イギリスのアーティストとサッカーグアム代表のコーチが、FIFA W杯予選を控えたグアム男子代表のテーマソングを作曲

 グアム政府は、2015年6月11日(木)、6月16日(火)の2日間、グアムにてFIFAワールドカップ予選を初めて開催するにあたり、グアム男子代表・ゴールキーパーのコーチ、エイドリアン・クリーマ-とエルビス・コステロの弟との共同でグアムとマタオチームのテーマソングを作曲いたしました。

 ブランド・ニュー・ゼロズ(Brand New Zeros)の表看板である、ロナン・マクマナスは前記エルビス・コステロの弟にあたります。クリーマ-は、オリジナルテーマソングを作曲し、それを基にファンがチームを応援することがチームの士気を高め、来たるトルクメニスタン戦とインド戦に与えうる良い影響について、ヘッドコーチであるゲーリー・ホワイトを説得し、本テーマソングの作曲に至ったという経緯があります。

 同テーマソングは、マクマナスとクリーマーはグアムのイニフレシ(※注) の要素を取り入れ、作曲いたしました。それぞれの試合の前に、マタオがイニフレシを歌った後、それをマクマナスが所属バンドに持ち帰り、数日後のレコーディングに至りました。テーマソング「Biba Guahan(ビバ グアム)」は、グアムサッカー協会のサイトwww.guamfa.comから無料でダウンロード可能で、寄付も受け付けています。ブランド・ニュー・ゼロズは同テーマソングをグアムへ寄贈しています。「Biba Guahan」をダウンロードした方には、同バンドの新アルバムを再生できるリンクの提供もなされます。

(※注) イニフレシ( inifresi)とは:
神から授けられたチャモロ(グアムに古くから伝わる文化)とその信仰や言語、土地を守ることを聖書とグアムの旗に向けて誓う、宣誓の言葉

-----------------------------------
2018FIFA W杯予選のスケジュール
-----------------------------------
<開催スケジュール>  
・2015年6月11日(木)16:15キックオフ
グアム 対 トルクメニスタン

・2015年6月16日(火)16:15キックオフ
グアム 対 インド

会場:グアムサッカー協会ナショナルトレーニングセンター

グアムサッカー協会は、上記各試合をアジア圏内にて放送予定、また、試合観戦では入場料が必要です。W杯予選は、2019 AFCアジアカップの予選も兼ねています。

-----------------------------
グアムサッカー協会について
-----------------------------
 1975年に設立された同協会は、グアム内のサッカー公式理事会であり、FIFA、AFCとEAFFに加盟しています。12名ほどのサッカーファンのスタッフが、フットサルとビーチサッカーをはじめとし、大人から若者のリーグを年間で管理しています。また、同協会は、200人以上の審判員の育成・教育を行い、数百名のコーチへの教育活動も行っています。

 同協会は、U14ユースチームからサッカー男子、女子代表を管轄し、国内チームは世界中及びグアム内で行われている年間トーナメントへの参戦を行っています。グアムの国内チームはたくさんのプロレベル、セミプロレベル、大学レベルの選手を有しています。

 同協会は13人の投票メンバーを含む執行委員会で構成されており、現在の会長はリチャード・ライが務めています。

同協会に関する情報は、下記オフィシャルサイトをご参照下さい。
http://www.GuamFA.com/

------------------------------
“マタオ”:グアム代表について
------------------------------
“マタオ”のニックネームで親しまれているグアム代表は、FIFA、AFC、EAFFトーナメントへの定期的な出場に加え、世界中の親善試合にも出場しています。ジェイソン・カンリフが率いる同チームは、L.A.ギャラクシーでプレーするA.J.デラガルザをはじめとし、その多くがアメリカ本土でプロとして活躍しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. グアム政府観光局
  4. >
  5. イギリスのアーティストとサッカーグアム代表のコーチが、FIFA W杯予選を控えたグアム男子代表のテーマソングを作曲