企業の環境サイトを評価する「Eco Site Survey 2016」で1位を獲得

キヤノンの環境サイトが、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所が実施する「Eco Site Survey 2016」で1位を獲得しました。2010年から実施されている同調査でキヤノンは初めて1位を獲得しました。

 

 「Eco Site Survey」は、企業の環境サイトの整備状況を評価する調査です。基本情報、サポート、ブランディングの3つの情報カテゴリーについて情報量や掲載方法などが評価され、ランキングされます。2016年は222社の環境サイトを対象に調査されました。

■ キヤノンの環境サイトの取り組み内容と受賞理由
 キヤノンの環境サイトは、製品・サービスから社会貢献活動まで多岐にわたる環境への取り組みを、写真やイラストを交えて分かりやすく紹介することで、環境活動の全容を身近に理解することができる点が評価されました。
特集コンテンツ「Canon Bird Branch Project」は、鳥をテーマとした事業所における活動を美しい写真とともに紹介しているほか、野鳥の写真の撮り方やカメラ・レンズの選び方なども掲載しており、楽しみながら環境活動に触れることができるコンテンツとして、高い評価を受けました。

キヤノンは今後も、環境サイトを充実させて環境に関するさまざまな活動をよりわかりやすく発信していきます。

● Canon Bird Branch Project   :http://canon.jp/ecology/bird-branch/index.html
● キヤノン環境の取り組み      :http://canon.jp/ecology/index.html
● トライベック・ブランド戦略研究所 Eco Site Survey2016結果発表(2016年3月17日):
                 http://brand.tribeck.jp/news_event/news/2016/0317.html
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノンMJ
  4. >
  5. 企業の環境サイトを評価する「Eco Site Survey 2016」で1位を獲得