重心調節機能が自信を生む。1mが90%以上※の確率、さらにUP。「TRIPRINCIPLE(トライプリンシプル)パター TP-S500」2016年3月上旬発売

"1mのパットが90%以上※の確率で入る"ことでアマチュア・ツアープロ問わず多くのゴルファーから反響がありましたTRIPRINCIPLEパターに、新形状の採用と重心調節機能を持たせた福岡大学・清永明名誉教授発案のニューモデル「TRIPRINCIPLE(トライプリンシプル)パター TP-S500」を、2016年3月上旬に発売いたします。

※理論値であり、現実のゴルフ場でプレーする際の
カップイン率を保証するものではありません。

 

【商品の特徴】
○ヘッドクラウン部に目標線に対するガイドラインを配置。このガイドライン内でスト ロークすれば理論上1m以内はカップインする目安となります。

○ヘッドのトウ側とヒール側に重量の異なる4つのウェイトを配置。「左に引っ掛ける」「右 に押し出す」等のミスを重心調節でストロークを安定させ直進性がUPします。

○ヘッド形状は白銀比を採用(従来のTRIPRINCIPLEパターは黄金比のヘッド形状)するこ とで深い重心となり、スウィートエリアが広がりミスヒットを軽減します。白銀比は 用紙サイズなどに採用され、安心感・安定感のある比率とされています。


【テクノロジー】
◆ストロークを安定化させる重心調節機能を搭載。

トウとヒールに4つのウエイトビスを装着し、重心コントロールを可能とした新構造。重心深さ、重心距離、ヘッド重量の増減を調整可能とすることで、さらに安定したストロークが可能となります。






◆白銀比形状のヘッド(1: √2)で直進性がさらにアップ。

安心感・安定感を感じる白銀比(1:√2=A4用紙と同じ比率)のヘッド形状を採用。従来よりも深い重心設計とすることで、スウィートエリアが広がり、ミスヒットを軽減。さらに直進性を高めます。




◆物理の法則と人間工学から導き出された設計・形状。

①ストロークの目安となるガイドライン〈特許出願中〉

②2倍のスウィートスポット
③フラットなライ角68°の新設計。


◆ガイドライン内でストロークすれば間違いなくカップインする物理の法則。

カップまで1mの距離でスクエアにインパクトすることを前提とした場合、下記のように0°(スクエア)~5.61°(カップ左淵にボール1個分を加えた赤ライン上)の範囲内であれば、理論上ボールは緑ライン内を転がりカップインします。



◆ミート率がUP。ヘッド軌道が安定するグラファイトシャフト装着。

スチールシャフトよりも30%重く・硬くしたグラファイトシャフトを採用。ストロークとヘッド軌道の安定によってロングパット時でもミート率がUPします。



商品名:TRIPRINCIPLEパター TP-S500
ヘッド素材:アルミ合金
価格:オープン価格
発売 日:2016年3月上旬
本体:日本製

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヨネックス株式会社
  4. >
  5. 重心調節機能が自信を生む。1mが90%以上※の確率、さらにUP。「TRIPRINCIPLE(トライプリンシプル)パター TP-S500」2016年3月上旬発売