TIS、セブン銀行の子会社バンク・ビジネスファクトリーの業務専用端末の仮想デスクトップ化を支援

~ 銀行向けBPO業務のビジネスモデルを支える 効率的かつ安全なプラットフォームを構築 ~

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、セブン銀行の100%子会社である株式会社バンク・ビジネスファクトリー(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中嶋 良明、以下バンク・ビジネスファクトリー)の銀行向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)業務を支える業務専用端末の仮想デスクトップ(VDI)化を支援したことを発表します。
 セブン銀行の事務センターを前身として2014年7月に設立されたバンク・ビジネスファクトリーは、その出自によるノウハウと信頼性を活かして、銀行の業務合理化・効率化のためのBPOサービスを提供しています。
 同社では、銀行向けのBPOサービスで活用するために、高度なセキュリティと時期により変動する作業量に対応できるデスクトップ仮想化の技術を利用した業務専用端末のプラットフォームを2015年6月に構築しました。同プラットフォームは、国内に約70台とオフショア拠点の大連に約30台のシンクライアント端末が設置され、首都圏のデータセンターのサーバとネットワーク経由で接続されています。

<バンク・ビジネスファクトリーの銀行向けBPO業務システムのイメージ>
 

 

 TISは、デスクトップ仮想化の長年の経験・実績と高度なセキュリティ要件に対応できる技術力を活かして、バンク・ビジネスファクトリーの銀行向けBPO業務のプラットフォームの構築を支援しました。

■システム構築の背景とTISの選択理由
 バンク・ビジネスファクトリーでは会社設立に際して、企業の給料支払いに関する振込依頼書のエントリー作業などの銀行向けBPOサービスを提供することを検討していました。しかし、この実現のためには、委託元の各銀行に合わせた高度なセキュリティを保ちながら、変動する作業量に対応できる作業環境が不可欠でした。
そこで同社では作業の都度、サーバ上から銀行別の仮想デスクトップを呼び出して作業が行え、端末側にデータが残らないといったセキュリティ面と、変動する作業量にも適切な人員配置で対応できる点が自社の目指すBPOサービスのビジネスモデルに最適と判断し、デスクトップ仮想化を利用した事務受託事業のプラットフォーム構築を決定しました。

 バンク・ビジネスファクトリーは、複数のパートナー候補の中から、以下の点を評価して、プラットフォーム構築を支援するSIベンダーにTISを選定しました。
・2000年代初頭からデスクトップ仮想化の導入に携わっている豊富な経験値
・端末などハードウェアを含めた知識と技術力

■新システムの効果
 バンク・ビジネスファクトリーのデスクトップ仮想化を利用した事務受託事業のプラットフォームシステムは、オペレータのトレーニングやテスト運用を経て、2015年6月にカットオーバーを迎え、2015年7月には同プラットフォームを利用したファーストユーザーである地方銀行からの受託業務がスタートしています。

 同プラットフォームを利用したBPOサービスでは、当初の計画どおり、変動する受託作業量に対して、適切な数の仮想デスクトップおよびオペレータを割り当て、効率的な業務を実現しています。また、国内・中国の拠点には仮想デスクトップの画面転送を行うだけで、顧客情報などのデータは一切送信しない作業環境のセキュリティも、ユーザーから高い評価を受けています。

 バンク・ビジネスファクトリーには、ファーストユーザーの評価を受けて、同様の課題意識を持った多くの銀行から、BPOサービスに対する引き合いが増えています。
 同社では、今後も仮想デスクトップによる銀行事務受託事業というビジネスモデルをベースにしたBPOサービスを国内の銀行向けに展開をしていく予定です。

株式会社バンク・ビジネスファクトリー 代表取締役社長 中嶋 良明氏は、今回の銀行向け事務受託事業プラットフォームの構築に関して以下のように述べています。
「仮想デスクトップによる銀行事務受託事業というビジネスモデルは、金融業界の新しい挑戦でした。そのため要件がなかなか定まらず、TISには無理なお願いをしましたが、真摯に受け止めていただき感謝いたします。全国の銀行の収益拡大に貢献するという目標を考えれば、今回のプラットフォームの実現は小さな一歩ですが、その意義は非常に大きいと感じています。TISには今後ともITパートナーとして、力強い支援を期待しています」


本件の詳細は以下サイトもご参照ください。
http://www.tis.jp/casestudy/detail/casestudy_84.html
TISのデスクトップ仮想化サービスの詳細は以下をご参照ください。
http://www.tis.jp/service_solution/vdi/

■株式会社バンク・ビジネスファクトリーについて
バンク・ビジネスファクトリーは、2014年7月に設立された金融機関等からの事務受託事業を行うセブン銀行の100%子会社です。セブン銀行の事務センターを前身としており、銀行事務運営のノウハウを活かした安全かつ品質の高いオペレーションサービスを提供する会社として、他金融機関からの事務受託事業も展開しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.sevenbank.co.jp/bbf/


TIS株式会社について
ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/

ITホールディングスグループについて
ITホールディングスグループは、約2万人、50社から成るIT企業グループです。グループ各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. TISインテックグループ
  4. >
  5. TIS、セブン銀行の子会社バンク・ビジネスファクトリーの業務専用端末の仮想デスクトップ化を支援