話題のTVアニメーション「悪魔バスター★スター・バタフライ」がディズニー・チャンネルで日本初放送

1月15日(金)スタート 毎週金曜18:30~19:00

全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中のディズニー・チャンネルは、オリジナルアニメーションシリーズの最新作「悪魔バスター★スター・バタフライ」を1月15日(金)18:30から放送開始します。
 

©Disney


放送前から既に“スタバちゃん”の愛称で話題沸騰。おてんば転校生は、異次元の世界のプリンセス!
「悪魔バスター★スター・バタフライ」は、広大な宇宙空間の様々な次元を舞台に、異次元の魔法の国ミューニのプリンセスでおてんばな女の子スター・バタフライが、“訓練”のためにやってきた地球で大冒険を繰り広げる様子をコメディタッチに描くテレビアニメーションです。全米では2015年3月の放送開始前からファンの間で大きな反響を集め、初回放送を待たずに早くもシーズン2の制作が発表されたことでも話題を集めました。

そのかわいさは、日本でも既に話題沸騰!放送前からファンの間では、“スタバちゃん”という愛称がつき、SNS上でファンアート(ファンが番組に登場するキャラクターなどをもとに描いた作品)を公開するファンが現れるなど、放送開始前から大きな盛り上がりを見せています。


■あらすじ
魔法の国、ミューニで暮らすプリンセス、スター・バタフライ。彼女は今日14歳の誕生日を迎えます。それは先祖代々伝わる魔法のステッキを受け継ぐ日でもありました。しかしおてんばな彼女は不思議な力を持つステッキを上手に使いこなせず、両親である王と妃はスターには訓練が必要だと判断し、安全な場所「地球」に送ることに決めます。地球では交換留学生として学校に通うことになったスター。世話係として「最も安全な生徒」マルコ・ディアスが指名されます。やって来た地球で見つけた新しい友だちや新鮮な学校生活、さらには異次元から来たモンスターとの戦いなど、ワクワクするような毎日がスターを待っているのでした。
 

©Disney


スターが話す異次元の世界の言葉にも注目!
放送前から大きな話題となっているもう1つの理由は、主人公スターをはじめ魔法の国ミューニの人々が話す“KANSAI弁”。異次元のスターたちと、地球のマルコたちの“違い”をより楽しく分かりやすく言葉でも表現しています。

声優陣も注目です。スター役には大阪育ちの声優・植田佳奈さんを起用。また、さらにスターの地球での親友マルコ・ディアス役を興津和幸さん、悪の軍団を引き連れて、スターの魔法のステッキを狙うルード役を龍田直樹さんが務めます。

 日本でも放送前から話題沸騰のディズニー・チャンネルのオリジナルアニメーションシリーズ最新作「悪魔バスター★スター・バタフライ」で、新星(スター)の誕生をお見逃しなく!



「悪魔バスター★スター・バタフライ」
ディズニー・チャンネルにて 1月15日(金)スタート 
毎週金曜18:30~19:00 他 日本初放送
※初回は3話連続の拡大放送(18:30~19:55他)


ディズニー・チャンネルの最新情報は、公式サイトDisneyChannel.jp、
公式Twitter @disneychanneljpへ!
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  4. >
  5. 話題のTVアニメーション「悪魔バスター★スター・バタフライ」がディズニー・チャンネルで日本初放送