フリースケール、産業/車載アプリケーション向けに 高信頼性の高速CANトランシーバを発表

無信号時電流が極めて低く、 外付けノイズ・フィルタ機能なしに厳しい電磁環境適合性(EMC)要件に対応する新デバイス

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、ますます厳しくなる産業/車載向け安全基準への対応を支援するべく、高速性能と高信頼性を兼ね備えた堅牢なCANトランシーバ・ファミリを発表しました。

さまざまなネットワーク対応電子システム/デバイスが近接する過酷な産業/車載環境において、電磁両立性(EMC)と静電放電(ESD)保護が極めて重要な要件となっています。フリースケールの新しいチョークレスCAN高速物理層トランシーバ「MC33901」および「MC34901」は、比類のないEMC性能と優れたESD耐性を備えており、外部コンポーネントを必要としないため、全体的なシステム・コストを削減できます。また、フェールセーフ機能によってシステムレベルの機能安全がサポートされ、無信号時電流も最小8uAという極めて低い値に抑えられています。

フリースケールの上席副社長 兼 アナログ&センサ部門担当ジェネラル・マネージャであるジェイムズ・ベイツは、次のように述べています。「成長著しい産業市場に対応するべく、フリースケールは先月、アナログ・ポートフォリオを拡充する大規模なイニシアチブを発表しました。そして今回の世界クラスのCANデバイス・ファミリの投入は、この戦略的産業アナログ・イニシアチブに対するフリースケールの意欲的な姿勢と迅速さを示しています。最新の高速CANデバイスは、車載分野においてフリースケールが培ってきた安全性、効率性、堅牢性に関する知識と経験を、急成長する産業分野に積極的に活用した絶好の例となります。」

MC33901/MC34901は、デジタル・プロトコル情報を、車載ネットワークを介したアナログCAN通信や、産業アプリケーション向けの長距離CANノード相互接続用に変換します。どちらのデバイスも幅広いアプリケーションに対応しており、セーフティ・クリティカルなモータ制御やファクトリ・オートメーション、ロボティクスといった産業システム、ならびにボディ・エレクトロニクスやパワートレイン、インフォテイメントといった車載システムに最適です。両デバイスとも、CAN FD(フレキシブル・データ)アプリケーション要件に対応する為、2Mbpsのボーレートにおいて優れた性能を発揮します。

製品の仕様と特長
・堅牢性:厳しいEMC/ESD要件を上回る性能を追加チョークなしで実現(±6kVESD、>36dBm DPI)
・低消費電力モード:8uA min(無信号時電流)
・産業用途対応:産業アプリケーション向けに長距離CANノード相互接続をサポート
・EMC向け設計:低放射設計と優れた耐性の組み合わせにより、最適なEMC性能を実現
・業界標準規格とのピン互換性
・5Vと3.3VのI/O互換性(自動検知機能搭載)
・分野別製品オプション:
- 車載:「Txドミナント・タイムアウト」機能を搭載(MC33901)
- 産業:長距離/低ボーレート・ネットワーク・サポート機能を搭載(MC34901)

開発サポートと供給

MC33901とMC34901は、2014年第2四半期に出荷を開始する予定です。市場投入を迅速化し、さまざまな内蔵機能のメリットを実証するため、フリースケールは、産業市場/車載市場向けに特化した機能セットや小型の評価ボードを提供し、さらに、外部ラボによるOEM認証レポートを提供する事により設計の選択を促進します。詳細については、http://www.freescale.com/MC34901のWebサイトをご覧ください。

優れた堅牢性と信頼性を備えたアナログ性能
フリースケールのアナログ製品の大多数は、拡張温度範囲での動作など、産業市場の極めて重要な要件を満たします。各製品は、厳格なプロセス制御によって設計と製造が行われ、車載市場の厳格な信頼性基準を満たすよう、業界標準の手法を用いて適格性が診断されます。また、MC33901/MC34901を含め、大半のフリースケールの産業用アナログ製品は、フリースケールの長期製品供給プログラム(Product Longevity Program)の対象となっており、製品リリースから最低10年間または15年間の供給体制が保証されます。諸条件の詳細、ならびに対象製品のリストについては、www.freescale.com/productlongevityのWebサイトをご覧ください。

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、http://www.freescale.com/jaをご覧ください。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。

©2013 Freescale Semiconductor, Inc.

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. フリースケール、産業/車載アプリケーション向けに 高信頼性の高速CANトランシーバを発表