ミラクル・リナックス株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

SBT
当社は、平成26年7月8日に開催した取締役会において、ミラクル・リナックス株式会社(代表取締役社長:児玉 崇、本社:東京都港区、以下「ミラクル・リナックス社」)の株式を取得し、子会社化することを決議いたしましたので、お知らせいたします。
1.株式の取得の理由

ミラクル・リナックス社は、社名の由来ともなった国産LinuxOS「MIRACLE LINUX」の開発ベンダーとして平成12年に創業して以来、一貫してオープンソースソフトウェアに軸足を置いた事業を展開してきました。同社は現在に至るまでに、Zabbixをベースとしたシステムの統合監視ソリューション「MIRACLE ZBX」、コンテンツ表示に特化したデジタルサイネージソリューション「MIRACLE VISUAL STATION」、及び各種デバイスに対応した組込みLinuxソリューションなど、コアテクノロジーを活用したサービスラインナップを着実に拡充し、日本有数のオープンソースソフトウェアベンダーとしての地位を築いております。
一方、当社はこれまで、JavaやPerl、Rubyといったプログラム開発言語の活用やLinuxOSから派生したAndroidOSに関連するアプリケーションの開発、さらには、統計解析向けのR言語やデータ分散処理のHadoopを活用した自社サービスの開発など、オープンソースソフトウェアを活用したITソリューションを積極的に推進してまいりました。

ミラクル・リナックス社の強みであるオープンソースソフトウェアに関する高い技術力は、当社はもちろん、当社グループ企業各社の事業との親和性が期待され、特に、今後需要拡大が見込まれるIoT(※)といった分野においては、当社の子会社であるサイバートラスト社が有する認証ソリューションとの組み合わせによって先進的で付加価値の高いサービスが提供できると考えております。

以上のように、今後はミラクル・リナックス社と当社グループ各社が有するオープンソースソフトウェアの知見、技術及びノウハウを融合させ、経営資源の共有、活用を積極的に推進することで、当社グループ全体の企業価値向上が図れるものと判断いたしましたので、株式取得(子会社化)を決議いたしました。

※Internet of Things: あらゆるものがインターネットに接続され、相互に情報交換、制御できる 仕組みや概念をさす。


▼本件について詳しくは以下のWebサイトをご参照ください。
http://www.softbanktech.co.jp/corp/news/press/2014/057/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. SBT
  4. >
  5. ミラクル・リナックス株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ