【FRONTIER】 Windows OSとMicrosoft Officeを標準搭載したタブレットPC「FRT810」 販売開始

ビジネスシーンに最適なタブレットPC

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2015年7月24日(金)より、Windows OSとMicrosoft Officeを標準搭載したタブレットPC「FRT810」の販売を開始しました。

■製品の概要
このたび発表する新製品は、Windows OS「Windows 8.1」とMicrosoft Office「Home and Business 2013」を標準搭載したタブレットPC「FRT810」です。WordやExcel、PowerPointなどをタブレットPCのタッチパネルを使って快適に操作できますので、ビジネスシーンに最適です。
さらに、フルHDを超える解像度(1920×1200ドット)の 8.9型IPSタッチパネル液晶を採用し、見る角度を変えてもきれいな映像を楽しめます。
この商品は、FRONTIERダイレクトストアに加えて、全国のヤマダ電機主要店舗でも販売を開始しています。

 


■製品の特長

< Windows 8.1 とMicrosoft Office を標準搭載>
OSには Windows 8.1 with Bing を標準搭載しています。自宅やオフィスで使い慣れた Windows 8 アプリケーションがそのまま楽しめます。また、Windows 8.1 with Bing は、セキュリティやネットワーク機能が強化されています。
さらに、Microsoft Office Home and Business 2013も兼ね備えており、WordやExcel、PowerPointなどをタッチパネルを使って快適に操作することができますので、ビジネス用途にも便利に利用できます。

<8.9型IPS液晶タッチパネル採用>
8.9型IPS液晶タッチパネルを搭載し、スムーズなタッチ操作で Windows 8.1 の特徴である直感的な操作で可能です。
また、フルHDを超える高解像度(1920×1200)の液晶画面で、写真や動画を精密に表現します。さらに広視野の液晶で斜めから見ても映像を楽しめます。

<インテル Atom プロセッサー Z3735F>
タブレット端末に適した1.33GHz駆動のクアッドコアプロセッサーを搭載しています。内蔵CPUを大幅に強化し、写真や動画もサクサク、低消費電力も実現しています。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(http://www.frontier-direct.jp/)や全国のヤマダ電機主要店舗にて、2015年7月24日(金)より販売を開始しています。

▼タブレットPCはこちらから
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1507240201


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容: 自社製パーソナル・コンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品: 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. インバースネット株式会社
  4. >
  5. 【FRONTIER】 Windows OSとMicrosoft Officeを標準搭載したタブレットPC「FRT810」 販売開始