊、サブキャラクターの明智健悟が活躍する特別編2冊を加えた計37冊(作品は随時追加予定)。iPhone、iPadに最適化された美麗データで作品を堪能できます。またコミックだけでなく、小説版も配信。コミックとはまた違った、金田一少年をお楽しみいただけます。

全巻、購入前に冒頭一話分(小説は冒頭2章分)を試し読み可能。合計1,000ページ以上が無料で試し読みできます。

さらにアプリならではの追加要素として、作品のカラーイラストによる壁紙を収録。アプリから公式Twitterアカウント(@kindaichi20)の最新つぶやきも見ることができます。

今年は『金田一少年の事件簿』20周年。すでに発表されている株式会社ニワンゴが運営する静止画コミュニティサイト「ニコニコ静画(電子書籍)」とのコラボ企画(http://info.nicovideo.jp/seiga/kindaichi_20th/ )など、アプリだけにとどまらず、『金田一少年の事件簿』は、電子書籍時代に対応した新たな試みを積極的に行っていきます。


★作品情報★
『金田一少年の事件簿』  原作:天樹征丸・金成陽三郎 漫画:さとうふみや
1992年より「週刊少年マガジン」にて連載開始された、同誌を代表する大人気作品。オリジナルの本格ミステリコミック、というジャンルを漫画界に打ち立て、大ヒット。コミックスの累計発行部数は9,000万部を超える。また何度もアニメ化、ドラマ化、映画化もされた。2012年で20周年を迎え、3月7日発売の「週刊少年マガジン」14号からは、最新エピソード「人喰い研究所(ラボ)殺人事件」の連載が始まった。
金田一少年の事件簿 20周年 公式サイト http://www.kindaichi20.com/
Twitter 金田一少年の事件簿20周年公式アカウント @kindaichi20


◆アプリ概要◆
「金田一少年の事件簿 公式アプリ」
価格: 無料
対応デバイス: iOS4.3以降がインストールされたデバイス
配信タイトル: 『金田一少年の事件簿』File 1~31
『金田一少年の事件簿』短篇集1~4
『金田一少年の事件簿 特別編 明智少年の華麗なる事件簿』
『金田一少年の事件簿 特別編 明智警視の優雅なる事件簿』
『小説 金田一少年の事件簿 オペラ座館・新たなる殺人』(各税込500円)
URL: http://itunes.apple.com/jp/app/id501940927


©天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや/講談社
「株式会社ニワンゴ」「ニコニコ静画(電子書籍)」は、株式会社ニワンゴの登録商標です。


※尚本アプリには株式会社ACCESSの電子出版プラットフォームが採用されています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社講談社
  4. >
  5. 『金田一少年の事件簿』の iPhone、iPad向け電子コミックアプリ配信開始!