コンビニ食・ファストフードを食卓に出す主婦は31.3%!家庭の食卓事情に関するアンケート調査実施    

購入するものの第1位は「弁当」、次いで「からあげ」「おにぎり」「サラダ」etc.

 雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、
全国に住む20~60代の主婦200人を対象に、「家庭の食卓事情」に関するアンケート調査(調査会社:マクロミル、調査期間:2014 年11月26日~2014 年11 月27 日)を実施しました。
main image
 アンケート結果より、6割近くの人が料理を作るのが得意と思っていないと回答。そのなかで料理を苦手と感じている人の理由として、「献立を考えるのが苦痛」と「料理をするのが面倒」がともに64.8%、「義務(仕事)と感じてしまうから」が42.6%ということが挙げられました。また、冷凍食品を食卓に出す人は53.9%、コンビニ・ファストフード店で購入したものを食卓に出す人は31.1%で、コンビニ食・ファストフード店で購入する理由として最も多かった回答は「便利だから」、次いで「仕事・家事などで疲れたから」「時短」「料理をするのが面倒」「おいしい」でした。購入するものの第1位は「弁当」、次いで「からあげ」「おにぎり」「サラダ」という結果になりました。なお、料理を作る際に重要と考えていることで、最も多かった回答は「栄養バランス」、次いで「家にある食材と調味料でできる」「味付け」「食費をおさえる」でした。

 「syunkonカフェごはん」シリーズは、「『何それ!?』ていう材料や『ないっちゅーねん』ていう食材は使いません」というコピー通り、難しい調味料を使わず、身近な安い食材を使った誰にでも作れる簡単時短レシピで、2011年4月の発売以来、シリーズ累計300万部を突破しています。“ワンプレートでできる”“家にある食材と調味料でできる”“レンジでチンする、煮るだけ”“くすっと笑えて読み物としても楽しめる”など、料理の面倒や苦痛を解決してくれるレシピ本として、主婦や料理が苦手な方に支持され、ご好評いただいています。
 著者・山本さんへの取材も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。よろしくお願い申し上げます。

【アンケート調査概要・「家庭の食卓事情に関するアンケート」 】
◆調査方法: インターネットリサーチ    ◆調査期間: 2014年11月26日~2014年11月27日
◆調査機関: 株式会社マクロミル     ◆人数:20代から60代の主婦200人

【著者プロフィール】
山本 ゆり(やまもと・ゆり)
1986年、大阪生まれ&在住。結婚前は広告代理店の営業。現在は主婦で、2011年6月に1児の母に。身近な材料で簡単にできる 料理と、ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」も大好評。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 宝島社
  4. >
  5. コンビニ食・ファストフードを食卓に出す主婦は31.3%!家庭の食卓事情に関するアンケート調査実施