プロゴルファー丸山茂樹、東京オリンピックで金メダルを狙う!

2020年には50歳。22年間、現役を貫いたからこそ見えた男の夢。

 

昨年は、怪我とドライバーのイップスで苦しみ、不本意な日々を強いられてきた丸山茂樹。現役への情熱は残しながらも、その逆境こそが男子プロゴルフ復権への想いを研ぎ澄ましてくれた。より多くの人に応援してもらい、より優れた環境に進化させていくためには、意識を変えて、創意工夫を持って努力していくしか道はないという。

僕みたいに、かつてはいろいろ生意気なことをやって、叩かれたり失敗したりしてきたからこそ、いろんなことが言えると思うんです。そんな態度でいては一文の得にもならないよって。日本の企業はどんどんグローバル化しているから、その広告費は海外にシフトされるのは当たり前のこと」

自身が9年間に渡って米PGAツアーで戦い、ビジネスとして大成功してきたPGAツアーのマネジメントの現場を実際に目の当たりにしていたことが大きい。
                            毎年何百億円という売上を保っているというのだ。

「今や、アジア各国から日本ツアーに参戦する選手は多い。だったら、なぜ日本ツアーの上層部は、まずその国々に放映権を売ろうと考えないのか。生まれ変われるものなら、僕が東大に入って経営を学び、そのへんを改革したいくらいですよ(笑)

50歳を迎える5年後は、ちょうど東京オリンピック開催年となる。

団体戦があるなら、ぜひゴルフ日本代表チームの監督をやりたいんです。僕はジュニア時代から世界ジュニアや世界アマなど数多くの海外試合を経験してきたし、盛り上げるのは大の得意。風通しのいいチームがつくれると思う。もし、金メダルを獲ったらすごいゴルフブームが起こるはず

日本ゴルフの未来へ力を注ぐ、その活動の数々は雑誌「ゲーテ」で明らかになる。
 
■■■■■
今号の大特集は、ゴルフ特集「やっぱりアスリートマインドゴルフが愉しい!」

2011年に本誌で中田英寿さんがゴルフデビューを果たしてから、早4年。沖縄・宮古島で再始動したゴルフ合宿に密着! 中田さんの合宿1日目と4日目のフォームには大きな違いが!?

また日米名門ゴルフクラブに潜入取材。数多のハリウッドスターがメンバーである「リビエラカントリークラブ」、一流のトーナメントコースと賞賛される「霞ヶ関カンツリー倶楽部」での秘められたゴルフライフを公開する。

さらに、もてなし上手と名高いアマダナの熊本浩志さんお薦めの「最高のコースと肉のおもてなし」と題して、ゴルフコース、宿、レストランをご紹介。さらに、2015年のゴルフファッション事情、最先端ギアの選び方、コースの上での作法など、本気ゴルフライフを支える盛りだくさんの内容に。詳細は本誌で!
 

 

<商品情報>「仕事が楽しければ人生も愉しい」をテーマに
一流の仕事人を応援する男性ライフスタイル誌

誌名:GOETHE(月刊ゲーテ)6月号
発売日:4月24日(金)発売
価格:定価800円
発行:株式会社幻冬舎
定期購読、購入はこちらから
Fujisan http://www.fujisan.co.jp/product/1264731/
公式サイト「ウェブゲーテ」:http://goethe.nikkei.co.jp/

<お問い合わせ先>
株式会社幻冬舎 雑誌・広告本部広告局広告部
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7 03(5411)6445
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 幻冬舎
  4. >
  5. プロゴルファー丸山茂樹、東京オリンピックで金メダルを狙う!